日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月第1週:羽田-伊丹4往復:ANA:普通席:回数券運賃8/20

この日は朝から全日空で羽田-伊丹往復修行です。
羞恥プレイ回避と、どんなパターンで機材が運用されているのかを調べるため、朝一番の便以外は予約しないで行きました。

羽田空港には電車で5時45分に到着。
第一ターミナルで降りて、早速ル・シエールに向かいます。
6時に開店なので、開店と同時に入店。
朝ご飯を頂きました。

第一レグ目は7時ちょうどに出発なので急いで食べて、徒歩にて第二ターミナルへ。
自動発券機にてオープン券を含めて、4枚発券。
それにしてもスタアラゴールド・SSP向けのカウンターは一般カウンターより長い行列でした。
何でみんなわざわざ混んでるカウンターに並ぶのだろうか???


(1レグ目:羽田-伊丹)
ほぼ満席。
スーツ着た人ばっかりです。
かく言う僕は私服です(笑)。
優先搭乗に長蛇の列。
凄い会員数ですね。

何故か座ってすぐ、挨拶有り(挨拶率1/7=14%)。
前日午前様でほどんど寝ていないので爆睡。
着陸の衝撃で目が覚めました。
それにしても飛行時間が短いですね。

搭乗口を出て掲示板を見ると、この飛行機は札幌に向かうみたいです。
ということは、9時発の便に乗れますね。
早速携帯から予約&航空券登録。
非常口はおろか、通路側・窓側すら確保できない程の混み具合でした。


自動発券機にてチャックイン後、カウンターへ。
通路側が空いていないか聞くと
「全て予約で埋まっております。でもDIA会員様ですので、空きが出ましたら自動的に変更しておきます。Skipの締め切りが出発時刻8分前ですので、申し訳ありませんがそれが過ぎてから搭乗口を通過してください」
と。
これってDIA向けサービスなんですかね?


さて、Signetへ。
結構な混み具合です。


(2レグ目:伊丹-羽田)
結局自動的に通路側にアサインされました。
半券には赤字で訂正してあります。

僕はまたもや爆睡。
羽田には定刻より10分遅れて到着。
羽田空港第二ターミナルは飛行機からの出口と入り口の階が異なるので、この便が果たしてどこに行くのがすぐには確認できず。
一旦外に出て出発階に急いで、掲示板にて確認。
そうすると、次の伊丹行き(11時発)、搭乗ゲートが異なるので同一クルーではないですね。

早速携帯から予約&航空券登録。
次に自動発券機にてチェックイン。
こちらも通路側が確保できず、カウンターにて申し込むと、搭乗口で申し込んでくれと。
どうやら面倒くさがりKDに当たってしまったようです。
「伊丹ではカウンターでやってくれたんだけどね」
と嫌味を一言残して搭乗口へ。


(3レグ目:羽田-伊丹:普通席)
で、結局通路側は確保できず。
トホホ。
伊丹着陸までじっと我慢なのでありました。

搭乗前に売店で売っていた夕張メロンパンを買いましたが非常に美味しいです。
高いのが難点か・・・・。

伊丹到着後、搭乗口の掲示板を見るとこの機材は折り返し羽田に戻りますね。
ということは、同一クルーですので一つ後の便(14時発)を携帯から予約。
通路側が確保できました。

到着口横にある発券機にて航空券登録。
その後、今日二回目のラウンジオーサカで搭乗時間まで暇つぶし。


(4レグ目:伊丹-羽田:普通席)
満席です。
トホホ。
でも通路側なので少しはのんびり出来ました。

羽田空港に到着後、そのまま帰宅しました。

よく考えると、同一クルーに遭遇することなく、ANAでは一日6レグ可能ですね。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/30(金) 09:29:54|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月サマリー

毎度のごとく遅くなりましたが2月のサマリーです。

JAL 約70000 FOP
ANA 約3000 PP

今月の中心は出張での羽田-伊丹往復。
来月からは極端に飛行機に乗るのが少なくなります。
このブログも更新頻度が落ちると思いますがご了承ください。

さて、現時点での保有マイル・ポイントは
JAL 730000マイル
ANA 430000マイル

Diners club 1800ポイント(ANA 180000マイル相当)
SFC-Master 24000ポイント(ANA240000マイル相当)

SPG 76000スターポイント(JAL・ANA76000マイル相当)
楽天 27000スーパーポイント(ANA 13500マイル相当)

こんな感じです。
その他、Gポイント、ちょびリッチにもまとまったポイントがあります。


さて、今回紹介するお宿は鹿児島県妙見温泉のここです。
忘れの里雅叙園と並び、妙見温泉を代表するお宿の一つです。

旅館ってチェックイン時間は15時が多いのですが、このお宿は一時間遅い16時です。
明らかに要改善です。
ちなみにチェックアウトも10時です。


建物は綺麗な建物で、人気の無い温泉地が復活する条件、綺麗でお洒落な旅館といういかにもと言った感じ。
我々の泊まったお部屋はフロントのすぐ横にありました。

お部屋


恐らく12畳位でしょうね。
必要にして十分な広さです。

大浴場が23時までの入浴なのにお部屋に内風呂が無いのは正直興ざめでした。

大浴場


要は早寝しろということなのでしょう。

お風呂は外来客にも開放しており、我々が泊まったときの結構の外来客がいました。

借り切り露天風呂、大浴場、混浴露天風呂という構成で、全て旅館の建物の外にあり、外を歩いて行かなければなりません。

浴場入り口


冬場はちょっと辛いかも・・・・。

混浴露天は0時まで、内風呂の大浴場は23時までの入浴となっています。
ちなみに、この旅館、最近雑誌によく取り上げられていますが、24時間入浴ではないことは一言も書かれていません。
温泉宿にあるまじき姿勢です。

泉質はちょっと茶色したNa-Ca-Mg炭酸水素泉です。
当然のように掛け流しで、お湯自体は適温でもあり非常に気持ちのいいお湯でした。
繰り返しますが、24時間入浴ではないことは非常に残念でした。

貸し切り露天は非常に気持ちよかったです。

貸し切り露天


混浴露天も暗くなって連れと入りましたが、夜なので風景が・・・真っ暗でした。
その代わり、都内では信じられない星空で、流星を探したりと良い時間が過ごせたと思います。

混浴露天



お料理は計12品。

夕飯メニュー


温菜と焼物は美味しかったですが、あとは平凡です。
鍋は山太郎蟹という川蟹の鍋でしたが、どうもしっくりきませんでした。

夕飯


デザートは・・・あけび。
もうちょっと芸が欲しかった・・・・。
朝食は美味しかったです。

朝食


会計は彼女持ちでしたので詳細は不明ですが、一人20000円だそうです。
また来るかと言われると・・・多分来ないでしょう。
24時間入浴でないお風呂、それにチェックイン16時・チェックアウト10時というのが欠点です。
恐らくここに泊まった人は上記二点に不満を持つに違いありません。
何となくリピーターは少ないかなと思われる宿でした。

ちなみに、このお宿↓の撮影場所です(笑)。

JALパンフレット

  1. 2007/03/29(木) 10:10:11|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(横浜シェラトン)

前回宿泊時と同様、今回も横浜の取引先での会議開催に合わせて予約しました。
SPG comの最安値13500円のお部屋です。

深夜にチェックインしましたが、今回はデラックスツインへのUGのみでした。

横浜シェラトン3


コーナーでしたが、出来ればタワーズフロアにUGして欲しいものです。

SPG Platinumカードの裏には
Upgrade to best available room at check-in, including Select Standard Suites
と書いてありますが、今のところスイートルームのUGはパシフィック東京のみですね。
ギリシャではGoldにもかかわらずスイートルームにUGされた経験はありますが、思いの外横浜シェラトンは渋いです。
トホホ。

朝食はラウンジで頂きました。

一度くらい16時までのんびりお部屋で過ごしたいものです

  1. 2007/03/28(水) 09:45:45|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第5週:那覇日帰り往復:JAL:先得運賃

この日は夕方から仕事でしたので、午前中に修行というパターンです。
僕にとっては珍しい日帰り那覇パターンです。

早起きして電車にて羽田空港到着後、ル・シエールにて朝食を頂きました。
その後、DPラウンジへ・・・・。
ビジネスコーナー満席でした。
トホホ。


(羽田-那覇:クラスJ)
午前便だけあって満席です。
当然ながら観光客と思われる人ばっかりです。

着席後間もなくJGP向け挨拶有り(挨拶率32/41=78%)。
僕は爆睡していましたが、起きてしばらくたっても飲み物のお伺いが全くありませんでした。
このシール、見えるところに貼ってあったんですけどね。

お目覚めシール


隣の乗客がお菓子を食べるときに飲み物のお伺いをしていたのに・・・・。
僕、何か悪いことしましたか?(笑)

釈然としない気分で那覇空港に到着。

その後、カードラウンジに入りました。
到着階の端にあるので知らない人は気がつかないでしょう。
実際に入室すると、人は少なかったです。
その分、中は静でしたけど。
新千歳空港のカードラウンジと同じシステムですね。

ここで一時間ほど過ごして搭乗口に向かいます。


(那覇-羽田:クラスJ)
ボロッチャです。
前回日帰り往復したときに、父親達の星条旗を全部観られなかったので、続きを見ていました。

ちなみにチーフパーサー、小池栄子を10Kg太らせてさらに15歳老けさせたような感じの方でした。
もちろん、服を着ていても分かるくらいの巨乳でした(笑)。

羽田空港には定刻に到着。
そのまま仕事に向かいました。
当然、この日は深夜まで仕事です。
  1. 2007/03/27(火) 09:34:06|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JALハートフルキャンペーン応募締め切り迫る

JALハートフルキャンペーンの応募締め切りが迫っています。
皆さんしっかり応募しましょう。

ハート


応募用紙はPDFでダウンロードも出来ますので機内で応募用紙をもらい忘れた方、あるいは用紙が足りない方はダウンロードして応募しましょう。

僕は足りなかったので彼女にもらってきてもらいました(笑)。

  1. 2007/03/26(月) 09:35:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第5週:大阪日帰り出張:ANA:4回回数券4/20回

この日から大阪出張スタートです。

朝一番の便を予約しましたので当然ながら早起きしなければなりません。
出来ればル・シエールで朝ご飯を食べたいところですが、時間的にかなり厳しいので直接第二ターミナルへ。
売店でお弁当を購入。
Signetで食べました。

(羽田-伊丹:普通席)
朝一番にもかかわらず結構な混み具合です。
搭乗率は恐らく80%超えていたと思います。
僕は後部座席に陣取りましたが幸い隣は空席でした。

担当スッチーはかなり美人なお方。
年齢は推定30代前半。
良い目の保養になりました(笑)。

フライト自体は特記事項無く、定刻に伊丹空港に到着。
早速バスにて新大阪に向かいました。

今日の仕事自体は5時間で終了。
仕事終了後、往路とは逆に、新大阪駅よりバスにて伊丹空港に移動です。
伊丹空港到着後、お腹が空いたのでまたまたたこ焼き&焼きそばを頂きました。
何だか伊丹に来るとほぼ毎回ここで食べているような気がします(笑)。

その後、Signetで搭乗時間まで過ごしました。



(伊丹-羽田:普通席)
トホホ。
満席です。
僕は最後尾の二列シートの最後尾を指定。
ここで良かったです。

このフライト、スッチーの平均年齢が異様に若かったのが印象的です。
みんな20代前半に見えましたが、こんなグループ初めてです。
でも担当スッチーは芸能人に例えると120%アンガールズの髪の長い方(爆)。
トホホです。

例の
羽田空港到着機混雑のため管制から当空港での待機を命じられております
とのアナウンスで、20分遅れて出発。

羽田到着後、そのまま大人しく帰宅しました。
  1. 2007/03/24(土) 09:21:18|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚生労働省ならぬ薬害推進省

ようやく厚生労働省も重い腰を上げ始めました。
今までタミフルと異常行動の因果関係を認めてこなかった姿勢には腹立たしい気分ですし、なによりその理論的根拠となっている厚生労働省研究班の研究内容にはもっと腹立たしさを感じます。

その厚生労働省研究班、今度は調査対象を一万人に拡大して調査すると・・・・。
この一万人という調査対象も結論ありきの再調査に思えます。
そもそも2004年から2007年にかけて発生したタミフル服用後の飛び降り・転落は今発表されているだけでも15件(あくまで現時点で発表している件数です。実際にはもっと多いと考えるのが普通でしょう)。
つまりは年間たったの4件前後となります。

この年間全国で4件発生する有害事象に対して、たった一万人で再調査しようというんですから開いた口がふさがらないとはこのことですな。
因果関係無しとの結論を前提とした再調査と勘ぐってしまいます。
再調査するのなら中外製薬から寄付金をもらっていない大学の講座を集めて班員を構成するべきですしね。
今回も同じ班員で調査するみたいです(笑)。

実はこのタミフル、厚生労働省は新型インフルエンザに備えるという名目で一千万人分を目標に国家備蓄を三年前より開始しています。

厚生労働省にとってはタミフルに重大な欠陥があっては困るわけですな。

いつか機会があったら書きたいと思いますが、インフルエンザの際に発生することがあるインフルエンザ脳症・ライ症候群。
欧米ではある種の解熱鎮痛剤が原因だとしてきましたが、これも厚生労働省はなかなか認めようとしませんでした。
これで一体何人の子供が亡くなったり障害を負ったことか・・・・。

果たして厚生労働省は製薬会社と国民の健康、どちらに向いているのでしょうか。
  1. 2007/03/23(金) 10:17:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第5週:那覇日帰り往復:JAL:先得運賃、大阪日帰り往復:ANA:4回回数券2/20回

この日は完全休日。
従来なら普通に那覇を往復して終わりのはずでしたが、ANAサンクスプレミアムキャンペーンが発表されましたのでDIA維持に参戦です。

早起きして今回は車で羽田空港へ。
前回同様、ル・シエールにて朝食を頂きました。

それからDPラウンジビジネスコーナーにて搭乗時間まで仕事の資料を作成していました。
朝もDPラウンジは混んでいますね。
伊丹便出発20分前くらいにはがら空きになりますが(笑)。


(1レグ目:羽田-那覇:クラスJ:JAL:先得運賃)
当然ですが、観光客ばっかりです。
スーツ姿の方もちらほら。
僕は私服で修行です。

着席後間もなくしてチーフパーサーよりJGP向け挨拶有り(挨拶率30/39=77%)。
とても綺麗なチーフパーサーでした。
恐らく40代前半かと思いますが、あの年齢であれだけ美人というのは珍しいです。
左手薬指には結婚指輪をしていましたが、ご主人にとってはさぞかし自慢の妻でしょう。

前日仕事でほとんど寝ていないので爆睡。
飲み物のサービス無しです。

那覇空港には定刻に到着。
エスカレーター近くのテレビモニターには
歓迎 第20回ダイキンオーキッドレディーストーナメント
と表示してありました。
ちなみに僕は参加しませんが(笑)。

その後、自動発券機にて発券後、マイル登録。
搭乗時間までサクララウンジで過ごしました。


(2レグ目:那覇-羽田:クラスJ;先得運賃)
ボロッチャです。
今回はクラスJですので、映画でも観てのんびりしましょうか・・・・。

自衛隊機の離陸が多く、離陸が20分ほど遅延。
ベルトサイン消灯後、父親たちの星条旗を観ました。
もちろん、飛行時間の関係で全部は観れませんが、どうせ数日後にまた同じ機材に乗るので、観られるところまで観ておきました(笑)。

JGC向け挨拶有り。
羽田空港には20分遅れて到着。

本来ならば、新大和でお昼ご飯を食べてから第二ターミナルに行く予定でしたが、その時間が無くなってしまいました。
トホホ。

さて、徒歩にて第二ターミナルに移動。
発券機にて伊丹往復分を発券しました。


(3レグ目:羽田-伊丹:ANA:普通席:4回回数券 1/20回)
この時間帯は伊丹線と言えども空いています。
非常口座席に座りましたが、目の前に座ったスッチーはANAらしからぬブスでした。
トホホ。

いつも那覇線ばかり乗っているので、異様に短く感じます<フライト時間。

伊丹空港には定刻に到着。
搭乗ゲートの案内をみると、この便は折り返し羽田に戻るみたいです。

次の搭乗まで二時間。
まずは、ラウンジオーサカへ。
ここで一時間ほどのんびりしてから、焼きそばとたこ焼き食べにたこ坊へ。
ここで食べないと伊丹に来た気がしないです(笑)。

食後にsignetに移動し、ここで搭乗時間まで過ごしました。



(4レグ目:伊丹-羽田:ANA:普通席:2/20回目)
満席です。
普通座席の満席はとっても辛いですね。
僕は通路側だったので良かったですが、あれで両隣に人がいたらたまんないです。

羽田空港には定刻に到着。
そのまま帰宅です。
ふ~、疲れた。
  1. 2007/03/22(木) 09:13:03|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

やる気MANMAN終了へ

昔ほど聞かなくなった(聞けなくなった)が、文化放送の人気番組であるやる気MANMANが今月一杯で終了します。

僕にとってはこの番組を一番良く聞いたのは大学生・大学院生の頃で、実験室には昼下がりいつもこの番組を流していました。
実は高校の頃も授業中に携帯ラジオでひっそり聞いていたりしました(笑)。
最近はたまに車の中で聞く程度でなんですが、残念です。

以前ほどのパワーは無くなったものの、トーク・企画共にこの番組が他を圧倒していました。
吉田照美氏もさぞかし無念でありましょう


ちなみに、車で出張する場合、移動中に聞く番組と言えば
森本毅郎・スタンバイ
くにまるワイド・ごぜんさま
大竹まこと少年ラジオ
NHKニュースくらいでしょうか。
  1. 2007/03/20(火) 09:11:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第4週:那覇お泊まり復路:JAL:クラスJ:バーゲン運賃

今回はきちんと朝食を頂きました。
その後のんびりゆいレールにて那覇空港へ。
搭乗時間までサクララウンジで過ごします。

エセパイロット(名字はK)の姿を拝見できるかな?と密かに期待していましたが、彼は現れず。

機内はクラスJにも空席があるくらいの搭乗率でした。
羽田空港には定刻に到着。
JPG向け挨拶有り(挨拶率29/38=76%)。

この日はお休みで、彼女もお休みでしたので、一旦帰宅後ここでランチ。

1999


その後渋谷をブラブラして彼女のお買い物にお付き合い。
これがとっても退屈だったりします。

その後、久々に道玄坂に行ってみました(笑)。

LH

(↑午前中の読者限定大サービス。午前中には削除します)

パネルを見ながらお部屋を選んでいる時にチェックアウトしてきたカップルが確実に50過ぎの男女だったのには驚きでした(笑)。

  1. 2007/03/19(月) 09:48:49|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

2月第4週:那覇お泊まり往路3レグ:JAL:バーゲン運賃

今回は今までに無いパターンです。
とは言っても、那覇線ばっかりと言うことに変わりありませんが(笑)。

今回は3レグ乗って那覇一泊、翌日帰京というパターンです。
ちなみに、羞恥プレイ回避のため、1レグ目のみ会員で決済しています。
2レグ、3レグは順次発券後マイル登録の予定です。


早起きして電車にて羽田空港へ。
ル・シエールで朝食を頂きました。
ん~、新大和よりル・シエールの方が朝食は良いですね。
コーヒーも付いてますし。
パン・目玉焼き・ポテト・ベーコン・ヨーグルトと言った内容で、お腹一杯になります。

それから搭乗時間までDPラウンジで過ごしました。
僕が入室したときはパン争奪戦となっていましたが、僕は食べず。


(1レグ目:羽田-那覇:クラスJ)
満席です。
チーフパーサーどこかで見たような・・・・。
あれっ・・・少し痩せて10歳老けさせたベッキー似のCAがいました。
前回那覇二往復した時の4レグ目のクルーですね。

今回は僕の座席の担当ではありませんでしたが、少し痩せて10歳老けさせたベッキー似のCAが挨拶に来ました(挨拶率26/35=74%)。

フライト自体は特記事項無し。
那覇空港には定刻に到着。
前回同様、この飛行機は中部国際空港に行くみたいです。

エスカレーター近くのテレビモニターには
歓迎 2007年 第15回沖縄マラソン
と書かれていましたが、当然僕は参加しません(笑)。

その後、自動発券機で2レグ目を発券。
そしてマイル登録。
カウンターにて予約便より一つ前の便にしました。



(2レグ目:那覇-羽田:クラスJ)
空いています。
クラスJにも空席有り。

クラスJ担当はおばはんばっかりでした。
残念無念。

僕はいつもの爆睡で、ず~っと寝ていました。
JGP向け挨拶有り(挨拶率27/36=75%)。

羽田空港には10分遅れで到着。
ふ~、この時点でもう疲れた・・・・。


その後、新大和へ。
かき揚げうどんを頂きました。
もうすっかり店員さんには覚えられたようです。
何にも言わなくても喫煙席に通され、アメックスメニューを渡されます(笑)。

食後、再びDPラウンジへ。
搭乗時間まで仕事していました。
仕事中友人から携帯にメール

「イチローの本名ってなんだっけ?」

と。
そんなの電話で聞けっつうの。
「イチローの本名はちんこいじろー
とお返事しておきました。
それからその友人とは音信不通です。



(3レグ目:羽田-那覇:普通席)
いつもと違って、結構混んでいます。
搭乗率90%以上だったと思います。

担当スッチーはおっさん
他のクルーもおばはん。
やけに平均年齢の高いグループでした。
着席後間もなくJGP向け挨拶有り(挨拶率28/37=76%)。

那覇空港には定刻に到着。

JTA絵はがき夕日


いつもの常宿にチェックイン後、いつも出てくる那覇在住の友人(ちなみに女)の車にてDFSへ。
欲しい物も無く、食事してホテルに戻っただけです(笑)。

  1. 2007/03/17(土) 09:51:43|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第4週:那覇日帰り二往復:JAL:バーゲン運賃

先月に引き続き、今月もやってしまいました。
今回も疲れるだろうな・・・・。

早起きして電車で羽田空港へ。
早速新大和に入店。
お粥の朝食を頂きました。
鮭が冷たかったのが非常に残念。
まあ、この種のお店で焼きたてを出すのは不可能なんでしょう。
でもせめて温かくして出して欲しいものです。

その後、搭乗時間までDPラウンジ(北)で過ごしました。

さて、1レグ目と4レグ目は会員決済、2/3レグは非会員で事後登録です。


(1レグ目:羽田-那覇:クラスJ)
満席です。
普段より年齢層が若かったですが、大学生なんでしょうね。
羨ましいです。

前日余り寝ていなかったので爆睡へ。
起きたのは着陸のためのベルトサイン点灯後。
従って飲み物のサービス無し。
JGP向け挨拶無し(挨拶率24/31=77%)。

那覇空港には定刻に到着。
搭乗口を出て、ふと振り返って案内板を見ると、この機材は中部国際空港に行くみたいです。
僕は折り返し機材だと思っていたので、予定より一番前の便に羞恥プレイ無しで搭乗できます。

そんなわけで、速攻で4階カウンターへ。
一便前への変更を申し出ましたが、クラスJは空席待ちと。
取りあえず空席待ちを入れてもらいましたが、非会員状態ですので種別Bです。

それからサクララウンジにJGCカードを見せて入室。
搭乗時間まで過ごしましたが、満席状態です。
あんなに混んでいるの初めて見ました。

そんでもって空席待ちはOK。
予定便より20分早い便に搭乗です。


(2レグ目:那覇-羽田:クラスJ)
こちらも満席です。
1レグ目同様、爆睡へ。
飲み物のサービスも受けられないほど爆睡しました。
非会員ですのでJGP向け挨拶無し(挨拶率24/32=75%)。

羽田空港には定刻に到着。
やたら警官が多いなと思ったら、チェイニー副大統領の来日だったんですね。

そしてル・シエールへ。
今回は地中海ピラフを頂きました。
美味しかったのですが、いかんせん量が少ないです。
トホホ。

そして発券後、JMLカードを見せてDPラウンジに入室。
搭乗時間まで居眠りしていました(笑)。


(3レグ目:羽田-那覇:普通席)
2レグ目と同じ機材です。
普段ならボロッチャなんですけどね。

このフライト、熟女ばっかりのスッチーでした。
熟女というか・・・熟しすぎて腐り始めた・・・・この辺で止めておきます(笑)。

僕はパソコン広げて仕事していました。
フライト自体は特記事項無し。
当然JGP向け挨拶もありませんでした(挨拶率24/33=73%)。

那覇空港には10分遅れて到着。

お腹が減ったので4階の中華料理で醤油ラーメンを頂きました。
可もなく不可もなしといった感じのお味でした。

その後、再びサクララウンジへ。


(4レグ目:那覇-羽田:クラスJ)
非常口座席にしましたが、目の前に座ったスッチーは少し痩せて10歳老けさせたベッキー似のCAでした。
このフライト、チーフパーサーも若い女性でした。

ホワイトデー用のお返しチョコレートを購入。
4個しかないとのことで、4個購入です。
チョコレートは持ちますからね(笑)。

羽田空港には定刻に到着。
翌日の出張に備えて、某ホテルに向かいました。

疲れた・・・・。
  1. 2007/03/16(金) 09:06:55|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUG状況(シェラトン横浜)

この日は横浜の取引先で夜から会議。
この取引先は会議が長く、終わるのは毎回深夜ですので、どうせ翌日も横浜で仕事なので泊まることにしました。

予約したのはSPG comで最安レートだったシングル13500円のお部屋。

深夜にチェックインしましたが、今回は初めてタワーズフロアにUGされました。

横浜シェラトンssb


Sweet sleeper bedで、個人的には大変嬉しかったです。
普通のベッドとは大違いで、心地よく寝られます。

良くUGされるデラックスルームとの違いは・・・・。
シャンプー、リンスの他、バブルバスのアメニティーが置いてあります。
あとは同じです。

翌朝初めてラウンジで朝食を頂きましたが、品数は少なく、朝食に関してはパシフィック東京が一番充実していますね。

  1. 2007/03/14(水) 09:56:19|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりね

先日タミフルに関する厚生労働省研究班の研究がいい加減だと指摘しましたが、やっぱりこういうことだったんですね。

これじゃ提灯持ちせざるを得ないってわけですよ。

特に医学関係のおかしな研究結果には裏があると疑った方がいいです。
  1. 2007/03/13(火) 08:17:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAL DIAキット到着

先日来年度のDIAキットが到着しました。

JAL DIAロゴ


今年と異なる点は
ダイアモンド・プレミア専用予約回線の設置
くらいでしょうかね。
もともとANAはDIA向け専用回線があって、それは携帯からかけても無料です。
今回設置のダイアモンド・プレミア専用予約回線も携帯から無料でかけられます。

あとは、いつものCentury 21会員証。

century


いらねえっつうの、こんなの(笑)。


  1. 2007/03/12(月) 13:29:42|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第3週:那覇お泊まり復路:JAL:バーゲン運賃:クラスJ

早起きしました。
本当はゆっくり朝寝坊したいところですが、今日も仕事なので仕方ありません。

ホテルで軽く朝食を食べた後、チェックアウト。
そしてゆいレールにて那覇空港へ。
搭乗時間までサクララウンジで過ごしました。

JTA絵はがき1


僕としてはエセパイロット(名字はK)を見られるかと期待していたのですが、彼は現れず。
ステップアップキャンペーンに参戦して羽田-伊丹専門になっているのかも知れません。

機内はクラスJでも空席が目立っていました。
僕はかつてないほど爆睡。
いろんな夢を見たのですが、乗っているB-747が首都高湾岸線のトンネルに強行突入して飛行する変な夢を見ました。
怖かったです(笑)。
JGP向け挨拶有り(挨拶率24/30=80%)。

羽田には定刻より10分早く到着。
本当はAMEXで少し食べてから出勤したかったのですが、時間もなく、速攻でモノレールに乗りました。

  1. 2007/03/11(日) 09:22:57|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第3週:那覇お泊まり往路:JAL:バーゲン運賃:普通席

お馴染みのお泊まり修行です。
ちょっと今年はハイペースで飛ばしすぎた。
それもこれも、僕が来年度異動するという噂のためだ。
今年の後半はどうしようか・・・・。

この日は夕方まで普通に仕事。
仕事終了後、電車にて羽田空港へ。
新大和にてかき揚げうどんを頂きました。
やはりル・シエールの品は腹持ちが良くありません。
どうしてもこちらに足が向いてしまいます。

その後、搭乗時間までDPラウンジへ。
ビジネスコーナーで仕事していました。
それにしても、食器をかたづけない人間の多いこと。
一体どんな日常生活送っているのでしょうか?


機内はがら空き。
僕は来年度の年俸交渉のための資料を作成していました。
主観的な自己達成の文章ではダメで、客観的な数値を基に、あれこれ自己評価の表を作りました。
あ~、めんどうくせえ・・・・。

担当スッチーはおばはん。
最近おばはんでも全く気にならなくなりました。
慣れとは恐ろしいものです。

JGP向け挨拶有り(挨拶率23/29=79%)。

那覇空港には定刻に到着。
いつものホテルへと向かいました。
今回は深夜に到着なので、お部屋に入って寝ただけです。
  1. 2007/03/10(土) 09:17:15|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

大自然・那覇の湖

お断りしておきますが、↓の文章、周りに人がいないことをご確認の上見てください。
隣のデスクまたは通りすがりの女の子に見られて、翌日から変態扱いされても一切責任は負いません(笑)。
































那覇空港の近くに漫湖という湿地帯がある。

漫湖。

そのまま

ま○こ(Manko)

と呼びます。

そのものズバリ。
実に堂々とした名前である。


実はこんな名称の湿地帯があることを知ったのは車の中。
1995年の事である。

今でも鮮明に覚えているのだが、取引先に向かうため、僕は首都高を運転していた。
その時付けていたのがFM東京。

午後のニュースでFM特有のきれいな声をした女性アナウンサーがこう言ったのだ

「沖縄県那覇市の漫湖がラムサール条約に登録されました」

漢字で書くとどうってことない。

しかし、漫湖の存在を知らない僕の頭の中はこう解釈した。

「沖縄県那覇市のま○こがラムサール条約に登録されました」

一瞬我が耳を疑ったのだが、確かにきれいな声をした女性アナウンサーは真面目に

「沖縄県那覇市のま○こ・・・・」

こう言ったのだ。


何もFMのニュースで流す原稿でもあるまい。


ちなみに那覇空港タクシー乗り場近くの地図にも載っている。

manko



manko




ゆいレールが真横を走っている。
修行僧のみならず、ゆいレールに乗ったことがある人なら必ず見ているはずだ。

日常会話での応用編として、

「沖縄で絶対に行っておいた方がいい場所ってある?」

こう聞かれたら

「漫湖」

と答えよう。

その後の責任は一切僕にはない。


ちなみに、漫湖の近くにある公園。

漫湖公園

である。


おまけに雑学としてもう一つ。

Manko

これはドイツ語で不足という意味の立派な単語です。

  1. 2007/03/09(金) 08:48:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2月第3週:那覇日帰り往復:JAL:バーゲン運賃

毎度お馴染みの那覇日帰り往復です。
今回は出張先の仕事を早々に終わらせて・・・というか切り上げて、車にて空港に到着。

早速新大和にてAMEXご飯を頂きました。
もうすっかり顔も覚えられ、何も言わなくても喫煙席に通されます(笑)。

食後、今回は南のDPラウンジへ。
ここのビジネスコーナーはパーティションがないので、パソコンで仕事しにくいですね。

しばらくここにいて、それから一旦保安区域外に出て、今度は北DPラウンジへ(笑)。
ビジネスコーナーにも空席があり、ここで搭乗時間まで過ごしました。


(羽田-那覇:普通席)
非常口座席を指定。
目の前のスッチーはブスでしたが、体型が何ともやらしかったです(意味不明)。
あれで美人だったらさぞかしちやほやされるでしょうに。

僕は風邪が治らず、薬のせいで機内ではいつも以上に爆睡。

後半にチーフパーサーよりJGP向け挨拶有り(挨拶率21/27=78%)。
それにしてもこのグループは平均年齢が若かったです。

那覇空港には定刻に到着。

お腹が空いたので、4Fの中華料理にて炒飯を頂きましたが、美味しくなかったです。
トホホ。


それから自動発券機にて発券後、マイル登録。
サクララウンジに向かいました。
どうやら僕が乗ってきた機材は羽田周辺の悪天候で出発が一時間遅れるみたいです。
復路はその便の一つ後ですが、僕の便も遅れるのだろうか???
ちょっと不安です。

搭乗時間30分前に遅延のアナウンスはあったものの、出発時間がなかなかアナウンスされず、イライラするお客も目立ち始めました。
で、実際には55分遅延(涙)。

タバコを吸いにラウンジの外に出ましたが、何と機長が搭乗口でコーパイと一緒に立ってマイクで状況を説明していました。
別にゴネてる客も見あたらず、混乱している状況でもなかったんですけどね。

何でも、羽田空港周辺の悪天候のため、羽田空港到着の飛行機が多数空中待機しているとのこと。
この便が今離陸しても空中待機が予想され、それを回避するために規制がかかっているとのことでした。
恐らく話し好きな機長だと思いますが、好感が持てました。

タバコ吸っていると、この人らしき人間を発見。
サングラスしていましたので確信は出来ませんが・・・。
今は日本にいるんでしょうかね?
スタイルの良い女の子を連れていました。


(那覇-羽田:クラスJ)
この時間帯にしては珍しく、クラスJの搭乗率は60%位でした。
僕の隣も空席。
担当スッチーは美人でした。
ウッシッシ。

JGP向け挨拶有り(挨拶率22/28=79%)。

フライト自体は特記事項無く、結局一時間遅れで羽田に到着。
僕は普段朝早く出勤するのですが、翌日はさすがに眠かったです。
トホホ。
  1. 2007/03/08(木) 09:43:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休業中

風邪引いて休業中です。
トホホ。

先ほど体温測ったら38.1℃。
こんな日は彼女に看病してもらいたい気分です。

添い寝しながら

「あれぇ、風邪引いてるのに何でココだけ元気なのかなぁ?」

とか言ってもらいたい気分です。

ちなみに彼女はアメリカ某都市にフライト中。

今日は一日大人しく寝ています。
  1. 2007/03/06(火) 09:04:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある日のランチ

「どうも最近メリハリがないんだよな」

「あーそうですかねえ」

「何かこう、ときめきがね」

思わず

「同じ機材で伊丹二往復してみ、オッサン!」

僕は言いそうになる。
でも言わない。
というか言えるわけがない。

この会社において僕の方がおやじより立場が下だからだ。
もともと修行という狂気じみたマニアックな行為を理解できるとも思わない。

「うへへへ、そうですね」

僕は曖昧に相槌を打つのみ。
あ~、僕もなんか、イヤなおやじになってきたなあ。

お昼を食べるためにオフィスの外を歩いていた。

暖冬とは言え、今日は寒い。
この冬、一番の厳しい寒さが近づいているのだ。

「そうだ」

僕は寒さの中歩いていくうちにおやじのメリハリのない日常に思い切りめりはるアイディアを思いついたのだ。

「何?」

「肝試しやりませんか?」

一緒にくっついてきている同僚の加藤(仮名:昨年JGC達成)とフェミニスト二郎(仮名)が乗ってきた。
皆さんメリハリたいらしいのだ。

「この先に、ほら、先月保健所の指導で2週間営業停止していた居酒屋があるだろ」

「ありましたねえ、そんなこと」

キーワード、営業停止

この時点ですでに社会人生活20年、幾多の苦難と修羅場に涙を流してきたおやじだけが少しだけ不安げな表情になる。
あとのふたりはワクワクしている。

「そこで牡蠣フライ定食食おう」

「ええっ」

「それは・・・・」

おやじだけがやっぱり、という表情になり、そのあとやれやれという感じで両手を広げた。

「おれは、降りるよ」

とでも言いたげに。

「マジっすか? やめましょうよ。あそこの営業停止、生牡蠣が原因らしいですよ」

「知ってるよ」

生牡蠣、と聞いておやじはさらに混迷の度合いを深めた。
僕は加藤やフェミニスト二郎の反応は気にせず、おやじだけを横目でちらちら観察する。

「よし決まり」

「ええ~」

「死にたくない」

二人はそう言いながらも満更でもなさそうだ。
わくわくしている。

おやじだけが、いつ、このアホサラリーマン達の輪から抜け出そうか
そう考えているみたいだ。

お店の前に来た。

牡蠣フライ定食 1250円

玄関のホワイトボードには紛れもなくそう書かれている。

「ちょっ、ちょっと銀行行って来る」

おやじが逃げようとする。

「だめですよ、今からじゃんけんですから」

僕が言う。

「じゃんけん?」

「負けた人が牡蠣フライ定食です」

そう言い放つと輪を作りじゃんけん体制に入った。
もう、おやじの逃げ場はない。

「ほら、ときめくでしょう? この瞬間たまらないでしょう?」

おやじが無言でじゃんけん体勢の輪に入った。
そういう時、負けるのは弱気になった奴、そう決まっている。

勝負は一撃で決まった。

みんなパーでおやじだけグー。

鮮やかすぎる幕切れ。
また一つ、おやじの人生に勲章が増えた。

俺は、ノロウイルスを振りまいた店で牡蠣フライ食ったぞ

これこそときめきだ、そして、めりはりだ。

おやじの額のしわが一本増えたような気がした。
おやじの年輪が増える瞬間に立ち会えたことを僕は誇りに思った。

それから4時間経過しているが、おっさんの体調に変化はないようだ。
  1. 2007/03/05(月) 09:09:02|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第2週:札幌お泊まり旅行復路:ANA:SSP:株主優待運賃

ホテルをのんびり15時にチェックアウト。
電車は新札幌から千歳空港まで座れないほど混んでいました。
この時期ですから仕方ありません。

空港内も大勢の人がいました。
じゃがぽっくる捜索を頑張りましたが、当然ですがありませんでした。
トホホ。

今回は連れのEFも確保できず、株主優待運賃でSSPです。
彼女の給料を考えると可哀想なので僕が払ってあげました。

機内は満席・・・・のはずが、SSPに限っては一席空いていました。
お弁当の出る時間帯ではなく、茶菓子のみ。

特筆すべきはスッチーのレベルが高かったこと。
もちろん容姿ですけどね。
特に一人は伊東美咲似の美人でした。
往路と異なり、復路には連れの知り合いはいなかったようです。
挨拶無し(挨拶率0/2=0%)。

羽田空港には定刻に到着。
連れのマンション経由で帰宅しました。
  1. 2007/03/03(土) 09:15:54|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ええかげんにせえ!厚生労働省

今日は飛行機とは全く関係ないネタです。

最近タミフルという抗ウイルス薬による子供の異常行動が報道されています

修行中の機内であれこれ新聞記事を読んで興味が沸いたので調べてみました。

今現在でも厚生労働省はタミフルと自殺等の因果関係は無いと主張しています。
その基になっている厚生労働省研究班の資料がこれです。

医者でもない僕が見ても、この研究班が行った研究がいかにいい加減かということがわかります。
非常に突っ込みどころが多いリサーチです。
そもそも調査の中心が異常言動、つまり自殺などの異常行動ではないこと。

インフルエンザで高熱出せば、うなされる等の異常言動が出てくるのは容易に想像できます。
異常行動ではなく、異常言動を調べて、服用群と非服用群で統計学的な有意差、つまりはp valueが0.05以上だったとしても、それは異常行動に有意差が無い事の証明にもなんにもなりません。

つまりは、もともと関係ない事象(この場合は異常言動)を調べて、その結果をもってして異常行動に言及するのは非常におかしな話です。

製薬会社の提灯持ちか?お前らは。

報道機関の方、これを見たら上記のことを突っ込んでください(見てねえよ、笑)
  1. 2007/03/02(金) 09:48:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっぽろ雪祭り

二年連続の雪祭りですが、今年は暖冬の影響からか、雪像も原型をとどめない程融解して無惨な姿を呈しているものもあり、非常に残念でした。

ちなみに去年のJALは沖縄をイメージした雪像でした。
去年の写真ですが、宮里藍ちゃんのデカイ雪像他です。

06年雪祭り


最初は松井秀喜かと思いましたが(笑)。

今年はディズニーでした。

07年雪祭りJAL


他はこんな感じです。


07年雪祭り



07年雪祭り1

  1. 2007/03/01(木) 09:42:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。