日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SPGプラチナ向けUG状況(シェラトン札幌)・・・怒

僕にとっては通算3回目の宿泊で、去年の雪祭りの時もここに泊まりました。
今回は16000円のレートです。
このシーズンにしては激安の部類に入るのではないでしょうか?

実はこのホテル、去年12月までは雪祭りシーズンの価格はもっと高かったのですが、思ったより予約が入らなかったからかどうか知りませんが、約一ヶ月前から料金を下げてきました。

非常に残念だったのは、どうもフロントは僕がプラチナメンバーという認識が無かったらしく、UGもsweet sleeper bedではないコーナーのダブルルームというちょっとUG程度のものでした。

シェラトン札幌お部屋


Welcome amenityの案内も全くなく、お部屋の電話からフロントに聞いたくらいです。

たまにSPG系列のホテルではこのようなことがあり、実は先日パシフィック東京に宿泊したときはUGすらありませんでした。
この時は
「今後このようなことがないようにいたします」
と言われました。
従いまして、goldメンバーもplatinumメンバーもチェックインの時は毎回わざわざカードを提示した方がいいと思います。

夕飯はここの鉄板焼のお店で頂きました。
この種のホテルにある鉄板焼にしてはお値段がリーズナブルで、十勝牛のコースが6900円でした。
お味もなかなか美味しかったです。

シェラトン札幌鉄板焼


朝食は近くのマクドナルド(笑)。
お昼はホテルの中華を頂きました。
「ウェスティン東京料理長 フェアー」とやらのランチメニュー(2000円)で、お味は美味しくありませんでした。

シェラトン札幌中華


っていうか、料理が出てくる順番がデタラメで、おまけに最後のデザートを忘れられる始末。
ここで食べるのは二回目なのですが、まさに後味が悪かったです。

それにしても彼女でもない友人とこうやって旅行に行くの不思議に思われる方もいるかもしれませんが、腐れ縁ですから(笑)。

レイトチェックアウトを有効利用して15時にチェックアウト。
電車で飛行機に向かいました。
それにしてもエアポートライナーは激混みでした。
トホホ。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 09:05:57|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第2週:那覇お泊まり復路:JAL:クラスJ:先得運賃、札幌お泊まり旅行往路:ANA:普通席:株主優待運賃

この日は羽田に戻ってから空港でお昼ご飯を食べて、札幌へ、という行程です。
朝起きると喉の痛みに加えて、咳も出始めました。
幸いに熱が無いようでしたので助かりました。
それにしても体調良くないです。
トホホ。

朝食を食べる気にもならず、抜きで空港へ。
搭乗時間までサクララウンジで過ごしました。


(那覇-羽田:クラスJ:JAL)
空いていました。
クラスJにも空席がちらほら。

風邪薬のせいで睡魔が襲ってきました。
爆睡モードへ。
よく考えたら普段も爆睡モードなのであります。

羽田空港には定刻より15分早く到着。
ANAの場合、定刻より早く到着すると
「本日は定刻より15分早く到着いたしました。定時運行にご協力頂き、誠にありがとうございます」
とアナウンスがありますが、JALの場合は全くないですね。
JGP向け挨拶有り(挨拶率20/26=77%)。

その後某友人と合流。
ル・シエールへ。
僕は食欲が戻らず、僕が注文したハヤシライスは友人のお腹に入っていきました。

さて、今回急遽札幌に行くことになった理由は簡単。
僕が暇で、一緒に行く相手が見つかったから・・・という何とも単純な理由です。

食後、外を歩いて久しぶりの第二ターミナルへ。
カウンターにて一緒に発券。
連れはEF搭乗です。
その後搭乗時間までSignetで過ごしました。
連れは初Signetです。
社員だから当然か・・・・。


(羽田-札幌:ANA:普通席)
機内は搭乗率90%位でしょうか。
747-400の最後尾(2列)に座席がアサインされましたが、中央の4列シートには何故かパイロットのDH、というかANAの場合は便乗。
すかさず連れは挨拶。
そのパイロット3人のうち2人と顔見知りだということです。
おまけにスッチー多数と顔見知り。
僕はマスクをしていたのですが、機内では外しませんでした(笑)。
完全に彼氏と思われたことでしょう。

DIAになって初搭乗でしたが挨拶とか全くありませんね(笑)。
挨拶率0/1=0%

新千歳空港には定刻に到着。
少し食欲が出てきたので、朝市食堂のまかない丼を頂きました。

その後、電車にて新札幌へ。
ちなみにエアポートライナーの車内アナウンスの声、東武線の特急りょうもう号の車内アナウンスと同じ声ですね。
ホテルにチェックイン後、荷物を置いて早速雪祭りに行ってきました。
  1. 2007/02/27(火) 09:34:46|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ向けUP状況(パシフィック東京)

先日気分転換に宿泊してきました。
今回はホテルのwebからダブルルームの最安値で予約したのですが、今回もスイートにUGされました。
お部屋はこんな感じです。

パシフィック3


パシフィック4


アメニティーの500マイルと朝食券も前回同様です。
このパシフィック東京、ネット接続料金(有線LAN)と駐車場料金が無料というのがシェラトンやウェスティンに比べてアドバンテージです。

  1. 2007/02/26(月) 09:32:18|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第2週:那覇お泊まり往路:JAL:普通席:先得運賃

悟空絵はがき


ちなみに写真と今回の修行は何の関係もありません。

気分転換を兼ねたお泊まり修行です。
それにしても今年に入って修行のバリエーションが無いですね。
もういい加減那覇修行も飽きてきました(笑)。

この日は夕方まで新宿某所で某フォーラム。
会社から行けと言われてコメンティストとして参加。
疲れました。

電車で行きたかったのですが、翌日急遽札幌に行くことになったため車で羽田空港へ。
ひょっとして満車ではないかとヒヤヒヤしましたが第一ターミナルP2に駐車。
車の中で私服に着替えました(笑)。

それからいつもの新大和にてネギトロ丼を頂きました。
もちろん今夜の夕飯です。

その後、搭乗時間まで南のDPラウンジへ。
ここは空いていますね。
ラウンジ自体は南の方が閉所感がありますが、人口密度が低い分、かえって居心地が良いかも知れません。

さて、機内はがら空き。
がら空きにもかかわらず、毛布さえもってこないというやる気無しスッチーでした。
ちなみに、やる気満々CAをYMCAと言うらしい(腐れ縁全日空CAが言ってました)。
担当スッチーは恐らく30代前半と思われる女性。
僕は爆睡モードへ。
目覚めたら喉が痛くなってきました。
どうやら風邪を引いてしまった模様。
着陸のベルトサイン点灯前にチーフパーサーよりJGP向け挨拶有り(挨拶率19/25=76%)。

那覇空港には定刻に到着。
いつものホテルにチェックイン。
その間、喉の痛みは増すばかり。
ちょうど鞄に風邪薬があったのでそれを飲んで寝ました。
トホホ。

  1. 2007/02/24(土) 09:40:15|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある年のバレンタインデー

何年前の事だろうか。
もう時効だろう。
金曜日で雪が降ったバレンタインの日だった。

前の年の12月に当時付き合っていた彼女と別れ、その年は独りで過ごす最初で最後のバレンタインデーだった。

2月14日、チョコレートを収集することに暗い劣情を燃やしていた僕は携帯を握りしめ、メモリーに入力されている女の子の番号に片っ端から電話を掛けていた。

日中に会社と取引先で計7個。
もちろん義理チョコで全部皆と同じ形のものだったが、数が欲しい僕はそれでも満足していた。

自身に課した厳しいノルマは、あと3個。
10個集めたら家に帰ろうと思っていた。

何故そんなにチョコレートが欲しいのか?
自分でもよく分からない。
ただ、腹の底から突き上げてくる収集欲が目標10個。
そう決めつけていたのだった。

電話での合い言葉は

「チョコ、持ってこいよ」

これに決定だ。

だが人生は皮肉である。
これに決定したばかりに、せっかく今夜は暇でアポが取れそうな所まで話が進んでいるにもかかわらず

「チョコ、持ってこいよ」

「何その言い方? ヤだよ」

というパターンに苛まれた。

何故だ?

チョコ、持ってこいよ

がそんなにいけないのか?

試しに

「チョコ、ちょうだいね」

少しソフトな語り口にしてみる。

一人引っかかった。

確か先月合コンで隣り合わせに座った、彼氏がいるにもかかわらず来ていた25歳のOL。
顔は良く覚えていない。

本当だったら彼氏と過ごすはずであったのだが、二日前に喧嘩してから何故か連絡が取れない。

「チョコレート、もったいないからくれる」

というのだ。

例えどんな経緯だろうと、チョコはチョコだ。

その代わり、彼のために準備してしまった鍋を一緒に食べてくれないかな?

君のことも、食べていい?

いいよ

僕はダッシュで会社を出た。

バレンタインの週末、夜は更けてさっきまでの雨が雪に変わっていた。
しかも粒のでかい雪だ。
これは積もるぞ。

雪にとっても弱い東京都民の僕は、フロントにぶつかってくる雪の結晶を見つめながら少し怖くなり、それでも彼女の住む街へと車を走らせた。

船橋の奥の方へどんどん走らせた。
奥の方へ行くにつれ、雪が凄くなってきた。
道路までシャーベットになってきた。

雪に弱い東京都民の僕は、この時点でかなり浮き足立っている。

雪は怖いよう

彼女の住んでいる街へ到着。
当時、カーナビゲーションなどというものは手の出せる価格ではなく、当然僕の車には搭載していなかった。
地図を見ながらようやくたどり着いたのだ。

畑とアパートが交互に建ち並んでいる。
畑はもう、雪で真っ白。
試しに車から降りて、足を踏み入れてみると、

ずぶ

かなり積もっている。

急に家に帰りたくなった。
暖かいこたつに肩まで入って、ゆっくりと眠りたくなった。

それでもチョコレートと彼女を食いたかったので、電話で着いたことを知らせる。

アパートから彼女が出てきた。
雪の積もる畑を横切ってこちらへ近づいてくる。
それにしてももの凄い雪だ。
僕はもう、本当にこのまま家に帰ってこたつに入って眠りたい気分に襲われた。

「こんばんわ。車、あっちに置いて」

自分の記憶と異なり、目の前に現れた彼女は全然タイプではなかった。
合コン後に隣に座った女性が頭の中で徐々に美化されていくという話を聞いたことがあるが、まさにこれである。

とても食べられないよう

チョコレートが欲しいばかりに、危険を冒してこの大雪の中、更に都心部より積雪量の多いこんな所まで来てしまった自分の性癖を恨んだ。

どうしよう

「ねっ、ねえ」

考えるより前に言葉が口をつく

「ちょっと都合悪くなっちゃってさあ」

「え?」

「今から仕事に戻らなければならなくなっちゃったんだ」

「えー?」

それでも、最後まで残っている欲望だけはかなえようとする僕。

「うーん、チョコだけちょうだい」

一瞬考え込んだ後、部屋に戻る彼女。

10分後、

「ハイ!」

僕は連絡の取れなくなった彼氏がもらうはずだったチョコレートを受け取った。

「あとこれ」

プラスティック容器に入った何かを手渡された

「何?これ」

「一人で食べても、余っちゃうから」

彼氏と2人でするはずだったお鍋のお裾分けらしかった。

チョコレートは嬉しいが、そっちはあんまり嬉しくない。
だってもう、お腹一杯だし。

「ありがとう」

得意の作り笑いでその場をやり過ごすと車を出す。

8個か・・・。

時計を見る。
もうタイムリミットだろう。
雪はどんどんひどくなるし。

今頃、25歳の、彼氏と連絡が取れなくて仕方なく合コンで知り合った男にチョコをあげてしまったなんだか可哀想な女は、一人で鍋やってるのかなあ。

ふと、助手席に置いたままの、さっきのプラスティック容器に目をやる。

手に取ってみる。

まだ暖かさが残っている。

信号待ちで停まった時、助手席の窓を開けて、僕は一瞬躊躇した。

それでも勇気を振り絞り、その窓から外の畑へ、プラスティックの容器を放り投げた

チョコだけで良かったのに。

あと5分もすれば、全部雪で隠れてしまうのだろう。

そう思うと、今自分がしてしまった行為が少しでも救われるような気がした。

僕は煙草に火をつけ、アクセルを踏み込んだ。

頭の中に流れる音楽はこれだった。

ろくでなし by 越路吹雪


  1. 2007/02/23(金) 09:08:01|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月第2週:那覇日帰り往復:JAL:先得運賃

毎度お馴染みの半休で可能な那覇日帰り往復です。
今回も会社から電車で羽田空港へ。
お腹も空いたので新大和へ。
ネギトロ丼頂きました。

この日は空港にやくざが沢山。
新大和で食べている間もル・シエールにやくざが大勢入っていきました。
恐らく都内での発砲事件に関連した抗争と関係があると思いますが、あのいかにもやくざという外見ではお店も迷惑でしょう。
実はこの発砲事件、一件は自宅の近くで起こったので自宅周辺は一時期もの凄い警官の数でした。
奴らに文句の一言も言いたいですが、もちろんそんな勇気はありません(笑)。

食後、早速DPラウンジへ。
やっぱりビジネスコーナー満席。
DPラウンジに入室してくる他のお客さんもビジネスコーナー満席を見るやスルーしてサクララウンジに行っているようでした。
僕はしばらくお茶しながら空くのを待ちます。
今回はおしぼりを大量に持っていく人発見。
あんなの大量に拝借して何に使うんでしょうかね?



(羽田-那覇:普通席)
ガラ空きの機内です。
着席して間もなく担当スッチーよりJGP向け挨拶有り(挨拶率17/23=74%)。
ちなみにおばはんでした(推定50代~40代後半)。
トホホです。

離陸後いつもの爆睡へ。

目覚めると間髪入れずに飲み物のリクエスト&またまた挨拶。
お茶していると今度はチーフパーサーも挨拶に来る始末です。
相当暇だったのでしょう(笑)。

フライト自体は特記事項無く定刻で那覇空港に到着。

お腹が空いたのでよせばいいのにA&Wへ。
あんまり美味しくないチキンカツバーガーを頂きました。
ポテトも美味しくないですね。

食後3Fにて発券後マイル登録。
サクララウンジで搭乗時間までのんびりしていました。
ここのサクララウンジ。
頻繁に入室しているので顔パスとなっています(笑)。

JTA絵はがきB737




(那覇-羽田:クラスJ)
満席です。
例のごとく、お客さんはじじばばばっかり。

今月は機内上映ビデオでMTVのゲリラライブを上映しており、それが結構面白かったです。
JGP向け挨拶有り(挨拶率18/24=75%)。

往路同様、特記事項無く羽田に到着。
電車で帰宅しました。

  1. 2007/02/22(木) 09:15:03|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGやや太っ腹キャンペーン

今回はポイントキャンペーンではありません。
2月1日から4月30日までの間に三回(連続する宿泊は一回とカウントされます)宿泊してmasterカードで支払えば週末の2宿泊が無料となるキャンペーンです。

spg 07021



登録はこちらからどうぞ。

個人的にはあんまり興味がないのですが、出張などで頻繁に宿泊される方はしっかり登録しておいた方がいいです。
  1. 2007/02/20(火) 09:06:11|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPG太っ腹キャンペーン

SPGのスターポイント太っ腹キャンペーンです。
5回の宿泊ごとに5000スターポイントが加算されます。

SPG07/02


ただし、累計15000ポイントまでです。
つまりは15回の宿泊までということですね。
期間は3月1日から5月31日までです。

っていうか、三ヶ月間に15回も泊まるか?普通

  1. 2007/02/19(月) 09:00:34|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1月のサマリー

1月のサマリーです。

JAL 32000 FOP
ANA 0 PP

保有マイルは・・・
JAL 630000マイル
ANA 330000マイル

今月は羽田-那覇と羽田-伊丹のみでした。
今後の予定は・・・・。
JALはスタートダッシュキャンペーンが始まりましたので、ステップアップキャンペーンからは離脱。
通常の修行のみ継続としました。
それでも夏前にはDIA維持決定する予定です。

それからANAに関しては今月下旬よりサンクスプレミアムキャンペーン修行に参戦。
幸いにも出張と重なりましたので、自腹は半分以下で済みそうです。
来月月末までに20回何とか搭乗します。


さて、今回紹介するお宿は先月お泊まりしたここです。
那須湯本は最も好きな温泉地の一つなのですが、都内からのアクセスも良く、箱根なんかよりも全然お勧めです。
那須には比較的多くの源泉がありますが、湯本の鹿の湯源泉・行人の湯源泉が一押しです。
湯本周辺の旅館・民宿の多くがこの源泉を使用しています。
民宿の多くはお宿に内風呂はなく、宿泊客のみ利用できる共同外湯が利用できます。
もちろん源泉掛け流しです。
というか、この種の酸性硫黄泉は循環が出来ません。

さて、このお宿はもうかれこれ5回お邪魔していますが、内風呂の他に露天風呂もあり、のんびりお湯に浸かるのに最適なお宿です。

清水屋


清水屋1


お部屋にお風呂は付いていません。
一間のお部屋でしたがのんびりするだけですから特に不満はありません。

清水屋4


夕食もお値段を考えるとまあこんなもんでしょう。
那須牛の鉄板焼とふぐちりがメインでした。

清水屋2


朝食もよくある和食で、取り立てて美味しいとは思いませんが、特に不満のない内容です。

清水屋3


これからもこのお宿にはお世話になります。
ちなみに、ここも常宿の一つです。
そのくらい、那須湯本のお湯は好きです。

  1. 2007/02/17(土) 09:08:17|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりどこか狂っている

この大変な時にベースアップ要求ですか?

各労組のHP を見ると安全安全ばっかりですが、ここは一度年収でも公表してみたらいかがでしょうか?
都合の悪いことは載せないのはどこも同じですかね。
ひょっとして高給もらわないと安全運行出来ないっていう意識だったりして(笑)。
  1. 2007/02/16(金) 11:30:02|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

43210km

風邪引いて辛いです・・・・。

まだ購入して一年も経っていないのに先日43210km到達しました。

43210km


記念に撮影しておきました(笑)。

ここ最近でも平均燃費は22km/l前後で推移しています。
  1. 2007/02/16(金) 09:10:13|
  2. プリウスNHW20
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・大阪出張決定

勝負に出てみた。
大阪の某プロジェクトスケジュール調整会議である。

普段、この大阪担当は避けているが今回だけは違う。
担当になることが、僕にとってDIAへの架け橋となるからだ。

理由はもちろんANA国内線サンクスプレミアムキャンペーン

気合いを入れた。

いつもなら体だけ参加しながら、頭と手はPCで議事録を取る振りをしながらHPの更新やら修行スケジュールの作成やらバーゲン・超割争奪戦に余念がない僕なのに。

今日は命を懸けていた。

この会議を自分の思惑通りに運ぶことが出来れば、全日空のDIA維持に必要な三月末までの搭乗回数20回中、半分近くはまるまる会社持ちとなるからだ。

ぐふっ。

まずはR&Dに全く疎い営業系の管理職に対し、訳の分からない専門用語をマシンガンのようにいろいろな角度から乱射してみる。

「それはあ・・・・」

「おまえしか分からんのか・・・。」

「そのようですな。ハッハッハ」

畳みかける様に演技してみる。

「うーん、年度末ですか・・・・。厳しいのですが・・・・」

「他に対応出来る人間がいないんじゃ仕方ないだろう」

「うーん」(わざと険しい表情をしてみる)

「R&Dよりも優先する事象が発生しているんだから頼むよ」

いつもなら上記のような発言を受けた場合、相手を完全に叩きのめすはずの僕がわざとあっさり折れてみる。

「判りました。仕方ありませんな」

「悪いな」

ぐふっ。

今回最大の難所と思われていた営業が簡単に墜ちた。

続いてサポートに回るはずの技術系との戦いが始まる。
しかし、ここでサポートなどつけられた場合、僕の行動の自由は半減だ。
さっさと仕事を終わらせて伊丹-高知を往復するなどということが出来なくなってしまう。
何が何でもサポートは回避させなければならない。

「しかし、正直言わせてもらうと、僕にとって技術系はいまいち信用がおけません」

「信用?」

成り行き上、罪もない技術系が犠牲になりそうな雰囲気である。

「ええ、実は以前同じチームでやったことあるのですが、○○○のとき、○○したりして、まあ、何というか、要するに責任転嫁が上手いというか」

自分の幸せのためなら他人を平気で踏みつぶすような行為もいとわない自分が恐ろしくなった。

「ふーん」

「知らなかった」

「まじめそうな連中に見えたんだけど」

僕の一言で罪もない技術系の評判が地に落ちた。

「ですから、要するに、まあ、技術系にサポートしてもらうつもりで担当箇所を任せるよりも、この年度末に大変ではあるのですが、僕一人で動いた方が有事の際、事がスムーズに運ぶと思うんです」

詰めに入る。

「まあ、開発の予定はこの際ですから犠牲にします。現場優先でやらせてもらいます」

「そうか。悪いけどそうしてもらえると助かる。まあ、これも毎年恒例の行事だと思って泣いてくれるか?」

繰り返しになるが、上記のような発言を受けた場合、普段の僕ならば発言者を徹底的にやり込める。


毎年恒例の行事

この部分から現状の非効率的な作業手順とか、その場凌ぎのスケジューリングがいつになったら改正されるのか、その辺まで議論に巻き込んで徹底的にやるはずだ。

「毎年恒例の行事、というような発言からも、貴方の仕事に対する取り組みの甘さが伺える」

とまで言い放つことも可能だろう。

普段北関東に週二回も出張しているのに、大阪出張とはとんでもない。
那覇に出張なら話は別だが。

だけど、ぐふっ

今日の僕は違う。

ウッシッシ

心の中で爆笑しながらそう言ってみた。

「了解」

部長の一言で会議は幕を閉じた。

僕は、今すぐ会議室を飛び出し、羽田空港第二ターミナルに行き

(全面勝訴)

の旗をぐるんぐるん振り回しながら走りたい衝動に駆られた。

技術系にはとても悪いことをしてしまったが、人ひとり幸せになるにためには、きっと多少の犠牲は必要なのだろう。

そうだ、今度何か奢ってあげよう。

そんなことを思いながら、会議後の一服をいつもの非常階段の踊り場で、街並みを眺めながら味わったのだった。
  1. 2007/02/14(水) 09:27:00|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第5週:那覇日帰り往復:JAL:先得運賃

例のごとく、出張先の仕事を無理矢理午前中で終わらせて日帰りです。
車にて羽田空港に到着。
例のごとく新大和に入店。
KAZUさんのHP に海老天丼の美味しそうな写真が出ていたのでこれを注文。
天丼は僕にとってヘビーです(笑)。

食後北ウイングにある東京スター銀行のATMにてお金の引き出し。
一回5万円までですが、他行のカードでも手数料無料なのが嬉しいです。
でも相当に遅いです<このATM。

そしてDPラウンジに入室。
ん~、やっぱりここ最近の混み具合は普通じゃないですね。
これからどうするんだろう・・・・。


(羽田-那覇:普通席)
前回よりはお客さんが多いですが、それでも空いています。
担当スッチーは大仏ヘアーのぽっちゃりおばはん(笑)。
毎日新聞の日曜版に連載されていたぐうたらママを思い出してしまった・・・。

ビデオの故障で、久々のエマージェンシーデモです。
僕にとってはJTA便以来ですか・・・・。
さすがはおばはんスッチー、手慣れています(笑)。

僕はいつもの爆睡へ。
反対側に座っている男性は完璧修行僧。
独り言ぶつぶつ言っていました。
キモー。

JGP向け挨拶有り(挨拶率15/21=71%)。

那覇空港には定刻に到着。
降機時にスッチー全員をチェックしたら1人を除いて全員おばはんですた。
それにしても酸素マスクの出ていた座席があったが、あれも故障だろうか?

出口に歩いているとテレビモニターに
「祝 沖縄観光一億人突破!」
っと出ていましたが、そのうちの100人は僕1人で稼いだ人数です(爆)。

何故だか急にラーメンが食べたくなり、4階の中華料理のお店へ。
ここで五目そばを頂きました。
ごちそうさまですた。

そして発券機で発券&マイル登録。
あとは搭乗時間までサクララウンジで過ごしました。



(那覇-羽田:クラスJ)
じじばばばっかりです。
ほぼ満席。

ドアクローズ後、チーフパーサーより丁重な挨拶有り(挨拶率16/22=73%)。
「日航太郎様、いつもご利用ありがとうございます。今度ともよろしくお願いいたします」

JALは銀行からの融資を調達するために、今年度は何としてでも目標値の黒字を出さなければなりません。
そのために保有株を含めて資産を次々と売却している訳ですが、それでも達成が困難な状況のようです。
太っ腹なキャンペーンを次々に出してくるのはそう言う事情もあります。
僕は特にJAL、ANAと好き嫌いはありませんが、ここは是非頑張ってくださいね。


フライト自体は特記事項無し。
羽田には15分早く到着。
到着口ではたまたまこの日国内線を飛んだ彼女が待っていました。
一緒に帰宅です。

そう言えば一昨年まで付き合っていた彼女には修行しているなんて口が裂けても言えませんでしたが、今の彼女には平気で言っています(笑)。
何と言っても、那覇日帰り修行に付き合わせたことありますから(爆)。

今月はスケジュール表見てもなかなか休みが合いません。

SKD


それにしてもJALは何故パイロットの給与に関してカットをしぶるのでしょうかね?
以前書きましたがコーパイや薄給の訓練生を含む全パイロット2580名の平均年間給与は1940万円。
しかも年収3000万を超えるパイロットが何と約1000人もいるというのだ。
株主の立場から言わせてもらうと本当に開いた口がふさがらない数値です。
ここ数年莫大な赤字を計上し、それを遙かに上回る有利子負債の抱え、株主配当すらゼロ続きであるのにです。


現在行っているJALの給与カットはどの職種でも一律10%ですが(この一律というのもおかしいと思いますが)、実はこの10%はあくまで基本給に対するカットです。
つまり年収1000万円が900万円に下がるということではありません。
パイロットは乗務手当(ステイ手当等を含む)が多いので、給与に占める基本給の割合が他の職種より低く、実際には総給与の3%位のカットと推測されます。
これはどう考えてもパイロット優遇をこの経営難でも平然と行っているという証であり、おかしいと考えるのが筋でしょう。
給与だけでなく、ステイする際のホテルやお部屋までスッチーよりかなり優遇されています。
高給の10%カットが薄給の10%カットよりダメージが少ないのは当然です。

パイロットの年間平均給与を100万円下げて1840万にするだけでも年間25億削減できる計算になります。
200万円下げて1740万にすると50億円の削減効果です。

公的資金を投入されるほど危機的状況だった銀行も、かつては支店長クラスで年収2000万を超える人間がゴロゴロいました。
僕の知っている支店長クラスの人間も、以前より年収が500万以上下がったと言っています。

JALも社長の給料を下げたとか大々的に公言しても、パイロットの給料を抜本的に変えないといつまでたっても変わらないでしょう。
どうして新聞各社も具体的な数値を示して大々的にバッシングしないのか不思議です。

パイロットは専門職でなので辞められると困るから給与カットは微減とか言っている人を掲示板で見かけますが、彼らこそつぶしがきかない職種ですから給与カットくらいで辞めるわけありません。
だいたい、パイロット辞めてどんな職業に就くというのでしょうか?

  1. 2007/02/12(月) 09:40:02|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽天カード入会

ようやく楽天カードに入会しました。

楽天カード


クレジットカードは沢山あるので、これ以上増やしたくないというのが正直なところですが、最近楽天でお買い物する機会が多いことから入会しました。

ちょびリッチ経由で申し込んだので、通常の入会に伴う2000ポイントに加えて、ちょびリッチの1000ポイント(JAL 250マイル相当)もgetしました。

支払いは銀行引き落としではなく、コンビニでEdyを使って払い込みます。
これに備えて、近くのサンクスでKARUWAZA CLUBカードを四枚購入。

にわか陸マイラーとしてせっせとマイルを貯めようと思います。

スマパソはちょっと個人的に抵抗感がありますので入会予定はありません(笑)。

  1. 2007/02/11(日) 09:12:28|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第5週:那覇二往復:JAL:先得運賃

ん~、ステップアップキャンペーンで色褪せてしまったバーゲン・先得FOP修行ですが、ちょうどダブルマイルだし、マイル溜める為にはこれでいいか・・・と自分に言い聞かせています(笑)。

さて、今回は初のJAL那覇二往復です。
今まではJALとANAを組み合わせて二往復はやってきましたが、今回はJALのみで二往復です。
考えただけでも疲れそうですね(笑)。

この日は電車で羽田空港へ。
食欲が無く新大和はパスしてDPラウンジへ。
ここでパンを二つ頂きました。
それにしても北DPはビジネスコーナー満席が多くなってきましたね。
大阪便の出発目前に人口密度が減るのはサクララウンジと同じです。


(1レグ目:羽田-那覇:クラスJ)
満席です。
非常口座席に陣取り、ず~っと寝ていました。
JGP向け挨拶有り(挨拶率12/17=71%)。
目の前のスッチーは可もなく不可もなしと言った感じです。

特記事項無く那覇空港に到着。
出口に歩いているとテレビモニターに
「祝 沖縄観光一億人突破!」
と出ていましたが、そのうちの100人は僕1人で稼いだ人数です(爆)。


お腹も空いたので何か食べようかと思いましたが、よく考えると羽田でAMEXタダ飯が食べられるので我慢。
今年はケチケチ修行がテーマです(笑)。

三階の自動発券機で発券。
2レグ・3レグ目は事後登録の完全非会員での搭乗です。
サクララウンジにはJGCカードを見せて入室。
見た限り僕と同じ行程の修行僧はいません。


(2レグ目:那覇-羽田:クラスJ)
ボロッチャです。
あのシート、どうも首が前傾姿勢になるので好きになれません。
機内ではメトロに乗ってを鑑賞。
良い暇つぶしになりましたが、全部観られないのが残念。
DVDでも買おうと思います。

非会員なのに名前付き挨拶有り。
クラスJの乗客には全員名前付きの挨拶していました(挨拶率13/18=72%)。
ちなみに隣の乗客はJGCです。

羽田空港には定刻より10分早く到着。
この便に折り返し乗りますので、同じクルーという可能性もゼロではありませんが、彼女に聞いたら
「その便で那覇-羽田、羽田-那覇の同一クルーはありえない」
と言いましたので安心。
でも搭乗口に交代のクルーが待機していなかったのが不思議です。
機内にDHが乗っていましたので、そのDHがそのまま乗務するんでしょうかね?

速攻でル・シエールへ。
量が少ないの分かっていてもいつもハヤシライスを注文してしまいます。
王道は新大和→ル・シエールという食事・デザートコースでしょう。
いつかやってみたいと思います。


(3レグ目:羽田-那覇:普通席)
同じ機材ですが、今度は普通席です。
この便、チーフパーサーがおっさんでしたので、確かに交代したみたいですね。

さて、後部座席に陣取りましたが、このフライトは人妻フライトですね。
スッチーはほぼ全員おばはんです。
トホホ。


僕は1レグ目と同様に爆睡へ。
当然ですが、JGC向け挨拶はありませんでした(挨拶率13/19=68%)。
飲み物のサービスはありましたが、口の聞き方も普段より粗かったです。
まあ、非会員での搭乗だから仕方ないか・・・・。

那覇空港には20分遅れて到着。
出口に歩いているとまたまたテレビモニターに
「祝 沖縄観光一億人突破!」
と出ていましたが、そのうちの100人は僕1人で稼いだ人数です(爆)。


三階の自動発券機で発券後、今日二回目の那覇空港サクララウンジへ。
ここでグァバジュースを飲んで過ごしました。


(4レグ目:那覇-羽田:クラスJ)
特記事項のないフライトでした。
変な人いないかな?と見ていましたが、全員まともそうな人でした、僕を除いて(笑)。

JPG向け挨拶有り(挨拶率14/20=70%)。

猛烈なジェット気流の影響で定刻より10分早く到着。
電車で帰宅しました。

それにしても疲れた・・・・。
  1. 2007/02/10(土) 09:39:35|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

超低粘度オイルを試す

今日は車、その中でも潤滑油の話です。
先日5000km走行毎に行っているオイル交換の際、超低粘度オイルを試してみました。
普段はオートバックスブランドのVantageフォーミュラワイドという5W-30の安い鉱物油を入れているのですが、今回は0W-20のネクステージというものを入れました。

ちなみに、オートバックスブランドと言っても、生産しているのはエクソンモービルです。

以前にも書きましたが、ハイブリッド車の場合、エンジンが暖まるのに時間がかかり、特に冬場はかなりの時間、低温状態での走行が続きます。
この低温域での潤滑性確保の意味合いを込めて、超低粘度オイルを試した次第です。
ただし、超低粘度オイルは高温域や高回転時でのエンジン保護作用(粘度不足によるエンジンの過摩耗)が心配されますが、あいにく全く飛ばさなくなったので安心して使えます。

さて、感想は・・・・。
この種のオイルは余程エンジンを回さないと例え高価なオイルを入れてもその違いを体感できないことが多いのですが、今回はよく分かりました。
エンジン始動直後の走行が滑らかになったのは嬉しいことです。

次回交換時には少しは気温が暖かくなっていると思うので、元のオイルに戻そうかと思っています。
  1. 2007/02/08(木) 09:34:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第4週:那覇お泊まり復路:JAL:クラスJ:先得運賃

翌朝一番の便で帰京です。
いつものホテルとは違うホテルなので少し早起きして那覇空港に向かいました。
それにしても眠い・・・・。

発券後サクララウンジでのんびりしていたら・・・・。
入室してきました、エセパイロット(名字はK)。
前回はこちら
前々回はこちらです。
その前はこちらです(笑)。
彼はいつものパターンで行動していました。

さて、機内はクラスJに限っては満席。
僕は爆睡モードで着陸のベルトサインで覚醒。
JGP向け挨拶無し(挨拶率11/16=69%)。

羽田に到着後帰宅しました。
  1. 2007/02/07(水) 09:04:23|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第4週:大阪日帰り往復(回数券運賃)&那覇お泊まり往路(先得運賃):JAL

というわけでまんまとJALの策略にハマり、ステップアップキャンペーン修行に参戦です(笑)。

この日はお休みで、午後便でのんびり那覇入りして翌日帰京という予定でしたが、よく考えるとその前に伊丹往復が可能でしたのでやってしまいました。

早朝に起床して大江戸線・都営浅草線・京急と乗り継いで羽田空港へ。
京急も出勤途中のスッチーが何人も乗っていました。
化粧がばっちりなのですぐにスッチーと分かります(笑)。
今年は節約して修行しようと決意しましたのでなるべく電車を使って羽田に行きたいと思います。


(羽田-伊丹:クラスJ:回数券一枚目)
前日に楽天経由で回数券を決済。
羞恥プレイ回避のため、往路は適当な日付で予約しています。

自動発券機で発券。
一杯チケットが出てきました(笑)。
それからしこたま残っているクラスJクーポンを消費するためにクラスJ空席待ちを入れました。

クラスJクーポン


当初朝食にと、新大和に入る予定でしたが、食欲が無かったので中止。
DPラウンジでパンだけ頂きました。
それにしても早朝のDPラウンジも混むようになりましたね。
ビジネスコーナーも満席でした。
うち、修行僧と思われる恰好した人3名(笑)。

さて、難なくクラスJもget。
機内は満席。
何故か隣の男は滑走路の番号や出発時刻などを詳細にメモっていました。
彼も修行僧あるいはオタでしょう。
JGP向け挨拶無し(挨拶率9/13=69%)。
伊丹便は混んでいる上、飛行時間が短いので挨拶が少ないですね。
後日彼女にこのことを話したら
「私は必ず挨拶してるよ」
とのこと。

伊丹空港には定刻に到着。
早速ラウンジオーサカに入室。
ここで帰り便の予約をしてしばしのんびり。
帰り便は同一機材の一つ後の便です。

それから自動発券機でチェックイン後、カウンターにてクラスJ空席待ちを入れました。


(伊丹-羽田:クラスJ)
サクララウンジ(保安検査場近くの)で搭乗時間まで過ごしました。
ここは空いていて、快適に過ごせました。

さて、機内はこれまたほぼ満席。
特記事項無く定刻に羽田に到着。
JGP向け挨拶無し(挨拶率9/14=64%)
ちなみに以前に書いたか覚えていませんが、JGP以上には挨拶することになっているそうで、JGCへの挨拶に関してはスッチー個人の判断だそうです。


早速ル・シエールに入店。
ハヤシライスを頂きました。
もうちょっと量が多くなりませんかね?
腹持ち良くないです(笑)。


その後那覇便を発券。
搭乗時間までDPラウンジで過ごしました。


(羽田-那覇:普通席)
相変わらずのがら空きです。
着席後早々に担当スッチーから挨拶有り。
でもちょっと息がたばこ臭かったです。
成田オペレーションセンター三階のカフェ(幻滅カフェ)を思い出しました。
最初に入ったときは制服姿でタバコぷかぷかなスッチーが大勢座っていたのに驚いたことを覚えています。

今回は非常口座席です。
そんでもって目の前に座ったスッチーは推定年齢40代前半。
この年齢にして美人なのには感激です(笑)。
20代で可愛いスッチーは沢山いますが、40代で美人というのは希有な存在です。

何故かおばはんスッチーから話しかけられることが多い僕。
今回もしばし会話。
この日は那覇往復で仕事終わりだそうです。
いろいろ話しましたが、このグループはKPNだな。
途中経過は企業秘密ですがお友達になれそうです(笑)。

那覇空港には定刻に到着。
ホテルにチェックイン後、友人と合流。
今回のホテルはいつものホテルではなくここです。
DFSを一緒にぶらぶらしてからここで夕飯&飲み。
ここは4月に東京進出です。
オープンしたら行ってみようと思います。

酔っぱらってホテルに戻り爆睡しました。



* この後JALからスタートダッシュキャンペーンが始まりましたので、JALでの伊丹往復はこれで終了することにしました。
トホホ

  1. 2007/02/06(火) 09:46:27|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPG Platinumカード到着

先日SPGのプラチナカードが到着しました。
来年の2月29日まで有効です。

SPG-P


プラチナになってから都内およびその近郊で宿泊したホテルはここここだけですが、特にここはUPや朝食券等、プラチナに対する優遇が良好です。
建物は古いですが、のんびり滞在するには良いかも知れません。

  1. 2007/02/05(月) 09:55:18|
  2. ホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月第4週:那覇日帰り:JAL:先得運賃

またまた那覇日帰りです。
それにしても去年は札幌-那覇線でも修行しましたが、今月は那覇線のみで修行です。

この日は午前中横浜で仕事。
さっさと終わらせてお昼の便で修行です。
車で羽田空港に到着後、いつもの新大和でお蕎麦を頂きました。
ごちそうさま。

最近DPラウンジで思うことは混み具合が激しくなってきたこと。
特にビジネスコーナーが満席のことが結構あり、現在行っているステップアップキャンペーンで今後JGP以上が増えることを考えると、ブースを増やさないと不満が爆発かも知れません。
特に南は面積も狭く、九州・那覇方面の方もわざわざ北DPラウンジに入室している人が多いみたいです。


(羽田-那覇:普通席)
今回は非常口座席です。
隣は二席共空席。
しかし目の前に座ったスッチーはスカートがはち切れんばかりのぽっちゃり体型でした。
トホホ。
タキシング中にチーフパーサーよりJGP向け挨拶有り(挨拶率8/11=73%)。

最近睡眠不足なので即爆睡。
着陸時のアナウンスで目が覚めました。
飲み物のサービス無し。

機材到着遅れで20分遅延して那覇空港に到着。

そのまま三階の自動発券機で発券&マイル登録。
隣でも僕と同じ便で飛んできた男がチェックインしています(笑)。
帰りも同じ便かな???


(那覇-羽田:クラスJ)
普段この便のクラスJは満席なのですが、今回に限っては5席ほど空席がありました。
珍しいですね。

予めロイヤルで夕飯用のパンを購入しておいたので飲み物のサービスに合わせて頂きました。
それから機内ビデオを見ていましたが、あのminmiって初めて見ました。
有名なんですか?
最近の流行にはついていけません(笑)。
オジサンになった証拠ですね<僕。

さて、前に座っていたデブおばはん。
スッチーにコメントカードを手渡していました。
何かご立腹の模様です。
原因は分かりませんが、いろんなお客さんを相手にするのも大変だなあ・・・・。
JGP向け挨拶有り(挨拶率9/12=75%)。

羽田空港には定刻に到着。
そのまま帰宅しました。
  1. 2007/02/03(土) 09:16:42|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAL「FLY ON ポイント」スタートダッシュキャンペーン

ハイ、もう何でもやってください(笑)。

スタートダッシュキャンペーン


またまた修行日程組み直します。
トホホ。

もっとエスカレートして
客室乗務員お持ち帰りキャンペーン
とかやってくれないかな?(爆)

  1. 2007/02/02(金) 09:30:07|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANAダブルマイルキャンペーン

遅きに失した感がありますが、ANAでも今日からダブルマイルキャンペーンが始まっています。

ANAダブルマイルキャンペーン


登録も今日からやっていますので搭乗しない方も取りあえず登録だけはしておきましょう(笑)。
加えて昨日も書きましたがANA国内線サンクスプレミアムキャンペーン、対象がいわゆる多頻度会員だけですから、要は多頻度会員を繋ぎ止めておきたいという思惑です。
さすがにこの手のキャンペーンに関しては後出しじゃんけんが多いANA。
出してくるときはJALの一枚上を行っています。
JALは多頻度会員ではない人間も対象となっている場合がありますから、果たしてこの勝負、どちらが勝つんでしょうかね。

こういうキャンペーンは先に出して広く宣伝した方が勝ちなのですが、JALのダブルマイルキャンペーンステップアップキャンペーンは特定の人間にだけ告知するというポカをしてしまったのでキャンペーンの存在すら知らない人も多いはず。
こういうのはしっかり戦略を練ってやらないとダメですね。

さて、このダブルマイルキャンペーン、JALと異なり期間が3月31日までです。
そしたらJALも追随してキャンペーン期間を同様の3月31日(従来は3月20日まで)にまで延長しました。
この延長したキャンペーンも別途登録が必要みたいなので皆様しっかり登録しましょう。

それにしても特典航空券やアップグレードが取りにくい全日空
DIAをしこたま増やしてどうするんでしょうかね?
平SFCやPLT会員の不満が大爆発しそうな予感・・・・。
このキャンペーン合戦、将来的にANAがお客さんを減らすような気がしてなりません。

  1. 2007/02/01(木) 09:40:22|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。