日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じゃあどうすればいいのか?

朝日新聞の記事から

余った新型ワクチン、職員の親族に接種 鳥取の病院

鳥取県南部町の町国民健康保険西伯(さいはく)病院(田村矩章=のりあき=院長)の医師が、医療従事者用に配られた新型インフルエンザワクチンの余りを、同病院職員の親族の2歳と11歳の女児に接種していたことが、11日わかった。県では2歳児は12月上旬、11歳児は来年1月中旬から接種を始める予定だった。病院側は「ワクチンを無駄にしたくなかったためだが、身内に接種したことは反省している」と話している。

 同病院によると、接種が始まった10月21日、10ミリリットル用の瓶に入ったワクチンを大人1人の基準量0.5ミリリットルずつ20人分に分けたところ、余裕分の0.2ミリリットルが残った。感染症対策を担当する30代の男性医師は「余りを活用できないか」と看護部長に相談。0.2ミリリットルは1歳以上6歳未満の接種1回分の基準量だったため、当てはまる子がいる病院職員に呼びかけたが希望者が見つからず、看護部長の2歳の孫に接種した。

 また10月30日にも10ミリリットルを取り分けたところ、6歳以上13歳未満の基準量に当たる0.3ミリリットルが余ったため、薬剤部職員の11歳の女児に接種した。

 厚生労働省によると、医療機関には「ワクチンの有効利用に努めるように」との要請を出しているものの、余ったワクチンの使い道の指針などは示していないという。

 病院の陶山清孝事務部長は「安易に身内に接種したことは反省している。今後は接種の優先対象者をリストアップするなどの対応を考えたい」と話した。




ワクチンの有効期限は開封(吸い出すための針を刺してから)から一日らしい。
子供にしか接種できない量が余ったのならまさに有効利用だと思うのは僕だけか?
それとも余った分は廃棄すれば良かったのか?
ちなみにこの病院、小児科は休診状態である。

こんなことを記事にする朝日の良識を疑う。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/12(木) 09:36:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<8月第4週:羽田-那覇お泊まり往路:JAL:クラスJ:株主優待運賃 | ホーム | NIVEA for MEN Revitalizing Cream Q10>>

コメント

そもそも朝日新聞に良識なんてないでしょ。(笑)
せこい正義感と嫉妬心のかたまり。
  1. 2009/11/15(日) 10:29:49 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

確かに独特の正義感は持っているみたいです(笑)
  1. 2009/11/20(金) 11:10:52 |
  2. URL |
  3. 日航太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jaljgp.blog79.fc2.com/tb.php/936-6b29f6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。