日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月第3週那覇お泊まり往路

毎度お馴染みのお泊まり修行です。
往復ともANAで、運賃は株主優待プレミアム運賃です。
あのプレミアムクラス争奪戦に加わらなくて済むと思うだけで気が楽です(笑)。

20:00出発の便なのでのんびり仕事して羽田空港へ。
搭乗時間までSignetで過ごしました。
さすがにこの時期は運賃が高いのか、修行僧らしき男は見あたりませんでした。

(羽田-那覇:ANA:プレミアムクラス:株主優待運賃)

優先搭乗しようとすると、中尾彬さんがご夫婦でいました。
テレビのまんまですね。

機内はプレミアムクラスに限っては満席。
お弁当は美味しかったです。

那覇空港には定刻に到着。
ゆいレールで常宿に向かいました。


スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 10:56:38|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCRゴールド・アンバサダー向けUG状況(クラウンプラザANA成田)

前回と同じお部屋でした。

0807CPN

ここのフロントは笑顔が足りませんね。
笑顔があるだけでも印象がかなりアップすると思うのですが・・・。

何故泊まったのかというと・・・・・。
翌朝帰国する彼女を迎えに行くため(笑)。
たまにはこういうこと(メンテナンス)しなければね。


  1. 2008/10/29(水) 11:40:23|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜ベイシェラトン・ホテル&タワーズ)

今回は完全に一人ステイ。
14200円のレートです。

当初はシングルベッドで14200円のレートが最安値でしたのでこれを予約しましたが、間近になってなんとツインベッドで13600円のレートが。
このdiscrepancyはどう考えてもベストレート規則の対策でしょう。
ある意味、不誠実です。

今回は写真ありません。


  1. 2008/10/28(火) 10:33:22|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医師不足の原因は???

都立墨東病院の件で医師不足が再び叫ばれているが、5年前にここまでマスコミは医師不足と叫んだだろうか?

毎年医者の数は2000人から3000人増えているらしい。
従って、5年前より現在は1万人くらい医者の数が増えた計算だ。

多分、医師不足とは勤務医不足ということで開業医不足ということではないのだろう。

厚生労働省は何故開業医ではなく病院に勤務する勤務医が不足しているのかよ~く考えた方が良い。
近年、医療費抑制政策でまともに黒字が出せない病院が増えていると聞いたことがある。
病院に黒字が出なければその病院に勤務する医者や看護婦の給料も抑制せざるをえない。

給料が安くてきつい仕事(しかも失敗すると訴えられる)

給料が高くてそれほどきつくない仕事

大多数の人間がどちらを選ぶかは明白だ。

給料の安い国公立病院から医者が逃げていくのは当然だろう。

ところで、先日高校時代の同級生(医師)と飲んだ時の話。
夜間勤務に関して、当直夜勤は定義が異なるそうだ。

厚生労働省の定義する病院の当直医とは
ほとんど仕事をしない状態
のことを言うらしい。

従って看護婦の場合は当直ではなく夜勤と呼ぶそうだ。
夜勤では夜勤明けといって翌日が休日になる。
当直の場合は翌日も普通に勤務だそうだ。

調べてみると


医療機関において、労働基準法における宿日直勤務として許される業務は、常態としてほとんど労働する必要がない業務のみであり、病室の定時巡回や少数の要注意患者の検脈、検温等の軽度または短時間の業務に限る。
夜間に十分な睡眠時間が確保されなければならない。


医者がそんな暇な当直(厚生労働省の定義する当直)している病院なんてあるのかな?(笑)

ちなみにその友人、国立病院の勤務医だった頃、当直手当が一回2万円だったそうだ。
睡眠もろくに取れずにほぼ連続36時間勤務でたったの2万円とは安すぎると思う。

もし僕が会社から、

「朝8時から翌日夕方5時まで寝ずに仕事してくれ、2万円あげるから」

と言われたら、絶対断る。



  1. 2008/10/25(土) 23:12:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の出来事

都庁に用事があったので、ついでにドイツ出張用のユーロを購入しにトラベレックスへ行きました。

びっくりしたのは行列が出来ていたこと。
欧州に行く予定の人は今の為替レートが底値に近いと予想してるのでしょうかね?
僕もその一人ですが(笑)。

おまけに日本テレビのクルーも来ていました。
今日23時くらいのニュースに映像が流れるかも知れません。


  1. 2008/10/23(木) 21:33:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月第3週:那覇日帰り往復

毎度お馴染みの日帰り修行です。
運賃は前回同様、JAL先得、ANA株主プレミアム優待運賃です。


往路は16:10発です。
前日に機材変更のメールがあり、747から777に変更になった模様です。

搭乗時間まで北DPで過ごしました。
今回はビックマック当たりです。



(羽田-那覇:JAL:クラスJ:先得運賃)

飛行の塗装がオリンピックモードでした。
何故か過去活躍した選手の顔とコメントが。

機内はクラスJに限っては満席。
僕はL2非常口座席でしたが、目の前のスッチーは20代後半のまあまあスタイルの良さそうな方でした。
顔は・・・可もなく不可もなしと言った感じです。

僕は前回と同じく、爆睡。
飲み物のサービス受けられませんでした。

那覇空港には定刻に到着。

早速3FのANAカウンターにてチェックイン。
搭乗時間までSignetで過ごしました。



(那覇-羽田:ANA:プレミアムクラス:株主プレミアム運賃)

満席です。
CPは完全なるオバハン。
R1のスッチーも全然可愛くありません。

ここ最近プレミアムクラスばかり乗っているせいでしょうか、ANAのスッチーは容姿のレベルが以前に比べてかなり低下したように感じます。
普通席だと違うのかな?

まあ、余程の仕事好きとか男遊びが激しいスッチーを除けば、美人スッチーは寿退社する可能性が高いですから、売れ残りでレベル低下なんでしょうかね??(失礼!)

お弁当は前回と同様。

フライト自体は特記事項無く、定刻より20分遅れて羽田に到着。
珍しくR1から降機しました。



  1. 2008/10/23(木) 11:37:05|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜ベイシェラトン・ホテル&タワーズ)

予定外の宿泊で、急に横浜の取引先で仕事が発生してしまったので宿泊しました。
14800円のレートです。
これでも去年同時期の最安値レートより高いですが、今年初めの値上げに比べるとかなりマシになってきました。

お部屋はこんな感じです。

0807YBS

普通のツインですね。

あと、今年初めよりUGがしょぼくなっています。
ホテル内のUG規定でも変更があったのでしょうかね?

以前に比べると外国人宿泊客が減ったような気がします・

今回は深夜にチェックイン、早朝にチェックアウトという優良客でした(笑)。


  1. 2008/10/21(火) 18:25:07|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜ベイシェラトン・ホテル&タワーズ)

前回と全く同じお部屋でした(写真無し)。
今回は二人で13000円の激安レートです。

そう言えばホテルってかなり電気を無駄に使ってしまいがちです。
ちょっとした外出の時も冷房やテレビをつけっぱなしにしてしまったり・・・。
ここ数年はちょっとした外出でも電気は全部消すようにしています。


  1. 2008/10/20(月) 21:52:32|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月第2週:那覇日帰り往復

毎度お馴染みの日帰り修行です。
今回の運賃はJAL先得、ANA株主プレミアム優待運賃です。
プレミアムクラスUG争奪戦に参加しないで済むと思うだけでだいぶ気が楽です。

往路は16:10発なので14時まで仕事してのんびり電車で羽田空港へ。
相変わらず警官の数が多いです。

搭乗時間まで北DPで過ごしました。
今回はてりやきバーガーです。
でももう食べ飽きました(笑)。


(羽田-那覇:JAL:クラスJ:先得運賃)

クラスJに限っては満席。
空席待ちの掲示板には種別Bだけありましたが、無情にも全滅のアナウンスがありました。
僕は普段クラスJ、普通席にかかわらず後部座席を好んで座るのですが、座席指定の段階で空いている席が少なく、L1非常口座席となりました。

目の前のチーフパーサーはスラッとした30台後半です。
左手の薬指に指輪をしていたので人妻なんでしょう。
まあまあ美人でしたが、ちょっとケバかったです。
一見スタイルが良さそうですが、こればかりは脱がせてみないと分かりません(笑)。

僕は離陸後爆睡。
結局飲み物のサービスを受けられず。
それにしても疲れが溜まっているせいか、熟睡出来ました。

那覇空港には定刻に到着。
早速3FのANAカウンターにてオープン発券しておいたチケットをチェックイン。

友人の女性に島らっきょうを頼まれていたので売店で購入。
それから搭乗時間までSignetで過ごしました。



(那覇-羽田:ANA:プレミアムクラス:株主優待運賃)

プレミアムクラスは満席。
修行僧と思われる男が約5名(僕を含めて)。
僕の隣も修行僧です。

スッチーは、CPが背の高いスラッとして40代前半と思われる女性。
正直、美人ではなかった(笑)。
独身です。

R1のスッチーは20代ですが、濃いもみあげ。
尾崎紀世彦か?お前は。

20:00発なのでお弁当が出ます。
まあまあ美味しかったです。

このフライトは乗客が面白かったです。

まずはシテ席(浣腸・・・いや、艦長席)の男性。
修行マイル管理用エクセルをフライト中ず~っといじっていました(笑)。
まあ、僕もエクセル管理していますが、みんなやることは一緒ですね。

それから3Bのおっさん(推定50代)。
食後フルリクライニング。

5Bのおっさん(推定60代前半)は僕が数えただけでも5回トイレに行っていましたが、そのたびにフルリクライニングした3Bの座席に手をついて行くので端から見ても分かるくらい、3Bのおっさんはイラついていました。

そしてついに5回目のトイレから5Bのおっさんが自分の座席に戻る時、3Bのおっさんが後ろを振り向いて5B座席を叩きました。

5Bのおっさん、すかさず反撃。
3B座席のうしろを叩く叩く(笑)。

それからしばし言い争い。
言い争いと言っても大声ではなく、普通の声でやっていたので気が付かなかった周りの客も多かったと思う。

僕は殴り合いを始めるのではないかと思ってヒヤヒヤしていましたが、結局、尾崎紀世彦スッチーが間に入って収束。

ん~、どちらが悪いかは決められませんが、少なくとも国内線最上級空の旅と謳うプレミアムクラスのシートピッチは747に限っては狭すぎるんですよね。

お互い非常に大人げないと思うのですが、おっさんがこれだから最近の若者はもっとマナーがなっていないのかも知れません。


それから、僕の真後ろのおっさんはCPを捕まえてはデジカメ画像を延々と30分以上得意気に説明していました。
CPも相当迷惑だっただろうな・・・・。
もちろん、笑顔で接していましたが。


羽田には定刻より20分遅れて到着。
そのまま帰宅しました。


  1. 2008/10/16(木) 10:54:09|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月第1週:那覇日帰り往復

毎度お馴染みの日帰り修行です。
今回の運賃はANA特割7、JAL株主優待運賃です。

ここ最近のプレミアムクラス争奪戦に備えて、12時まで仕事して速攻で羽田空港に向かいました。
ちなみに退社する時にチェックすると空席が3席ありました。

出発2時間以上前に羽田空港に到着。
サミットの影響で警備が凄かったです。

車で行ったのですが、駐車場(P3)に知り合いのスッチーの高級車が止まっていました。
どうやら産休から復帰した模様です。
文字通り、知り合いなのですが、旦那が金持ちなので毎回車出勤してます。
出勤するたびに首都高代と駐車場代です。
月これだけでいくら使ってるんだろう・・・・。

ANAは一般用チェックイン専用カウンターが無くなり、従来航空券購入専用のカウンターがチェックインカウンターを兼ねるようになりました。
人員削減・合理化なんでしょう。

ここに並んでプレミアムクラスを申し込むと何と空席待ち。
種別Aの二番目だそうです。

ん~、恐るべし、那覇線プレミアムクラス。

搭乗時間まで長いことSignetで過ごしました。

さて、空席待ちは僕でギリギリOKが出ました。
ふ~。


(羽田-那覇:ANA:プレミアムクラス:特割7運賃から7000円払ってUG)

プレミアムクラスは満席。
修行僧と思われる男が二名いました。

スッチーはチーフパーサーが

この飛行機はJALか?

と思うほどの絵に描いたようなオバハン。

R1のスッチーはすんごいブスでした。
顔が田舎顔なんですよ(笑)。
化粧も濃いし。
チョンマゲを付けたら120%バカ殿だ。
コネ入社間違い無しです。

プレミアムデリは6月までのサンドイッチが無くなり、変なパンになりました。
サンドイッチの方がいいぞ。

フライトは特記事項無く、定刻に那覇空港に到着。

何故かお腹が空いたので到着階でカレーを食べましたが不味かった・・・・。
トホホ。

そしてカウンターにて株主優待のオープン券をチェックイン。

搭乗時間までサクララウンジで過ごしました。
空いていて居心地が良かったです。



(那覇-羽田:JAL:クラスJ:株主優待運賃)

クラスJは満席。
R1の非常口座席にしましたが、目の前のスッチー、ちょっと性格のきつそうな顔でした。
スタイル良かったんですけどね。
性格のきつそうな顔したスッチーを見るケツ叩きたくなります。


寝ようと思ったのですが眠れず。
マッスルを見て過ごしました。

羽田には定刻より10分遅れて到着。
そのまま帰宅しました。



  1. 2008/10/15(水) 10:39:14|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜ベイシェラトン・ホテル&タワーズ)

7月に入って急にレートが安くなったのでここに戻しました。
二人で12000円の激安レートです。

為替レートが去年に比べて円高になっていること、サブプライムローンの影響で都内の高級ホテルも外国人客が減少して稼働率が低下していると日経の新聞で読んだことがあります。

今回のお部屋は24階のデラックスツイン(写真無し)。

二人で泊まりましたが、夜はホテル内の中華で夕飯を頂きました。
  1. 2008/10/14(火) 10:36:39|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の研究環境

今年は日本人(あるいは元日本人)のノーベル賞受賞者が4人も出た。
でも生粋の日本人研究者はその半分の2人である。
いろいろ考えさせられるのであるが、僕が経験して感じた日本とアメリカの研究環境の差は

(1) 研究予算の規模が違う
(2) 分業制がしっかりしている
(3) 学閥が無い
(4) 主たる研究者(テクニシャンを除く)が結果を出せば、その研究者の業績になるようになっている


今思いつくだけでもこんなにある。

僕の今現在の立場である民間企業を除けば、大学や研究所の研究予算は国(つまりは税金)から獲得するか、企業や基金から獲得するしかない。
国の場合、いろんな予算があるが、代表的なものは文部科学省の科学研究費(いわゆる科研費)。
誰でも貰える訳ではなく、研究テーマやその方法を審査の上、支給される。

日本の科研費は使われ方が本当にいい加減で、実際に支給された研究に、適正に(その研究に全額)使われる場合はほとんどなく、例えば若手研究者が獲得した科研費は上司の研究に流用されることがしばしばあるし、買っていない実験用品などのカラ領収証で目的外に使われることもある。
上下関係が原因で、獲得した研究費をまともに自分の研究に使えないのだ。

このあたり、僕は科研費を支給された場合は全例公認会計士が研究費の使われ方に関してチェックを入れるべきだと思っている。


あと、若手研究者の業績をまさに横取りするような教授が本当に沢山いる。
最近は徐々に変わりつつあるが、教授は基本的に一度教授になれば定年までそのポストは安泰だ。
教授になっても活発に研究をやる教授もいれば、とたんにやる気を無くして、若手研究者の業績を横取りするような教授もいる。

今、片手間にとある海外の専門誌の査読(投稿された論文を実際にその雑誌に載せるかどうかを審査する)をやっている。
論文には実際にその論文を書いた研究者の名前の他、複数人の名前が載る。
例えば

「マイルを獲得する最善の方法に関する考察」

と題する論文があったと仮定する。

実際の論文には

マイルを獲得する最善の方法に関する考察
日航太郎、全空次郎、全日三郎、遅延五郎、欠航七郎
日航大学日航学部日航学科


という感じで題名が出る。

名前の順番は非常に大切で、最初に名前が出ている日航太郎はFirst Authorと言って実際に論文を書いた人間だ。
たいてい、最後に名前が出る人(この場合は欠航七郎)はその組織のボスということになる。

論文に関して、その内容に関して責を負う人(要は文責)をCorresponding Authorと言う。
このCorresponding Authorというのは非常に大切で、海外ではある論文に関して、その論文のCorresponding Authorがその研究者を評価する指標になる。

海外ではFirst Author = Corresponding Authorがほとんどだが、日本では異なる人間であることがしばしば存在する。

本来、実際に論文を書いた人間がその論文に関して責を負うべきで、その論文が評価されれば当然の帰結として、それを書いた研究者(First Author)が評価されるべきなのである。

それが日本ではCorresponding Authorがその組織のボスになってしまうことが多い。
つまりは、ボスはFirst Authorの努力・業績を奪っていることになる。
どうも外国人研究者から見ると、これ(First Author=Corresponding Authorでは無いこと)が不思議でならないそうだ。

僕は以前、大学でバリバリの研究者だった時期があるが、研究費は上司に持って行かれるわ、自分の書いた論文(これがまたIFの高い雑誌だったりする)のCorresponding Authorに自分がなれなかったりと、理不尽な事が非常に多く、結局大学を辞めた。

よく新聞で

○ ○大学の○○教授が世界で初めて○○を発見

という記事があるが、この場合、本当に○○教授が発見したのか疑ってみた方が良い。
原著論文を見るとFirst AuthorとCorresponding Authorが違っていることが結構あるのだ。

こういうのが嫌で、アメリカに渡ったまま帰国しない日本人研究者や、有名雑誌に沢山論文が載っているのに助教(昔でいう助手)のままでいる大学研究者を僕は沢山知っている。



  1. 2008/10/12(日) 10:16:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ドイツ出張準備

ドイツ出張はかなり前から決まっていたのですが、具体的な場所が決まったのは3ヶ月前(笑)。
場所はミュンヘンになりました。

ミュンヘンに決まるのが遅かったため、この出張に使う特典航空券は取りあえず前もってNRT-CDG往復(JAL Fクラス)で確保してありました。
で、実際にミュンヘンに決まってから急遽予約の取り直し。

本当にラッキーだったのはミュンヘンへの唯一の直行便であるルフトハンザのFクラスが確保出来たこと。
後半はパリに行く予定でしたが、これまたラッキーな事に復路の全日空便Fクラスも確保できました。

行程は

成田―ミュンヘン(ルフトハンザFクラス)
ミュンヘンーパリ(ルフトハンザCクラス)
パリー成田(全日空Fクラス)


スタアラ特典です。

さて、ホテルですが、調べるとミュンヘンにはStarwood系列のホテルが狭い範囲に沢山ありますね。
このキャンペーンを生かすために毎日違うホテルに泊まる事も本気で考えました(笑)。
以前サンディエゴの時に二泊ごとに違うホテルに泊まったのを思い出します。

でも今回は余り自由時間が無いので一泊目(到着当日)はフォーポイント(税込み70ユーロ)、残りは駅近くのメリディアン(一泊税込み200ユーロ)にしました。

パリは三年連続Westinです。
今年は改装したらしいのでどんなお部屋か楽しみです。
不景気の影響か、昨年よりレートが下がっています。
今回は一泊税込み360ユーロ。
ちなみに去年は469ユーロ、一昨年は379ユーロでした。
おまけにここ最近のユーロ安で去年に比べてかなり安く泊まれます。

欲しい物も無いので、今回は余りお買物はしないと思います。

さて、大学の頃に履修した第二外国語がドイツ語でしたので、その知識をいかんなく発揮しようと思います・・・・と言いたいところですが、ほとんど、いや、全く理解不可能だと思います(笑)。


  1. 2008/10/11(土) 10:50:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポイント・マイル関係サマリー(6月末時点)その4

その他のポイント関係です。


(楽天スーパーポイント:95000)

ほとんどポイント10倍キャンペーンのお店でのみ使っています。
おまけに楽天でのお買物はへそクリックを踏んでいますのでへそクリックのポイントも溜めています。
あと、JAL国内線は楽天トラベル経由で決済すると1%ポイントが溜まります。
修行僧にとっては結構大きいです、これ。

期間限定ポイントのキャンペーンは余り魅力がありませんね。


(Yahooポイント:110000)

Yahooカード保有者を対象にしたポイントキャンペーン(しかも全店です)の時にお買物しているので結構溜まります。
あと、G pointのポイントもここに集約させています。

Yahooショッピングのポイントキャンペーンは全店対象なので、ここ最近は楽天ではなくてYahooでお買物しています。



  1. 2008/10/09(木) 10:49:57|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポイント・マイル関係サマリー(6月末時点)その3

前回、前々回に引き続きクレジットカード関係です。


(Diners Premium:枠不明:2100ポイント:210000マイル相当)

今年前半はキャンペーンがあったのでこのカードをメインに使いました。
前にも書きましたが、ANAマイルには年間4万マイル(400ポイント)までの移行制限がありますのでご注意を。
後半はこのカード、使いません。
もう前半で400ポイント稼いでしまいました(笑)。


(American Express 平:枠不明:4000ポイント:4000マイル相当)

今年前半はキャンペーンで一ヶ月だけちょっと使った程度でしたが、後半はトリプルポイントキャンペーンがありますので現在メインで使っています。
他のクレジットカードが美味しいキャンペーンをしない限り、一年間はこのカードがメインカードとなります。
マイル移行に結構手数料がかかりますが、クレジットカード決済が多い方は十分もとが取れると思います。


(JALカード:Diners:枠不明)

JALの航空券決済でのみ使用しています。
自動マイル移行です。


(ANAカード:Master Gold:枠300万:15000ポイント:150000マイル相当)

ANA航空券決済でのみ使用しています。
Edyチャージへのポイント廃止、まいペースリボの二倍ポイント廃止でANA航空券やショッピングアルファ・グルメマイル以外は全く魅力のないカードになってしまいました。
今年、枠が250万から300万に上がりましたが、そんなに使わないっつうの。
ボーナスポイントはTポイント経由でANAマイルに移行しています。



(NICOSプレミオ:枠70万:スマイルポイント18000、わいわいポイント2800)

収納代行廃止に伴って利用頻度・額が激減しました。
Edyチャージのみに使用しています。
しかしそのEdyはクレジットカード使用不可・Edyは使用可能なお店のみで利用していますので、結局少額決済です。


(NICOSセサミストリート:枠70万:スマイルポイント22000、わいわいポイント2300)

NICOSプレミオ同様の使い方です。
結局二枚NICOSを持っていますが、将来的にはセサミストリートに統一しようと思います。




(OMCカード:枠100万:5400ポイント:2700マイル相当)

去年までは海外渡航の際の外貨購入で使っていましたが、今はSAISON Gold JCBで購入しているので全く意味無しカードになってしまいました。
将来的にも利用する機会はほとんどないと思います。
解約検討カードです。


(OMC Jiyuda:枠100万:6400ポイント:4200マイル相当)

収納代行が廃止されたのでこのカードも意味無しカードです。
現在全く利用していません。
解約検討カードです。


(アプラスSmile Personal:枠60万:6300ポイント:63000マイル相当)

使い方に工夫が必要ですが、現在10000円で200マイル以上が頂ける唯一のカードです。
今はキャンペーンでAMEXがメインカードになっていますが、キャンペーンが無かったらこのカードがメインカードになっていると思います(笑)。
今は鈴与での給油でのみ使用しています。

マイル移行に関する改悪の噂があります。



(楽天カード JCB:枠50万)

全く使っていません。
ポンカンキャンペーンがあるから持っているようなものです。


(Yahoo! Master:枠10万円、笑)

枠増えませんね(笑)。
楽天カード同様、Yahooショッピングでたまにやるポイントキャンペーンにために持っています。
全く使っていません。



  1. 2008/10/08(水) 10:23:08|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポイント・マイル関係サマリー(6月末時点)その2

本題の前に、ここ最近JALANAも株価が下がり続けています。
特にJALは買い時かなと思います(僕は買いませんが、買う方は自己責任で、笑)。


前回に引き続き、今回はホテル関係のポイントです。


(SPG:138000ポイント:23泊)現在プラチナ


去年よりしょぼいですが、ほぼ一年中ボーナスポイントのキャンペーンをやっているせいでどんどん溜まっていきます。
マイルに換算すると170000マイル相当です。
今まで結構なポイントをマイルに移行してきましたが、まだこれだけポイントが残っています。

今年は2月から横浜シェラトンの大幅値上げ、および6月からパシフィック東京のスターウッド離脱に伴い、去年より宿泊頻度が低下しています。
ただし、7月から横浜シェラトンが値下げしていますので、後半は横浜シェラトンを中心に宿泊しようと思っています。



(PCR:35000ポイント:26泊)現在ゴールド・アンバサダー


ほぼ毎週ホリデイ・インに宿泊しているので今年は宿泊数でプラチナに到達予定です。
また、横浜シェラトンの値上げで横浜インターコンチの方が安く泊まれますので6月の横浜ステイは全てインターコンチでした。

僕の場合は宿泊数の半分以上がホリデイ・インなので自動マイル移行にしています。
航空会社のマイルに限定すると、PCRよりSPGに方が率がいいですが、今年はSPGのキャンペーンがしょぼいのでほとんど両者同等と考えていいと思います。

今年後半はSPGキャンペーンと比較しながら、横浜インターコンチにも宿泊しようと思っています。



  1. 2008/10/07(火) 11:24:55|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポイント・マイル関係サマリー(6月末時点)その1

6月末時点でのマイル・ポイント関係のサマリーです。


JAL:670000マイル:78000 FOP

特典航空券関係では

(1)NRT-CDG (F)、CDG-NRT (F):確保済みでしたがスタアラ特典が取れたためキャンセル。
(2)NRT-ORD (F)、JFK-NRT (F):確保済みでしたが出張が無くなったためキャンセル。
(3)NRT-JFK (F)、JFK-NRT (F):往路確保、復路空席待ち。

JALは去年よりF/Cクラスの特典航空券が明らかに確保しにくくなっています。
One World加盟に加えて、恐らく陸マイラーがJALに流れているものと想像しています。
ただし、JALの特典航空券空席待ちはF/CでもDIAに関してはANAよりはるかに最終的には確保できる可能性が高いです。
実際にNRT-ORD、JFK-NRTのFが落ちてきました。
ANAだったら空席待ちのFクラスが落ちてくることはまずありえません。



(ANA:570000マイル:40000 PP)

年末にDIAまで到達できる見込みです。
当初はPLTで諦める予定でしたが、マイルを思いの他大量に保有しているのでANAマイレージ会員の中で特典を取りやすいDIAまでがんばります。

特典航空券関係では
(1)HND-GMP (Y)、GMP-HND (Y):玉砕
(2)NRT-IDA ( C)、JFK-NRT ( C):玉砕
(3)NRT-CDG ( C)、CDG-NRT ( C):玉砕
(4)NRT-MUN (F)、MUN-CDG ( C)、CDG-NRT (F):スタアラ特典、確保済み
(5)NRT-ORD (F)、JFK-NRT ( F):空席待ち
(6)NRT-CDG ( C)、CDG-NRT ( C):空席待ち
(7)NRT-JFK ( F)、JFK-NRT ( F):空席待ち


ANAは従来、特典枠の総数がもともとJALより少ない上、陸マイルで貯めやすかったこと、および昨年のキャンペーンでDIAを量産したこと等が影響してC/Fの特典航空券は相変わらず確保しにくいです。
DIAにも関わらず今現在で1勝3敗

特に欧米線のC/Fクラスは、空席待ちになるとDIAでも最終的に厳しいです。
Fクラスに至っては空席待ちで落ちてきた経験が一度もありません。
もっと座席調整をしっかりやって効率的に特典枠に流せば負債(会員の保有するマイル)も減るのにと思います。

一昨年あたりから陸マイラー排除に躍起になっている全日空ですが、大量にマイルを保有している陸マイラーと昨年量産されたDIAの影響が薄れてくるのは来年以降だと思います。

正直な話、ANAはマイルを消費して早く縁を切りたいというのが本心です。
陸マイラーも空マイラーも、特典航空券のGETを目的とした場合は、一年前の特典受付開始時間と共に確保してそのまま実際に旅行できる(一年後のお休みを確定できる)人を除いて、JALにしたほうが精神衛生上良いです(笑)。



  1. 2008/10/06(月) 10:58:18|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

PCRゴールド・アンバサダー向けUG状況(クラウンプラザANA成田)

普段はホリデイ・イン水戸に泊まる予定がANA Crownホテルのトリプルマイルマイルキャンペーン(現在は終了)に釣られて更に南下してここに泊まってきました。
初めての宿泊です

8000円の最安値レート。

お部屋は奥のダブルルームでした。

0806CPN1

0806CPN


恐らくお部屋は改装したお部屋かと思いますが、いかんせん防音が余り良くありません。
ただし、ベッドの寝心地は良いです。

PCR会員は14時までレイトチェックアウトが可能です(ちなみにホリデイ・イン成田は16時まで可能です)。

インターネットは有料。
駐車場は無料です。

まあ、キャンペーンが無かったらホリデイ・イン成田の方が良いですね。


  1. 2008/10/05(日) 12:14:34|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCRゴールド・アンバサダー向けUG状況(ヨコハマ インターコンチネンタルホテル)

アンバサダー資格取得後の初宿泊です。
今回もホテルHPより激安12000円のレート。

お部屋のUGを期待していましたが、若干高層階にしてもらった程度。
実質UG無しですね。
エレベーターに近いお部屋ですし(笑)。

0806ICY1


アメニティーとしてフルーツとチョコレート、そしてお水が置いてありました。

レイトチェックアウトは16時まで。
これが一番嬉しいです。



  1. 2008/10/04(土) 14:59:54|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こんなデータに意味があるのか?

全国がんセンター協議会という団体が、加盟する施設の治療成績を公表したそうだ
こんなの比較して意味あるのかな?と思う。

癌の治療成績はその癌の進行度のみならず、患者の年齢、栄養状態、合併症によって異なるからだ。

例えば、肺癌の同じ進行度でも50代の患者と80代の患者では当然前者の方が治療成績が良い。
高齢になると抗癌剤の使用も制限されるし、要は体の抵抗力が弱いからだ。
同じ進行度でも合併症の多い患者ほど治療成績は悪い。

癌専門病院や大病院の場合、癌患者のほとんどは他病院からの紹介患者で占められるという。
最近、この手の病院は見かけ上の治療成績を上げるために受け入れる患者を選別していると聞いたことがある。

例えば80代の患者は紹介元の病院に送り返し、いろんな治療に耐えられる比較的若い患者のみを受け入れるとか。

つまりは、同一条件(年齢、栄養状態、合併症など)での比較でなければ意味が全くないのだ。

公表されている数値を見て、

「この病院は治療成績が良いからさぞかし素晴らしい治療をしているのだろう」

と考えるのは誤りである。


その証拠に、膵臓癌を患った僕の祖父は以前築地の病院に紹介されたがその病院では治療できないと言われて、地元の病院で治療し、最終的には他界した。
もちろん医学的に治療できない訳はないのであるが、要は、ウチの病院では治療できませんよ、ということなのだ。


その時、地元の病院の主治医が言っていた言葉が忘れられない。

「あそこは治りそうな癌患者しか受け入れてくれないんですよ」


  1. 2008/10/03(金) 11:34:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全日空特典航空券三連敗

一昨日、空席待ちだったNRT-CDG、CDG-NRTのANA Cクラス特典航空券が玉砕しました。
これこれを含めて、今年に入って三連敗です(笑)。

トホホ。


  1. 2008/10/01(水) 08:52:03|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。