日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中学受験の意義は?

先日取引先の人と飲んだ。
歳は僕と同じ。
来年中学受験をする小学六年の息子がいる。

ん~、僕なんて息子どころか結婚もしていないのに僕と同い年の人に息子がいて来年中学受験とはちょっと驚きだ。

まあそれはさて置き、どこを受験させるのかが悩みの種だそうだ。
その息子の通っている塾が出している偏差値表を見せてもらって驚いた。
僕の時代の中学受験とはだいぶ様変わりしている。

いわゆる御三家などは特に変わっていない。
驚いたのは聞いたこともないような中学校が偏差値表の上位にあったこと。
多分新設校なんだと思うが、凄いもんだ。

彼は息子を大学付属に入れたいと言っていた。
自分が大学受験の時に苦労したから、ストレートで大学に行ける大学付属の中学がいいと。

でもよく考えてみよう。
大学付属の中学校に入ったら、その大学の「アリ地獄」からなかなか抜け出せない。

それが慶應アリ地獄や早稲田アリ地獄なら別だが、(気分を害する人がいたら申し訳ないが)○大の附属中学とかなら敢えて入学させる必要もあるまい。
○大アリ地獄から抜け出せなくなる可能性が高いし、それは子供の可能性を潰しているに等しいと思う。

ある意味、罪な親なのだ。

学歴の最終目的地は大学である(場合によっては大学院ということもあろうが)。
小学生を中学受験させる程教育熱心な家庭なら、大学受験で実績のある高校を持った中学に入れる以外は、敢えて私立中学に入れる意味なんて無いに等しい。

実績のない私立中学に入れるくらいなら公立で十分だ。
そして高校受験で頑張ればいい。

私立の方がカリキュラムの自由度があるから大学受験に有利だとか、そんなのもウソだ。
それは東大とかに入学者を大勢出している地方の公立高校の存在で否定できる。

大学受験で言えば、僕が受験した頃から首都圏の名門公立高校(西、戸山、湘南、浦和とか)の実績がどんどん下がっていった。
優秀な中学生がどんどん私立高校に入学していった時期に一致している。

一方で、聞いたこと無いような高校がどんどん実績を伸ばしている。
しかしよく見ると一学年の生徒数が多かったり、単純に合格者数だけで判断するのは危ない。

でも最もタチの悪いのは小学受験だろう。
女の子以外は全く無意味・無駄金だと思う。
まあ、慶應の幼稚舎なんかは別格なのだろうが。



スポンサーサイト
  1. 2009/04/15(水) 23:18:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<定額給付金 | ホーム | 1月第3週:羽田-那覇日帰り:JAL:クラスJ:先得運賃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jaljgp.blog79.fc2.com/tb.php/799-2477c506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。