日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんなの分かる人には分かっていた

被ばく作業員3人、放医研に到着…歩行も可能(読売新聞)

この記事にこう書いてある。

3人は24日、電気ケーブルの接続作業中に緊急作業時の限度である年間250ミリ・シーベルトに近い量の放射線に被曝した。放射能を帯びた水が足に付着し、皮膚から放射性物質が検出された2人は、「ベータ線熱傷」を起こす可能性があるとされる。


最初に言っておくが、250mSv程度の被曝で熱傷の症状が起こることはあり得ない。

参考までに書くが、乳癌の温存療法では放射線治療を併用するが、この場合の照射線量は

2Gy×25回=50Gy(約50Sv=50000mSv)。


そもそも250mSvの被曝量とはポケット線量計、つまりは胸の辺りの線量だから足の被曝量はもっともっと高いのだ。
β線は飛程が短いので足に被曝したβ線は胸の線量計ではまず計測できない。


その後の朝日新聞の記事

被曝作業員の放射線量は2~6シーベルト やけど治療も

恐らくその後の足の症状でもうちょっと正確な被曝線量を推定できると思う。
エネルギーが不明なので何とも言えないが、やけどの症状が出たとするならば2Svの被曝量もあり得ない。

もっと多いと考える。

2Svで熱傷の症状が出るなら、乳癌で温存療法を受ける女性は重度の熱傷症状に悩まされることになるが、そんなことはないのだ。



スポンサーサイト
  1. 2011/03/25(金) 23:42:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さらに思うこと | ホーム | きっと輝かしい未来が待っている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jaljgp.blog79.fc2.com/tb.php/1264-7c798624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。