日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月第4週:羽田-那覇日帰り往復:2009年修行最終回

これまた久しぶりの日帰り那覇修行です。
往路でJALのDIAに到達するので、復路は久々にANAにしました。

往路JAL919便(13:25発)
復路ANA132便(16:50発)


という行程です。

正午に仕事を終わらせて、速攻で羽田空港へ。
もちろんラウンジに入る時間もありませんでした。


(羽田―那覇:JAL:クラスJ:バーゲン運賃)

機内はがら空き。
クラスJでも搭乗率60%くらいです。
那覇線はそこそこ儲かっていると聞いたことがありますが、経営上はJALもANA並の便数に減便する方がいいのでしょう。

JGCの機内販売クーポンが11000円分あったので、機内販売で全部使い切りました。
買ったのはチョコレートです(笑)。

チーフパーサーは40代でしょうが、美人熟女と言った感じのなかなか色っぽい人でした。
モテたんだろうな、若かった頃は(笑)。
ちなみに独身でした。

僕の隣に座っていたのは明らかに修行僧。
フライト自体は特記事項無く定刻に到着。


そのままANAのカウンターへ。
チェックインとプレミアムクラスへのUGを申し込みました。
UGは難なく成功。
ポイントでのUGです。


(那覇―羽田:ANA:プレミアムクラス:超割運賃からUG)

意外にもプレミアムクラスでも搭乗率50%くらいでした。
やはり不景気の影響か?

この時間帯だとプレミアムデリです。
内容は以前より貧弱になったような・・・・。
完食しました。

スッチーはJALより明らかに若いですが、可もなく不可もなしと言った感じでした。

フライトは特記事項無く羽田に到着。
そのまま帰宅しました。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/18(日) 12:28:15|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<SPGプラチナ向けUG状況(シェラトン都ホテル東京):2009年25泊目 | ホーム | 12月第4週:羽田-那覇お泊まり復路:JAL:クラスJ:先得運賃>>

コメント

妖艶w

>チーフパーサーは40代でしょうが、美人熟女と言 >った感じのなかなか色っぽい人でした。
>モテたんだろうな、若かった頃は(笑)。
>ちなみに独身でした。

離島行きの便に乗りますと、この手の方ばかりのグループに遭遇する確率が高いような気がして
おります 殆どの方は「やる気ない~」的オーラに包まれたオバサンですが、中には男なら一度
は是非ともお願いしてみたいな的は方もいらっしゃいまして、なかなかに侮れません 
ドリンクサービスの時に手が触れようものなら、ドッキンコでございますw
自分も歳を取って、「人〇」とか「熟〇」方面に趣向が変わりつつあるんでしょうかねぇ~


  1. 2010/04/27(火) 16:39:45 |
  2. URL |
  3. 南京豆 #-
  4. [ 編集]

Re: 妖艶w

年齢と共にストライクゾーンが広くなりますな(笑)
  1. 2010/04/28(水) 20:33:24 |
  2. URL |
  3. 日航太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jaljgp.blog79.fc2.com/tb.php/1035-362bcbbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2010/04/18(日) 14:57:04 |

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。