日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思い出は尽きない

前回の続き。

ここで以前10歳年下の女子大生と付き合ったことがあると書いたが、まさしくその時彼女がくれたペンだ。

僕が今までお付き合いした女性でもトップ3に入る可愛い女性だった。

御嬢様育ちのとても純粋な女の子であったが、当時門限が厳しくてとても苦労した記憶がある。

お泊まりデートなんてもってのほか。

卒業旅行と称して北海道に一緒に旅行したのが最初で最後であった。

もちろん、親には友人と一緒に旅行すると嘘をついて。

しかし門限より一番困ったのは彼女が童顔であったこと。

そう、端から見ると異様なカップルに見えるのだ。

どのくらい童顔かと言うと、

「美容院で中学生に間違われた」

と言うくらい(笑)。

例えば、食事をするときにレストランに入る。

周りの客が明らかに変な目で僕らを見るのだ。

恐らく周りの人間からは援助交際と思われていたのかも知れない。

例えばこの写真。

ミラドー



ここで食事した時のものだが、この時も隣のテーブルの客から非常に冷たい視線を感じた。

普段のデートでもなるべく電車には乗らず、車で移動したのもそれを気にしてのことだ。


でも一番の思い出は、彼女の卒業式に出たこと。

「卒業式に来てね」

と言われて、会社を休んで出席した。

親ではない、僕が行ったのだ。

30過ぎの男が女子大の構内に堂々と入れる機会なんて滅多にないだろう。

これはその時の貴重な写真。

卒業式



結局、卒業してから半年後にお別れした。

詳しい理由は思い出せない。

僕の仕事がとても忙しくなった時期でもあり、デートする回数も減って疎遠になったのが理由だと思う。


手紙を書くのがとても好きな女性だった。

ことあるごとに僕に手紙をくれた。

海外出張の前にはこんな手紙をくれたこともある。

letter


今思い出しても、とても純粋な子だった。

恐らく彼女の中では、最初の男として僕は永遠に記憶に残るのだろう。



彼女のような純粋な心はもう僕には戻ってこない。

段ボールの中から手紙を取りだし、スキャナーに読み込む。

そしてその手紙はシュレッダーで破棄。

僕にしてみればまさしく断腸の思いであるが、将来のためには仕方あるまい。


スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 10:36:17|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の一枚

これを機会に会社のロッカーへ避難させた段ボールを整理していたらこんなものが出てきました。
思い出の品なので早速スキャナーで取り込んでみました。

ferris



詳細は次回ということで(笑)。



  1. 2008/04/28(月) 09:47:40|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月第2週:那覇日帰り往復:JAL:特割7運賃

今年は予約客が少ないのか、特割7が時期によっては非常に安く設定されていました。
先得運賃+1000円から2000円位です。
特割7の場合はFOPが400ポイント追加加算されますので、修行僧にとってはお得感も大きいです。

今回はこの特割7を使ってしゅっ、修行してきました。


(羽田-那覇:普通席:特割7)

去年までは15:50の便でよく修行したものですが、今年はこの便がありません。
仕方なく14:25発の便で修行する訳ですが、会社を13時に出るので羽田ではDPラウンジでのんびりする時間もありません。
今回は保安検査場も一般レーンで通過しました。

後部座席を指定しましたが、機内はガラガラ。
睡眠不足を補おうと、爆睡する予定でしたが、揺れがひどくて眠れず。
トホホなフライトとなりました。

担当スッチーは可愛くないですがプライドだけ高そうな感じの女性でした。
JGP向け挨拶無し。
今回は空弁食べているときに飲み物のお伺いがありました。

那覇空港には定刻より10分遅れて到着
本当に着陸できるのかな?という位着陸直前まで揺れていました。

この飛行機は折り返しセントレア行きですね。


外で一服してから復路便のチェックインとマイル登録、そしてクラスJの空席待ちを入れました。
種別Sの4番です。

お腹が全く空いていなかったので、カードラウンジで一時間過ごしました。
ここ、有線LANでネットが出来ると有り難いんですけどね。



(那覇-羽田:クラスJ:特割7)

そんでもって、クラスJは無事に取れました。
実際には3席空席がありましたので、空席待ちの人は全員OKだったみたいです。

ちなみに僕の隣は完全に修行僧です。
一見修行僧には見えませんが、僕には分かります(笑)。

さて、今回の担当スッチーは今年一番のヒット。
美人・・・というより、可愛かったです。
どうしても今の彼女と比較してしまうのですが、彼女より可愛かった・・・・(笑)。

往路同様、復路も揺れがひどかったです。
従って全然眠れず。
トホホ・・・・。

羽田空港には定刻に到着。
そのまま帰宅しました。

ふ~、疲れた・・・・。


  1. 2008/04/27(日) 10:51:37|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月からのSPGキャンペーン

4月のキャンペーンと同じ内容です。

0805SPGキャンペーン


実は最近横浜シェラトンには全く泊まっていないのです(笑)。
5月はちょっと泊まってみようかな・・・・。


  1. 2008/04/25(金) 10:56:19|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マイラーな日常生活(G point)

今回試したのはわかさ生活のブルーベリー・アイ
たまにテレビCMで見かけます。
北欧産野生種のビルベリーエキスを160mg配合というよく分からない健康食品です(笑)。

ブルーベリーアイ



送料込みで1680円。
これで500G(JAL 250マイル)頂けます。

しっかり服用しましたが、効果は

よく分かんねえ


  1. 2008/04/24(木) 10:28:49|
  2. マイラーな日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ)

今回は27階のシングルルーム。
つまり・・・・事実上UG無しです。
トホホ。

0801YBS4


やっぱり狭いわ。



  1. 2008/04/21(月) 10:48:06|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第4週:那覇お泊まり復路:JAL:バーゲン運賃

(那覇-羽田:JAL:クラスJ:バーゲン運賃)

常宿の朝食は6:30スタートです。
この時間に合わせて早起きしました。
お泊まり修行にもかかわらず完全に寝不足です(笑)。

チェックアウトしてホームでゆいレールを待っていると、前日僕とほぼ同時刻にチェックインした女性がホームで待っています。
修行尼かな???
彼女はANA側に歩いていきました。
修行尼かな?と思った理由は・・・・匂いがプンプンしたからです(笑)。

まあ、僕が見た修行尼の特徴・・・・。
色気がない(笑)。

さて、サクララウンジはスルーして搭乗口で普通に待っていました。
ラウンジも一昨年と比べると混雑がひどいです。
拡張を希望したいですね。

さて、機内は満席。
僕はず~っと寝ていました。
従って飲み物のサービス無し。
JGP向け挨拶も無し。

羽田空港には定刻に到着。
そのまま会社に向かいました。


  1. 2008/04/18(金) 11:13:17|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1月第4週:那覇お泊まり往路:JAL:バーゲン運賃

僕は平日のど真ん中に修行することが多いです。
理由は簡単。
空いているからです。

でも今回は金曜日にしゅっ、修行です。
この日は定時に退社しました。
普段深夜まで仕事しているので堂々と定時退社しました。

今回は電車で羽田空港へ。
この時期の那覇お泊まり修行ではコートが邪魔になるのですが仕方ありませんね。

座席指定していなかったのでチェックイン機で空席を探すと・・・・。
ほとんどありません。
トホホ。
平日ど真ん中のこの便は空席だらけなんですけどね。

適当に座席を指定してカウンターでクラスJへの空席待ちを入れました。
種別Sの四番目です。
まあ、大丈夫でしょう。

DPラウンジはスルーして搭乗口へ。
呼び出し時間になりましたが、クラスJ空席待ちが沢山いますね。
結果は難なくOKです。
種別Aの途中まで大丈夫だったみたいです。


(羽田-那覇:JAL:クラスJ:バーゲン運賃)

それにしてもやっぱりバーゲン期間だけあって、修行僧の匂いをプンプン漂わせている男が多いです(笑)。
この時間帯の搭乗だと間違いなくお泊まり修行です。

前にも少し書きましたが、修行僧の匂いとは

(1) バーゲン期間、那覇線の男一人搭乗である
(2) どう考えても一人旅しそうにない男
(3) 恰好
(4) 手荷物が異様に少ない

です。

機内は満席。
隣の男は鼻ほじってばっかりいました。
気持ちわりぃ。

R側にもかかわらず、担当スッチーは恐らく30台後半の女性。
というか、この便、クルーの平均年齢が高かったです。

JGP向け挨拶有り。

那覇空港には定刻より早く到着。
そのまま常宿に向かいました。


  1. 2008/04/16(水) 13:52:29|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

21歳年下

沢尻エリカの恋人である高城剛氏って43歳・・・・。

21歳年下の彼女言うことか。

昔10歳年下の大学生と2年間付き合ったことはあるが、僕の21歳年下だと・・・・・これはもう犯罪だ。
というか、今の僕に言わせると22歳前後の女性ってカラダ以外に魅力を感じない。

会話も噛み合わないだろうし、つまらない笑い話しか出来ないだろう。

実際、会社の22歳23歳のOLとプライベートな話しをしても、振り返って大した内容ではないのだ。

僕の人生の悩みとか、仕事の相談とか、そんな深刻な会話ができるとは到底思えないし、ましてや何かアドバイスがもらえるとは思えない。

政治経済の話とか、国際問題の話とかするにはそれなりの学歴・学識も必要だろう。

僕も歳を重ねると、付き合う女性はそれなりの人生経験がある方が魅力的に感じるのだ。

でも21歳も年下のオンナにどっぷり浸かってしまうと高城氏も自分と同年代の女性とはもう付き合えないのではないか?


だって、


やっぱり胸や肌のハリが違いまっせ、30代や40代とは



でも正直言うと、ちょっとだけ羨ましい(笑)。


  1. 2008/04/14(月) 13:00:16|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

尿道炎

会社の同僚が尿道炎に罹ったらしい。

何て痛そうな病気なんだろう。

そのキーワードを聞いただけで尿道のあたりがチクチクしてくる。

おしっこするのがとっても怖い行為にさえ思えてくる。

勢いよくおしっこするのがすんごい辛そうなキーワードだ。

正直に告白してしまうと、過去一回病を患ったことがある。

運が悪かったのか、あるいは免疫力が弱かったのか知らないが、98年に一度あるだけだ。

原因は明らかだ。

生理中のスッチー(合コンで知り合って四回目のデート)に生入れしてしまったのだ。

潜伏期間、心当たり、あらゆる面から考えてもそのスッチー以外思い当たる節がない。

1週間後、会社でおしっこをしたら針で突き刺すような痛みが僕の尿道を襲った。

何回おしっこしても痛みは収まらない。

それどころか、ひどくなっているような感じさえした。

翌日、痛みに耐えかねた僕は、恥を忍んで会社近くの病院の泌尿器科へ行った。

初老の先生は試験管に入れた僕の尿を顕微鏡で見ると、まるでヒデヨ・ノグチが黄熱病の病原体を発見した時のような熱い眼差しで眼鏡のフレームから上目越しに僕を見て

「膿がでてるねぇ」

とおっしゃった。

その目は、明らかに僕に対して、

「おめー、いい加減にしろよ。生理中にナマ入れなんかしてんじゃねーよ。俺なんかもう、13年もご無沙汰だぜ

と語りかけているように思えた。

僕は必死にその場の屈辱に耐えた。

「パンツに膿とか、つかない?」

先生が言う。

「ええ。それはないです」

「そう。じゃ抗生物質出しておくからね。3日飲んで、まだ治らなかったらまた来てね」

ヒデヨ・ノグチは勝ち誇ったような口調で僕に言った。

そのときちらっとカルテを見るとそこには確かに

「クラミジア尿道炎」

という文字が確認出来た。

打ちひしがれて港区にある某病院を後にした。

薬をもらうために薬局の前のベンチに座っている時も、いつもだったら必死になって見つけだそうとするナースのパン線さえ今日はどうでもいい気分だった。

この屈辱的な気持ちをどこへぶつけたらいいものか、とにかく今までに味わったことの無い不安と恥ずかしさが混じった気持ちだった。

会社へ戻っても、とても仕事する気にはなれなかった。

何といっても僕は病気持ちである。

当時付き合っていたマリエちゃん、僕は汚れてしまったんだ。

ごめんね。

タイミング悪く、その時僕の尿道に雑菌を仕込んだスッチーから電話がかかってきた。

「もしもし、わたし。今福岡のホテルに着いたの」

どうやら今日は福岡ステイらしい。

もう二度とゴメンだ。

実は自分がゴムを付けないでヤったことが一番悪いのに、全てをそのスッチーに責任転嫁した僕は、

「うぜえよ、アホ!」

ぷちっ。

電話を切ってしまった。

当時の僕は怖いもの知らずだったのだ。

勿論そのスッチーからは二度と電話はかかってこなかった。


今思うと凄く悪いことをしたと思っている。

結局2回の通院で1週間抗生物質を飲むことで病気は治った。

治るまでの日々はおしっこをするたびに痛みに怯える日々だった。

もうこんな思いはゴメンだ。

何よりも健康保険証に泌尿器科のハンコが残されると言うのは気まずいものである。

それ以来どんな相手に対しても慣れるまで付けることを忘れないようになった僕だ。

痛い思いをして初めて習慣にすると言うのも悲しいが、学習だ。




  1. 2008/04/13(日) 17:01:14|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ)

今回は27階の普通のツインにUG。
ちょいUGという感じでしょうか。

0801YBS3


よく考えるとここは通算50回以上宿泊していますが、スイートルーム(ジュニアスイートを含む)へのUGなんて一回もありません。


  1. 2008/04/12(土) 10:33:38|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚

これって嫌がらせだろうか?(笑)


鈴与


  1. 2008/04/10(木) 13:01:46|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第3週:那覇日帰り往復:JAL:バーゲン運賃

開幕ダッシュの修行は続きます。
前回同様、半休を取っての修行です。
僕の場合、有給が約40日余っています。
うちの会社は前年度に余った有給がどんどん累積されていきます。

お昼過ぎまで仕事したので羽田空港到着は14時。
チェックイン締め切りぎりぎりでした。


(羽田-那覇:普通席:バーゲン運賃)

DPラウンジに入る余裕もなく、セキュリティーだけ通過。
とは言っても一般レーンも空いていました。

優先搭乗は恥ずかしいので、一般搭乗に並んで機内に入ります。
後部座席の普通席を予約しましたが、機内の通路を歩いていると・・・・。
今度は前の彼女の後輩を発見(笑)。

このスッチー、いろいろ面白い人生を歩んでいます。
ブログネタとしては面白いのですが、ここに書きたくても書けないです。
まあ、他にもJALやANA絡みの面白い話はいろいろあるのですが、不特定の方がいらっしゃるブログなので控えています。
ホントは書きたいんですけどね。

このスッチー、僕に満面の笑顔で挨拶してきましたが、どうやら僕の事は記憶にないみたいです(笑)。
目の周りのシワが増えたような気がしますが、プレート見ると名字が変わっていなかったのでまだ愛人・・・・いや、独身なんでしょう(爆)。

JGP向け挨拶有り。


那覇空港には定刻に到着。
降機して搭乗ゲートの掲示板を見るとこの飛行機、中部国際空港に行くみたいです。
先週まで羽田折り返しだったんですけどね・・・・。

そんな訳で、予定便より一つ前の便に乗ろうとカウンターまでダッシュ。
発券&マイル登録後、クラスJの空席待ちを入れました。
種別Sの2番です。

そして呼び出し時間近くまでカードラウンジで過ごしていました。


(那覇-羽田:クラスJ:バーゲン運賃)

難なく前便のクラスJをゲット。
種別A3番まで大丈夫だったみたいです。

今回は非常口座席。
L1のチーフパーサーは30代後半か?
なかなか色っぽい美人でした。

担当スッチーもなかなかの美人でしたが、芸能人に例えると

肌が荒れた伊東美咲

です。

JGP向け挨拶無し。

羽田空港には定刻より少し早く到着。
そのまま帰宅しました。




  1. 2008/04/08(火) 11:03:35|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の出来事

僕「実は・・・・」

彼女「なに?」

僕「あのー、やっぱりいいや」

彼女「そこまで言ったんだから言いなさい」

僕「えーと、実は今日飲み会で」

彼女「いくらいるの?」

僕「えっ、あーやっぱりいいよ。このあいだ借りたばかりだし」

彼女「いくらいるの?」

僕「え、2万」

という訳で、今期三回目のお花見参加できました。

  1. 2008/04/06(日) 13:20:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

この人よく分からん

ドキュメンタリー映画「靖国」の上映が中止に追い込まれているそうだ。
新聞各社、産経までも批判的な社説を掲載しているが(それでも産経は産経らしく最大限抵抗している文面なのだが)、伝統と創造の会という会の代表である稲田朋美議員がテレビで釈明に追われていた。

この伝統と創造の会、

日本の良き伝統と国家の品格を守る

という大義を掲げています。

個人的にこの稲田朋美という人物は大嫌いなのだが、彼女は男女共同参画社会にも反対している。

そもそも日本の良き伝統を守る、男女共同参画社会に反対と仰るのなら

女は出しゃばるな
女性は家庭に入り、家庭を守る


に則って、国会議員なんか辞めて専業主婦になり、自分から世間にお手本を呈示すればいいのに。

それとも自分だけは特別な存在なのだろうか?


  1. 2008/04/04(金) 11:20:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ)

今回は18階のデラックスツインにUG。

0801YBS1



泊まった週は体調が最悪で、横浜の病院に勤務している高校の同級生に頼み込んで往診に来てもらい、お部屋で点滴受けました。
トホホ。

0801YBS2


この場を借りてお礼申し上げます(見てねえよ、笑)


翌日、朝食はパスしました。


  1. 2008/04/03(木) 10:45:35|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイナースキャンペーン



ダブルポイントのキャンペーンです。
プレミアムカードの方はトリプルポイントですね。
実際には正確に3倍ではなく、最大3倍ということですが。

ここ最近クレジットカードのポイントプログラムは各社で改悪続きですので、これは結構美味しいです。



  1. 2008/04/02(水) 10:21:59|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第3週:那覇日帰り往復:JAL:先得運賃

今年もいつ国内線運賃が値上げされるか分かりませんので修行も開幕ダッシュです(笑)。

今回は仕事終わったのが13時過ぎだったので、DPラウンジに入る余裕はありませんでした。
トホホ。


(羽田-那覇:普通席:先得運賃)

やっぱり後部はがら空きです。
担当スッチーは完全なるオバハン。

The Obahan

という感じです。

お昼ご飯は空弁を買い込んで機内で食べましたが、真横をスッチーが通ったにもかかわらずおしぼりくれませんでした。
もう何回も書いていますが、こういう痒いところに手が届くサービスはANAが一枚、いや、二枚上手です。
機内でVステーション云々とか流していますが、実践できていなければ何の意味もありません。

マニュアルの行間を埋めるような行き届いたサービス

ってこういう事なんじゃないのか?
ちなみに、JGP向け挨拶無し。

那覇空港には定刻に到着。
復路便のチェックイン&マイル登録してから外で一服。
都内は真冬でも、那覇ではコートなんか必要ない気温です。
感覚的には10月上旬くらいでしょうか。
そしてカードラウンジで一時間ほど過ごしました。

それからサクララウンジへ。
今回は空いていました。


(那覇-羽田:クラスJ:先得運賃)

クラスJは満席です。
空席待ちは種別BでもOKだったみたいです。

担当スッチーはやたら顔のデカいスッチーでした。
さて、飲み物のサービスが終わって、クラスJの見回りにやってきたのは・・・・。

彼女の上司じゃん(笑)。

とは言っても前のグループの上司です。
SUのはずなのだが、何故かL2を担当していました。

一回飲みに行ったことがあるのですが、彼女は僕に気づいたような感じでした。
僕は寝たふりしました(笑)。

JGP向け挨拶無し。

それ以外は特記事項無く羽田に到着。
電車で帰宅しました。


後日、その上司から彼女に、僕を機内で見かけたという電話がありました。
悪いこと出来ませんな(笑)。

ふ~、バーゲン運賃でなくて良かった。







  1. 2008/04/01(火) 11:15:50|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。