日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月第1週:CDG-NRT出張復路:Cクラス:特典航空券

自宅療養中です(笑)。

ようやく帰国日ネタ。
飛行機は18時45分発。
成田では彼女がお出迎えの予定。
到着ゲートで勘当・・・いや、感動の再会だ。
そして夕方から仕事が入っています。

通常なら12時にホテルをチェックアウトし、空港に行くまではホテルに荷物を預けてお買い物or観光というコースでしょう。
SPG Goldのレイトチェックアウト(16時まで)の特典が非常に有り難く感じました。

この日の朝食は友人からのお薦めでサン・ジェルマンまで地下鉄で行って、Cuisine de Barというお店で頂きました。
お隣に有名なPoilaneというパン屋さんがあるらしく、そのパンが食べられるとのこと。
実際に行ってみると日本人親子がいました。

僕はパンとコーヒーを注文。
ここのパン、そんなに美味しいか?
何せ酸っぱいのです。
まあ、美味しいと思える人はリピーターになればいいのだろうが、僕は二度と来ないでしょう。

その後、この付近にあるPierre Hermeでマカロンを購入。
お土産用です。
果たして日本と何か違うのかな?

それからリヨン駅まで移動して駅を散策。
リヨン駅

何か鉄道グッズでも買おうと思っていたのですが、駅の売店には売っていませんでした。

仕方なくホテルに戻り、荷造り開始。
やっぱり帰りは重くなります。
Cクラス&JGCでつくづく良かったと思います。

ランチはホテル近くのLe Souffleへ。
西麻布にも全く同名のお店がありますが、ここはきちんとしたランチが頂けます。
鮪のカルパッチョ、スズキのポワレ、チョコレートのスフレを頂きましたが、当然全部食べられませんでした。
ここには何故か日本人を見かけませんでした。

ホテルに戻り最後のシャワーを浴びてチェックアウト。
歩いてオペラ座近くの Roissyバス停へ。
ターミナルに到着したのは16時過ぎでした。
行きも帰りも8.5ユーロです。
タクシーで行くといくらかかるんでしょうかね?

それからチェックインしてからretaxのためのスタンプを押してもらいに行きましたが、ここの係員、非常に感じ悪かったです。
そしてサクララウンジへ・・・・・。
何故かセキュリティー通過前にあって、人が多そうだったので入りませんでした。

セキュリティー、出国審査を通過し、免税店で職場・知人向けに大量のクッキーを購入。

ロビー


さて、機内は満席。
修学旅行と思われる女子高生の大集団のせいでしょう。
ほぼ定刻にCDGを離陸。
離陸後のPAで
「成田空港周辺悪天候のため、他の空港に着陸するかも知れません」
と、まるでその後の事態を予想するかのようなアナウンス。


機内食は往路のリベンジでまたまた洋食・お肉の組み合わせでしたが、相変わらずお肉が美味しくなかったです。
トホホ。
ANAの方が機内食は好印象です。

食後睡眠モードへ。
疲れていたせいか爆睡。
往路と同様、カレーの匂いで目が覚めました。
そしてこれまた往路と同じく、カレーを頂きました(笑)。

さて、着陸一時間前よりベルトサイン点灯。
結構揺れています。
こんなんで着陸できるのかな?というのが当時の印象です。
最終の着陸態勢のアナウンスも入り、降下したと思ったら・・・・ゴーアラウンド。

その後、成田空港周辺の天候回復の見込みがないため羽田空港へ向かうとアナウンス。
Shell flat seatに座りながら、普段見慣れた羽田空港に着陸という何とも不思議な気持ちでした。
そのまま整備場横に駐機。
駐機


ベルトサインが消灯。
僕も含めて、他の乗客もてっきり羽田で降りられると思って、みんな立ち上がり、荷物を下ろしてドアに向かいます。
しばらくして
「羽田空港で降りることは出来ません」
と無情のアナウンスが入りました。
この時点で14時30分。
皆さん、また手荷物を仕舞います。
どうもダイバート機が多すぎて、羽田の国際線ターミナルでは対応できないのが羽田で降りられない理由のようでした。
モニター昼


再びアナウンス。
「17時過ぎには成田空港周辺の天候は回復に向かうと予想されます。羽田空港出発は17時過ぎになると思われます」

機内は諦めモード。
再び寝る人、ゲームする人、映画を見る人、お酒を飲む人、いろいろです。
携帯電話を含む電子機器の使用が許可されました。
電源を入れると彼女からのメールが。
「大変なことになっているねぇ」
だと。
どうやら羽田ダイバートを知っていたみたいです。

携帯で発着状況を見てみましたが、とんでもないことになっていますね・・・・。
僕は夕方から仕事が入っていたのですが、キャンセルの電話をしました。

そして17時過ぎに
「天候回復が遅れており、出発は18時過ぎになると予想されます」
とアナウンス。
この時点で明らかにいらつくお客が目立ち始めました。
足で床を叩いたり、テーブルを手で叩いたり。
Cクラス


18時になると
「間もなく成田空港周辺の天候も徐々に回復に向かうと思われます。当機は給油後に出発する予定です」
とのアナウンスがありましたが、30分後に
「私からも強くカンパニーに申し入れしているのですが、なかなか給油車が回ってきません。大変申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください」
と。

問題なのはこの間、食事の提供が全くなかったこと。
おつまみしか出ませんでした。
僕の左隣の乗客はギャレーまで行って、
「何でこんなに待たせているのに食事が全く出ないのだ?」
と抗議していました。
いやいや、僕もさすがに腹が減った・・・・。
モニター夜


でっ、実際に給油が終了したのは何と19時20分。
19時40分にプッシュバック開始。
外を見ると普段羽田空港ではお目にかかれない飛行機が沢山駐機していました。
AA、AC、SQ等々。

19時55分、羽田を離陸。
20時30分、成田空港に着陸。
20時45分、スポットイン。

出口には係員が待機していて、サンドイッチを配っていました。
複数の乗客が
「こんなに待たせてこれだけかよ」
と文句を言っていました。

まるで雪崩に襲われた雪山から自力で下山した登山家が捜索本部の建物にたどり着いたような気分を味わう事が出来た。
貴重な経験と言えばそれまでだが、もうこりごりだ。

それから入国審査、税関を通過し、ホテルへのシャトルバス乗り場へ。
僕が搭乗していたクルーの一部もバス乗り場にいたが、彼女達はあのシャクティーパッドグルで有名な例のホテルのバスに乗っていきました。
可愛そう・・・・。
日航成田ではないんですね・・・・。

ホテルに移動して、車で帰宅しました。
トホホ。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/08(水) 16:05:26|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月第3週:羽田-那覇日帰り修行:超割・バーゲン運賃 | ホーム | パリでのお買い物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jaljgp.blog79.fc2.com/tb.php/25-61475743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。