日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PCRロイヤルアンバサダー向けUG状況(インターコンチネンタル東京ベイ):2009年PCR 48泊目

例の72時間限定半額プランでの予約です。
レートは11960円。

今回は22FのクラブフロアにUG。
横浜インターコンチに慣れてしまうと何だか狭く感じます。

0906ICTB


夜19:30頃にクラブラウンジへ。
夜のラウンジは初めてです。

何と・・・・食べ物が全くありません(笑)。

今まで泊まったインターコンチの中で最も貧弱な内容です。
バーボン飲んでさっさと撤収しました。


スポンサーサイト
  1. 2009/08/30(日) 10:13:13|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月第1週:羽田-那覇日帰り:JAL:クラスJ:先得運賃

今年最も効率の良い(乗り継ぎ時間の短く、同一機材ではない)修行行程です。

往路JL919便 13:25発
復路JL918便 16:40発


ただし、往路便が20分遅延するとアウトです(笑)。

午前中仕事して13時に羽田に到着。
もうマスクしている人はほとんどいません。
今回もDPラウンジに入る時間はありませんでした。


(羽田―那覇)

クラスJにも空席が目立ちました。
スッチーは可もなく不可もなしと言った感じで、本当に最近

すっげぇ~

と思うような美人には遭遇しません。

そう言えば会社にこの大学を卒業した20代のOLがいます。
大学の友人で4人JALのスッチーがいるらしいですが、みんな結婚して会社を辞めたと言っていました。

ちなみに

一人は完全にコネで入った

らしいです(笑)。

離陸後いつものように爆睡へ。

那覇空港には定刻に到着。
定刻に到着してくれると外で一服するだけの時間はあります。


(那覇―羽田)

久しぶりに離陸前、CPよりJGP向けの丁重な挨拶がありました。
本当にひさしぶりです。
隣の男性にも丁重な挨拶をしていたので彼もJGPなんでしょう。

往路で寝てしまったので復路では眠れず。
パソコン広げて仕事していました。

羽田空港到着機混雑のため10分遅れて出発したので10分遅れて羽田に到着。

横浜で会議だったので帰宅せずに横浜に向かいました。


  1. 2009/08/29(土) 11:46:01|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣きながら善福寺川を渡れ・6



太郎君が手紙の一部、スキャナーしてあったとは… 私は結婚する時に3つの思い出段ボール箱をすごい勢いで1つにしてしまって。
頭のいい太郎くんが勉強出来なくなったらどうしようとか あの時の事で人間性変えるような事になっていたらどうしよう…という不安がずっとありました。
当時の事で太郎くんが謝らなければならない事なんて何一つ、絶対ありません。 本当に幼稚なバカな私の、人を傷つける行動だったのです。嫌いになってさようならしたわけじゃない、好奇心旺盛でフラフラしていたのです私。告白されてそっちへ行ってしまったのですよ。(すぐ終わりましたが。)
私は、自分勝手にあんなひどい事し、忘れられる訳がありません。 ずっと気掛かりでした。いつか会えるかと犬の散歩には公園方面ばかり行っていました。そのうち、もう会える事はないものだと思っていました。


23年前、付き合っていた男を振った陽子ちゃん。


太郎君にとって救いだったのは

嫌いになってさようならしたわけじゃない

だった。


いつか会えるかと犬の散歩には公園方面ばかり行っていました。

何だか感情移入して目頭が熱くなる太郎君。


高校一年の文化祭。

あれが二人の関係を修復する最後のチャンスだった、とずっと思っていた。


しかし22年後にもう一度チャンスが巡ってきた。



23年前、諦めた夏を奪い返すつもりの太郎君である。

でもよく考えると夏はもうそろそろ終わりなのであった。


ビルとビルの間から吹いてくる風が涼しくて空を見上げる太郎君。

入道雲はもうない。

秋が近いみたいだ。





(そして現在進行中。つづく・・・・と思う)



  1. 2009/08/28(金) 11:33:51|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣きながら善福寺川を渡れ・5

同窓会終了後から、太郎君は陽子ちゃんからのメールを待っていた。

翌日、翌々日とメールは来ない。

あの時は短い時間しか話せなかった。

聞きたいこと、そして言いたいことは山ほどあるのに。

そして、同窓会から三日後、ついに彼女からメールが届く。



youko mail




先日は久々にお会い出来てよかったです。
ちょっとふっくらしましたね。
機会があれば是非とも一度、謝罪しなくてはとずーーーっと思い続けていました。 どうしようもない小娘でした。 ひどい事を本当にごめんなさい。改心しました。
大きくなって日記を読み返した時、とっても綺麗な字で言葉を選んで丁寧に書いてくれていた事に本当に感謝しました。
なのに私は…と自分で自分が嫌になったものでした。元気なお姿が見られてよかった。
○○になられたって、想像通りでそれもびっくりしました。 どんなに努力してご苦労されたか…。すごいですね。
立派なお仕事、体に気をつけてがんばってください。
またこんな機会があれば、またお会いしましょう。
その時まで元気でいて下さい!



ファーストメールにしては呆気ないな。

もう23年も前のこと、謝って貰っても何の実感もない。

今生きているのは最後に目が合ってから22年後の日航太郎なのだ。


太郎君は翌日、返事のメールを送信した。


その次の日、彼女からメールが届く。


同窓会の時は私は早い段階で○○ちゃんに教えてもらい、ソファーで誰かと談話中の太郎君を眺めてました。それからはもう、○組のテーブルに目を向ける事も出来ないでいましたよ。 声をかけていただいても、緊張のあまりまともに顔を見る事が出来ず、近くで見たお顔に「あっこんなかわいいおめめだったんだ」と。

同窓会の前日に実家に帰り物置部屋を掻き分け、自分の思い出箱を探し出したのですが辿り着いた時には埃まみれで真っ黒になり、卒業アルバム抜き取るだけで精一杯でした。 まさか太郎くんが連絡先を教えてくれるなんて夢にも思わず、だったらもうちょっとがんばればよかったです。 でも頭の中は本当に謝る事しか無くて。

名刺もありがとう。大切にします。
同窓会の掲示板、○組太郎君だけ見て、出席者リストがあるのも知らないでいました。 連絡取っている子は欠席だというし、一人ぼっちで行くの嫌だなとも少し思いましたが、太郎君に会わなきゃと勇気を出して行って本当によかった。もっと話せたらもっとよかった。幼なじみのてっちゃんとばかり喋ってる場合じゃなかったよ。

私は千葉県○○市で夫と二人で暮らしております。荻窪からは近いようで遠いです。実家に帰っても遊んでくれる兄や姉のちびっこたちも、ほぼ大人になってしまい遊んでくれないのでね。太郎くんは港区にお住まいですか。いいですね。便利な所です。

太郎くんに辛い思いをさせて本当に私はひどかった。善福寺川に手紙を捨てたって…たまりません。軽率すぎました。ごめんなさい。



ほぼ原文のメールである。

メールで分かったこと、それは彼女が千葉県に住んでいること、結婚して旦那と二人で暮らしていること、二人ということは多分子供がいないこと。

別に両親が離婚したとか、家出同然で出て行った、とか、そんなことは太郎君の妄想であった。

そうか、やっぱり結婚していたのか。

ちょっとガッカリする太郎君。

太郎君も陽子ちゃんに、もう昔のことだし謝る必要はないこと、同窓会でキミに一番会いたかった旨のメールを返信した。

そして、高校一年の文化祭で、せっかく来てくれたのに無視してしまったことを謝罪した。

本当は凄く嬉しかったのに、の一文を加えて。

もうこの歳だ、別に恥ずかしがることもないだろう。


  1. 2009/08/27(木) 10:27:40|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣きながら善福寺川を渡れ・4

同窓会も残り10分。

意外にも彼女が開口一番発した言葉は

「お久しぶり」

ではなく

「ごめんなさい」

だった。

普段初対面の女性と、それがたとえ美人スッチーであっても何の緊張感もなく話せる太郎君であるが、陽子ちゃんを目の前にして太郎君は極度に緊張していた。


今向かい合って立っているのは23年前に僕を振った女、そして、振られた僕。


太郎君は当時の面影を探そうと、陽子ちゃんの顔を凝視した。

思い出の欠片を集めるのだ。


彼女は一瞬、目を合わせると恥ずかしそうに下を向いた。

彼女の左手薬指には指輪がはめられていた。


余りにも緊張して、何を話したのか思い出せない。

ほんの数分間の会話だった。

あの頃の話は出なかったと思う。


二次会に彼女は出ないと言った。

太郎君はメールアドレスの書かれてある名刺を彼女に手渡した。


「もし良かったらメールちょうだい」


そして同窓会は終了した。



  1. 2009/08/25(火) 11:31:15|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣きながら善福寺川を渡れ・3

それから太郎君が陽子ちゃんを見かけたのは翌年の秋、高校の文化祭である。

文化祭の時、太郎君のクラスは校門近くにテントを張った。

同級生から


「お前のことずっと見ている女の子がいるよ」


よく見ると陽子ちゃんだった。

去年の夏、僕を振った中学三年生の女の子は、女子高生となって遠くから太郎君のことを眺めていた。


何故、高校の文化祭にわざわざ来たのか?

何故、今更僕の目の前に現れたのか?



いろいろ考えた。

一瞬、陽子ちゃんと目が合った。

しかし、太郎君は気が付かない振りをしてやりすごした。


「可愛い子じゃん。行ってやれよ」


と同級生。


でも気づかない振りをした。


本当は嬉しかったくせに。


そしてしばらくすると陽子ちゃんはいなくなっていた。


陽子ちゃんは僕に未練があって、またやり直そうと思って、文化祭にわざわざ来たんだ


振られたのは太郎君なのに、当時勝手にそう解釈した。

解釈したというより、自分にそう言い聞かせた。


ほら、やっぱり僕の所に戻って来たんだね


何だが勝ち誇ったような気分。


陽子ちゃんを肉眼で見るのはこれが最後になる。

この時、吹っ切れない気持ちをこの先ずっと持ち続けるなんて誰が想像しただろう。

お互いに。


そして、22年が過ぎた。





  1. 2009/08/24(月) 10:17:35|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣きながら善福寺川を渡れ・2

何故ごめんなさいなのかと言うと、太郎君は中学校三年生の夏休み前、突然彼女に振られたのだ。

デートの別れ際、いつものように手紙を渡された。

二人は違う中学校に通っていた。

太郎君は超が付くくらいの進学校、一方の陽子ちゃんは区立中学。

中学二年の時に駅で偶然にも再会。

確か三時間くらい立ち話したと思う。

それから彼らは何回か会い、そして付き合うようになった。


中学三年になって、太郎君はよく図書館で彼女に勉強を教えた。


陽子ちゃんを進学校に入れて、将来は同じ大学に入る。

一緒に駒場本郷大学に通うんだ。



汚れを知らない純真無垢な当時の太郎君にはそんな青写真があった。



キスは済ませてあるし、高校生になったらいよいよ初体験だな。

もちろんお相手は大好きな陽子ちゃん。



デートの後、必ずいろいろな出来事を書いた手紙を交換していた。

自宅に帰る途中、封を開け、手紙を歩きながら読んだ。



「他に好きな人が出来たの。ごめんなさい」



可愛い便せんに、確かこれだけ書かれてあった。



突然の別れの手紙に、太郎君は驚かなかった。

何故なら、彼女が他の男と付き合っているらしいという事を、太郎君は少し前から実は知っていた。

近所の友人から

「陽子ちゃん、同じ塾の男と付き合ってるらしいよ」

と聞かされた。



ウソに決まってるだろ、そんなこと。

だいたい、付き合って欲しいと僕に告白してきたのは陽子ちゃんの方じゃないか。

バレンタインデーにも、大・大・大好きよ

youko




こんなの貰ってるんだぜ。

夏休みにはディズニーランド一緒に行こうって約束したんだ。




そう自分に言い聞かせて、太郎君は平静を装ってデートと手紙のやり取りを続けた。

当時の陽子ちゃんは太郎君が少し引いてしまうくらい、いろんなことに積極的だった。


そしてあの時、最後通告が突きつけられた訳だ。

友人の言っていたことは真実だったのだ。

終わりは実に呆気ない。


その男がどんな男なのか、どのように知り合ったのか、そして僕とその男をどのように比較し、どうしてその男を選んだのか


聞きたいことはいろいろあった。


太郎君は最後の手紙を破いて善福寺川に投げ捨てた。


怒りと喪失感。


振られるってこういうことなのか?

僕を恋に落としておいて、最後は知らん顔。

中学三年にして初めて失恋を経験した太郎君。



日航太郎君の座右の銘


女は信用できねえよ  


の原点が、実はここにあったのだ。


  1. 2009/08/23(日) 10:43:17|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣きながら善福寺川を渡れ・1

果たして陽子ちゃんと再会できるのか

太郎君は小学校の同窓会に行ってきた。

クラスの同窓会であるはずが、結局学年にも話が広がり、参加者約60名。

よく短期間でこれだけの人数を集めたものである。

地元で開く予定が、急遽新宿のホテルに変更になった。

同窓生に一人、新宿某ホテルの関係者がいたのでその人の計らいでホテルに変更できた。

日航太郎は当日仕事の都合で遅れて参加。

緊張して受付を済ませる。

会場に入ったとたんいろんな人に話しかけられた。

当時の面影が残っているらしい。

久しぶりに会う旧友と談笑している最中、太郎君は目をキョロキョロさせながら陽子ちゃんを捜していた。

でも見つからない、というか、それらしき女性が見当たらない。

最後に目にしたのは22年前。

それ以来会っていない。

陽子ちゃんってどんな女性だっただろう?

考えれば考えるほど、陽子ちゃんのイメージはセピア色のフォトグラフへと変質し、

今も綺麗であるに違いない

というすり込み効果を生んでしまう。


結局、終了時間10分前、同級生の女の子に

「陽子ちゃん来てる?」

と言ったら目の前に連れてきてくれた。



あ~、当時の面影はほとんど無い。

どうりで見つけられなかった訳だ。

身長165センチくらいのスレンダーな女性。


彼女は太郎君の顔を見て開口一番

「あの時はごめんなさい」

と言った。


  1. 2009/08/22(土) 10:37:21|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCRロイヤルアンバサダー向けUG状況(ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル):2009年PCR 46泊目

事前前払いの11000円です。
お部屋は27FのクラブフロアにUG。

0905ICY3

毎回あることをリクエストしているのですが、今回は何故か無視されました(笑)。
顧客の情報が共有できないシステムなんでしょうかね?
まあ、いかにも横浜インターコンチらしいですが、こういうところは。

洗面台はひび割れていました。

0905ICY4

今回は寂しい一人ステイで、翌朝チェックアウトの優良客でした。

朝ラウンジに行くと、いかにも訳あり年の差カップルが二組(笑)。
ジジイとお姉ちゃんの組み合わせはあるが、イケメンとババアの組み合わせは見たこと無いです。


  1. 2009/08/21(金) 10:33:39|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月第4週:羽田-那覇お泊まり復路:JAL:クラスJ:先得運賃

いつものように朝一番で帰京です。
チェックインしてから那覇空港内の売店も回ってみましたが、何故かローソンにマスクが置いてありました。
薬局もありますが、こちらは全滅。

そして、5月31日で切れる株主優待券をオープン発券するために全日空のカウンターへ。
全日空はスキルの低い地上職員が多いですが、今回は二枚発券するのに30分かかりました(笑)。

4枚発券する予定でしたが、諦めました。
しっかり研修やってから実地に出して欲しいです。

さて、機内は満席(クラスJ)。
前日しっかり寝ていたので、読書をして過ごしました。

羽田には定刻に到着。
この日は夕方から北関東で仕事だったので車で某都市に移動しました。


  1. 2009/08/19(水) 13:08:53|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

PCRロイヤルアンバサダー向けUG状況(クラウンプラザANA沖縄ハーバービューホテル):2009年PCR 44泊目

前回同様、72時間キャンペーンで予約しました。
事前払いの一泊7000円という激安プランです。
9FのダブルルームにUGされましたが、今回もハーバーは見えず(笑)。

0905CPO

この時期、都内は深刻なマスク不足で、ちょうど良い機会と思って市内のコンビニ、スーパー、薬局を回ってみましたが、かろうじてローソンとファミリーマートに置いてあったのみ。

そしてDFSでネクタイを買って再びホテルへ。
この日は特にすることもなく、早寝しました。


  1. 2009/08/18(火) 10:41:28|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月第4週:羽田-那覇お泊まり往路:JAL:クラスJ:先得運賃

お泊まり修行です。
今回はJL919便(13:25発)で予約しました。
少しは那覇でのんびりできます。

午前中して羽田空港へ。
DPラウンジに入る時間はありませんでした。

空港内の売店を回ってみましたが、マスク置いてあるお店はゼロでした。

機内はクラスJに限っては満席。
見た感じ搭乗客の30%くらいはマスクをしていました。

隣は乳児を連れた若奥さん。
恐らく20代。
なかなかの美人でした(笑)。

途中まで本を読んで過ごしましたが、途中で爆睡。

隣の人妻の歌声で目が覚めましたが、この歌声の心地良いこと・・・・(笑)。
子供に歌をっていましたが、歌っていたのは友達讃歌
ヨドバシカメラCMソングの原曲です。

こんな歌何で知っているの?

と思うくらい、最近の若い人にしては珍しいです。

那覇空港には定刻に到着。
ホテルに向かいました。


  1. 2009/08/17(月) 10:13:43|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PCRロイヤルアンバサダー向けUG状況(ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル):2009年PCR 43泊目


今回は事前払いではなく、12000円のベストフレキシブルレートです。
お部屋は27FのクラブフロアにUG。
久々の陸側です。

0905ICY


陸側だと観覧車からお部屋が丸見えなので、海側のように窓全開で裸族という訳にはいきません(笑)。

今回困ったのは隣のお部屋のテレビ。
音が大きくて困りました。
もう何回も書いていますが、このホテルの最大の欠点は防音。
どんな番組見ているか分かるくらい、音が漏れてきました。

翌朝7時ちょうどにラウンジに行くと普段の三倍くらいの人。
何だか混んでいました。


  1. 2009/08/16(日) 11:47:20|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月第4週:羽田-那覇日帰り:JAL:クラスJ:先得運賃

午前中仕事、午後から修行出来る一番無駄のない行程です。

往路JL919便 13:25発
復路JL918便 16:40発


前にも書きましたが、この行程だと往路が定刻近くに那覇空港に到着できるかが最大の問題になります(笑)。


12時に仕事を終わらせて速攻で羽田空港へ。
マスクしている人が目立ちます。
恐らく20%の人はマスクしていたと思います。
空港内の薬局ではマスク売り切れでした。



(羽田―那覇)

クラスJは満席。
スッチーはここ最近では珍しく、20代と思われる女の子が多かったです。
容姿もまあまあ可愛かったです。
でも、

くっ、喰いてぇ

と思わせるスッチーはここ最近お見かけしていません。

搭乗直前にサクララウンジでビールを一杯飲んだので、離陸後爆睡。
飲み物のサービスは受けられませんでした。

今回は定刻に到着。
復路は非会員で決済したので、3Fの自動チェックイン機にて発券&マイル登録。

ラウンジに入る時間はありませんでした。



(那覇-羽田)

クラスJは満席。
ツアー客が多かったです。

スッチーはオバハン揃いでした。
僕の隣もオバハンでした(笑)。

フライトは特記事項無く、定刻に羽田に到着。
そのまま帰宅しました。



  1. 2009/08/13(木) 10:51:44|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCRロイヤルアンバサダー向けUG状況(インターコンチネンタル東京ベイ):2009年PCR 39泊目

例の72時間限定半額プランでの予約です。
レートは11960円。

この日はのんびりしようと半休を取って、彼女とフロントで待ち合わせてチェックイン。
お部屋は21Fのクラブフロアでした。
というか、今年に入ってこのお部屋ばっかりです(笑)。

0905ICTB



  1. 2009/08/11(火) 10:50:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感動の再会か?

同窓会の日が近づいてきた。
先日、幹事からどのお店にしようかと相談を受けた。

人数が20名を越えそうと言うことで、場所は出来れば周りに人がいない奥座敷のある店、あるいはカラオケBOXのパーティールームがいいだろう、という結論に至った。
開催場所はもちろん地元だ。

実は密かに期待していたのであるが、僕が中2から中3まで付き合っていた陽子ちゃん(実名)も来るらしい。

私立中学に行った僕と地元の区立中学に行った陽子ちゃんは中2の時に街でばったり再会し、それからしばらくして付き合うことになった。
付き合うとは言っても、中学生だったのでもちろんセックスはしていない。

その陽子ちゃんが同窓会に来るという。

もし、同窓会で感動の再会が果たせるならば、どんなに素晴らしいことだろう。
実に22年振りの再会である。


僕の頭にはすでに島田紳助が登場していた。


22年前、生き別れになった陽子ちゃんを捜し続けている日航太郎。



紳助「陽子さんに会いたいですか?」

日航太郎「はい」

紳助「そうですよね。22年間あなた、陽子さん探し続けてきました。」

日航太郎「はい」(涙)

紳助「番組で陽子さん、探しました。」

日航太郎「・・・・」

紳助「陽子さん、生きておられました」

日航太郎「本当ですか?」(号泣)

紳助「陽子さんご健在で、今横浜に住んでます。」

日航太郎「・・・・」

紳助「陽子さん、貴方と生き別れてから随分と苦労なさいました。」

日航太郎「・・・・・」(涙)

紳助「お母さんが再婚されましたが、再婚相手の義父と陽子さん、折り合いが悪く、陽子さんは高校を卒業すると家出同然で出ていきました。」

日航太郎「そうだったんですか」

紳助「家を出て陽子さん、飲食店で働き始めました。そして10年、店を任されるまでになりました。ところが悪い友人の保証人になって、無一文となってしまいます。その後はいろいろな職を転々とし、5年前に現在の職場へ落ち着いたそうです。」

日航太郎「・・・・」

紳助「そんな辛い日々を過ごされた陽子さんですが、日航太郎さん、貴方のことは一日たりとも忘れたことはないそうです。中学生の頃に撮った貴方の写真を今でも肌身はなさず持ち歩かれているそうです。」

日航太郎「・・・・」(ただ涙)

紳助「陽子さん、今日こちらにいらしてます」

カーテンが開く。

涙の抱擁。

 
8月某日、荻窪は感動の渦に包まれる。



んなわけないか(笑)。



  1. 2009/08/09(日) 10:30:39|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

17年振りの再会

今月、小学校時代の同窓会がある。
40歳という節目に同窓会をやるという話は聞くが、何故今年なのかよく分からない。
誰かが企画したらしい。

今現在、僕と接点のある小学校時代の同級生は二人しかいない。
僕の実家はずっと変わっていないが、親の転勤とかで引っ越しをしている人が多いし、社会人になったり結婚したりして別の場所で生活している人も多いのだろう。

先日、僕の実家に小学校時代の同級生から電話があった。
親は僕の携帯番号をその同級生に教えた。
そして僕の携帯にその同級生から着信。

卒業アルバムを探したがどうしても見つからない。
当時の面影だけでも頭に叩き込んで同窓会に出席したい。
数日間卒業アルバムをお借りできないかと。

まあちょうど良い機会だ。
食事しながら昔話でも、ということで銀座で待ち合わせた。

その同級生、名前は美穂ちゃん(実名)
確か最後に会ったのは成人式の時だったと思う。
つまりは、17年振りの再会ということになる。
どんな女性になっているのか、興味津々で待ち合わせ場所へ。

そして待ち合わせ場所に現れたのは・・・・


デブになった美穂ちゃん


だった。

時の流れとは残酷なものである。
というか、こんな女と一緒にいるところを知人に見られたくない
小学校時代の同級生と再会しているという嬉しさよりこちらの気持ちの方が大きい。

お店は予約していなかったが、いくら海のように心の広い僕でも、こんな女と洒落た店には行きたくない。

ということで居酒屋へ。

予めカラーコピーしておいた卒業アルバムを渡した。

昔話で盛り上がった。
でも喉のあたりでどうしても引っかかっていた言葉があったのだが、飲んだ勢いで言ってしまった。


「俺の記憶の中の美穂はお前じゃない」



  1. 2009/08/08(土) 10:21:59|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月第3週:羽田-那覇日帰り:JAL:クラスJ:先得運賃

前回の日帰りより少し遅い便で修行です。

往路JL925便 16:00発
復路JL924便 19:50発


14時まで仕事してのんびり羽田空港へ。
ちょうどプーチン首相の来日と重なって、首都高も空港も警備が厳しかったです。

少しラウンジに入る時間があったので久々にDPラウンジヘ。
ソイジョイをごっそり袋に入れる男を発見(笑)。



(羽田―那覇)

クラスJにも結構空席がありました。
仕事の資料を眺めて過ごしましたが、途中から眠くなってきて寝てしまいました(笑)。

スッチーは完全なるオバハン集団でした。

那覇空港には定刻に到着。

乗り継ぎに一時間以上あったので外で一服してからず~っとサクララウンジで過ごしました。


(那覇-羽田)

クラスJは空いていました。
というか、普通席を含めて搭乗率は60%くらいだったと思います。

復路はほとんど寝てしまって、ほとんど記憶にございません。



  1. 2009/08/07(金) 14:08:51|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんなキャンペーン、意味あるのか?

ある航空会社が

8月5日から72時間限定で9月30日までの全路線を普通運賃の半額で販売します
という広告を出したとする。

よ~し、半額だし、沖縄にでも行ってみるか。
那覇までの普通運賃が40000円だから、半額だと20000円だ。

しかし、8月5日の直前になって普通運賃がこっそり値上げされていることに気がついた。

なんと那覇までの普通運賃が60000円になっているではないか!
すると、半額は30000円。

何なのだ?この対応は???


今回、インターコンチネンタルホテルグループでやっている

72時間限定、ベストフレキシブルレートから50% OFF

のキャンペーン。

このキャンペーンのたびに上記と同様のことをやっているホテルが多い。
直前になってこっそりベストフレキシブルレートを値上げしている。

まさに不誠実な商売の典型例だが、こんなことなら最初からキャンペーンなんかやらなければいい。



  1. 2009/08/04(火) 09:48:02|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

嗚呼、懐かしの名古屋

NHKでやっている刑事ドラマ、リミット
毎回録画して見ているが、名古屋の街並みには思い出がある。

今の僕から見ると信じられないが、大学・大学院と、僕は一人の女性と付き合っていた。
同じ学部学科の女性だった。

彼女は卒業後、名古屋にある会社に就職。
しばらく遠距離恋愛だった。
毎週、お互いが東京と名古屋を行ったり来たり。
お陰で名古屋の街は少し詳しくなった。

学生時代を含めると本当に長い付き合いだった。
この恋愛が、僕が今まで経験した最もロングランな恋愛である。

しかし、1年も経たずに別れた。

僕は名古屋に行くたびに思い出す。

近鉄デパート前のナナちゃん人形、よく行った居酒屋、鶴舞にあった1LDKのお部屋、一緒に寝たセミダブルのベッド、料理上手な彼女が作ってくれた食事、新幹線のホームで必ず涙を流す彼女の顔、等々・・・・。

ちなみに、彼女も現在独身である。


  1. 2009/08/03(月) 13:17:04|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCRロイヤルアンバサダー向けUG状況(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル):2009年PCR 39泊目

例の72時間限定半額プランでの予約です。
レートは15500円。

32階(最上階)のクラブフロアにUGのみ。
お部屋の中身は下の階と同じです。

0905SHT

0905SHT1

横浜インターコンチに慣れてしまっているのでやたら狭く感じました。
32階にしては地上の音が室内に侵入してきます。

正直、このタイプのホテルは日本には似合わない(笑)。
NYあたりなら様になるが。


  1. 2009/08/02(日) 10:57:12|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PCRロイヤルアンバサダー向けUG状況(ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル):2009年PCR 38泊目

毎度激安9900円の事前払いです。
お部屋は28Fのクラブルーム。
前回と全く同じお部屋番号でした。

0905YIC

もう僕はこのお部屋で決まりのようです(笑)。


  1. 2009/08/01(土) 12:19:46|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。