日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月第4週:羽田-大阪日帰り出張:JAL:株主優待運賃

今月二回目の大阪出張です。
前回同様、仕事は数時間で終わる会議なので今回も日帰りにしました。
早朝便で大阪入り、夕方便で帰京というパターンです。
この日も夜から都内の忘年会に参加予定です。


早起きして京急で羽田空港に到着。
新大和で朝食でも食べようかなと思いましたが、前日忘年会で深酒してしまい、完全な二日酔い。
食欲ゼロでしたので何も食べずに発券&ラウンジへ。
DPラウンジと言えども結構混んでますね。
北ウィングのビジネスコーナーは満席。


(羽田-伊丹:普通席)
機内はほぼ満席。
やはりほとんどはビジネスマンです。
そう言えば以前付き合っていた彼女が
「伊丹便はお客さんがピリピリしているからイヤ」と言っていましたが、どうなんでしょうね。
別に僕はピリピリしていませんが(笑)。

さて、この日は揺れる揺れる。
飛行時間も短いですが、ベルトサインが消灯していた時間は恐らく数分だったと思います。
従って飲み物のサービス無しです。

伊丹空港には定刻に到着。
バスにて出張先に向かいました。


会議終了後、全員で食事。
今回は会議室でお弁当です。
ビールのおまけ付き(笑)。
真っ昼間から会社公認でビールですが、僕は二日酔いで飲む気にはなれませんでした。


その後、梅田をぶらぶらしてハービス大阪からバスにて伊丹空港に移動。
発券後久しぶりにラウンジ・オーサカに入りました。
ここはクレジットカードラウンジで、喫煙室もあるので喫煙派には嬉しいラウンジです。
保安区域外にありますので、搭乗時間はきちんとチェックしなければなりません。

それからサクララウンジへ。
伊丹のサクララウンジはエレベーターで上がる方のラウンジが空いていますね。
驚いたのは、ここのミルク、普通のミルクです。
Signetの場合は間違いなく低脂肪乳で、正直美味しくないのですが、普通のミルクは僕にとっては嬉しいです。


(伊丹-羽田:普通席)
空席待ちが面倒だったので普通席にしました。
復路は満席。
往路同様、結構揺れましたが、飲み物のサービスはありました。
ただし、冷たい飲み物だけです。

羽田には定刻に到着。
そのまま忘年会に向かいました。
この日はここで忘年会です。

これで今年の飛行機搭乗は終わりです。



さて、これで今年最後の更新です。
つまらない日記を見て頂き、ありがとうございました。
大したこと書いていないですが、来年も修行を中心とした日常生活のほんの一端を書きたいと思っています。

皆様良いお年を。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 09:17:43|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月第4週:羽田-大阪日帰り出張:JAL:先得運賃

久々の大阪出張です。
以前、毎週大阪出張があった時期があり、SFCもその時に取ったものです。
多分一年振りくらいかと思います。
今回はお泊まりでも良かったのですが、あいにく都内での忘年会と重なり、しかも幹事が僕でしたので大阪にステイするわけにはいきません。
出張自体は会議だけなので日帰りも十分可能な出張です。
朝便で大阪入り、午後の便で帰京という行程です。

今回は電車で空港まで行きました。
新大和で朝食を頂こうと思っていたのですが、時間が無く、到着後すぐにチェックイン。


(羽田-伊丹:普通席)
ほとんどスーツ着たビジネスマンですね。
朝の便にもかかわらずほぼ満席。
DHのスッチーが大量に乗っていました。

普段那覇線に乗り慣れているせいか、飛行時間が随分と短く感じました。
僕は離陸後爆睡モードで、結局飲み物のサービスは受けられず。

最後のアナウンスが笑えました。
We wish your pleasant stay, here in Tokyo.・・・・あっ、here in Osaka.

伊丹空港到着後、バスにて新大阪に移動。
大阪支社に徒歩にて向かいました。

会議自体は2時間で終了。
ちなみにランチはここで頂きました。
余り美味しくなかったな・・・・。
でもこの値段では仕方ないか。

それから再びバスにて伊丹空港に移動です。
復路は大量に余っているクラスJクーポンの出番です。
カウンターにて発券後、空席待ち。
搭乗まで二時間ありましたので、空港内をぶらぶら。
年末ジャンボを50枚購入しました。

それからサクララウンジにてのんびり過ごしました。


(伊丹-羽田:クラスJ)
そんでもってクラスJ空席待ちは難なくOK。
大阪便だとno showが多いんでしょう。
この時間帯は羽田が混雑するので、出発が遅れるのは昔のまんまですね。
定刻より20分遅れて出発。

機内では余り寝られず。
ウトウトして気が付くとこのシールが貼ってありました。

お目覚めシール


機内誌を読んで過ごしましたが、今月号のSky Wordには何故か浅田次郎エッセイがありませんね。
何でだろう?

僕の横を二回ほどスッチーが通り過ぎましたが、お目覚めシールに気が付かないのか、飲み物のサービスは結局受けられませんでした。
飛行時間が短いのか?面倒くさいのは分かりますが、こういうのはしっかりサービスして欲しいものです。
これではシールの意味無いじゃん。

羽田に到着後、速攻でここに向かいました。
この日は高校時代仲良かった連中で内輪の忘年会でした。
まあまあ美味しかったかな。
30代半ばになると結構地方に赴任している人間も多く、全員集めるというのは無理ですね。

その前々日は中学時代のクラスメートの忘年会でしたが、中高一貫だったのでメンツがかぶっています。
その中の二名は学部・学科まで同じだったりします(笑)

  1. 2006/12/30(土) 09:11:41|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月第3週:羽田-那覇お泊まり復路:普通席:旅割運賃

ANA DIA修行最終回です。
いつものように朝一番の便で、午後から出社というパターンです。

ホテルをチェックアウト後、ゆいレールにて那覇空港へ。
前日の往路同様、あえてSSPにはUGせず、普通席にて発券しました。

Signetは前回より更に混んでいました。
羽田行き朝一番の前に福岡行きがあるのですが、結構福岡に行く人も多いんですね。

さて、機内は搭乗率50%位。
非常口座席でしたが、今回も隣二席は空席でした。
でも目の前のスッチーはオバハンですた。
残念。

羽田空港には定刻に到着。
これでDIA到達です。

DIAようこそ


振り返ると長かったなあ・・・・。
もうこんな無茶は二度としないと思います(笑)。

取りあえず、来年のワシントン出張まで全日空に搭乗する予定はありません。
DIAになったからには来年・再来年は特典航空券を目一杯使おうと思います。

  1. 2006/12/29(金) 09:33:39|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月第3週:羽田-那覇お泊まり往路:普通席:旅割運賃

今回の修行でANA修行も最後となります。
来年はJAL一本に絞りますのでANAは特典航空券専用での搭乗になると思います。

この日は19時まで会社にいて、猛ダッシュで羽田空港へ。
車で行きました。
当然、新大和に行く時間もなく、チェックイン後にSignetへ。
実はUGクーポンが二枚余っているので今回の修行で使おうとも考えましたが、最後のANA修行なので修行らしく普通席にしました。

当初R側非常口座席(通路側)を指定していましたが、直前チェックで窓側を誰かが占拠することが判明。
座席を変更して後部座席にしました。

機内はガラガラ。
超割期間でもないと夜の便はガラガラですね。

担当スッチーはおばはんでした(推定年齢40代半ば)。
トホホ。

普段は爆睡するのですが、今回は子供の泣き声で眠れず。
本を読んで過ごしました。
途中もの凄い乱気流でいきなりベルトサイン点灯。
通路を歩いていたスッチーがたまらず客席に座り込む程の乱気流でした。
ギャレーは大丈夫だったようです。

強烈な向かい風のため30分遅れで那覇空港に到着。
ゆいレールの終電にてホテルに向かいました。
  1. 2006/12/28(木) 09:01:57|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月第3週:羽田-那覇日帰り往復:SSP:超割運賃

三日間空いてしまいましたが、クリスマスは温泉に浸かってのんびりすごしておりました。
お宿は12月のサマリーで紹介したいと思います。


さて、ANAのDIA修行もラストスパートです。
この日は日帰り単純往復です。
そうそう、特に出張とか旅行とか書いていない限りは修行での搭乗という意味ですのでよろしくお願いいたします。

この日は夕方から出勤ですのでのんびり修行できます。
早朝に羽田に電車で行きました。
発券後早速SSPへのUGを申し込み。
カウンターのモニターにはSSP×と表示されていましたが、難なくOKが出ました。
そして搭乗時間までSignetで過ごしました。
結構早朝にもかかわらずビジネスマンが多いですね。


(羽田-那覇:ANA:SSP)
カウンターの表示は×にも関わらずSSPに限っては50%の搭乗率です。
僕の隣も空席でした。
隣の隣は恐らく修行僧。
恰好より判断しました(笑)。

最近気が付いたのですが、ANAはセレクターレバーの変更のアナウンスが

Cabin attendant, move selector lever to automatic.

に統一されたのでしょうか?
最近このアナウンスしか聞いたことがありません。
昔からそうでしたっけ?

僕は離陸後爆睡。
一時間後に目が覚めました。

早速スッチーがやってきて朝食を頂きました。
パンにスープという簡単なものですが美味しく頂きました。
メニューはこんな感じです。

HND-OKA朝食1


そしてまた睡眠。

ちなみに担当スッチーは若かったですが、可愛くなかったです。
制服30%増しの法則から考えると、私服だとどうなんでしょうね・・・・。
チーフパーサーの方が美人でした。

那覇空港には定刻に到着。
僕の前を歩くのは隣の隣に座っていた修行僧(この時点では推定)。
どうせこのまま一階から三階のカウンターにまっしぐらだなと思ったらその通りでした(笑)。
この時点で修行僧確定。
恐らく彼は11:45発の便で羽田に折り返しだと思います。
以前僕もやったことありますから。

僕は午後一番の便でしたので、取りあえず発券してSSPを確保しておきました。
今回も前回の日帰り往復同様、復路はwebよりログインせずに非会員で決済。
決済はANAカードです。
SSPへのUGはUGクーポンを使いました。

そして暇つぶしにDFSへ。
よせばいいのに、鏡餅の形をした泡盛(三年熟成)を二本購入。
正月向け限定商品みたいです。
そして店内をブラブラしているうちに買ってしまいました。

それから那覇空港に大人しく戻りました。
特にすることもなかったのでSignetへ。
時刻は11:00ちょうど。

入室すると例の修行僧がいました(笑)。
彼は漫画を熱心に見ていましたが、そのうち寝てしまいました。
もうfinal callしているのに大丈夫か?
他人事ながら心配になりましたが、最後の最後にラウンジ嬢に起こされていました。
修行僧たるもの、修行の時は集中しなければなりません。
特に搭乗前なら当然です。
オメー、修行僧失格だぞ。

さて、ラウンジで一時間ほど過ごして、いざ搭乗です。


(那覇-羽田:ANA:SSP)
往路とは違ってSSPは満席。
この時間帯はお弁当ではなくお菓子が出ます。
山形県蔵王のお菓子でしたが、このお店、聞いたことがあります。
ラスクで有名なお店ですね。
機内では食べずに持ち帰りました。

羽田には定刻に到着。
そのまま職場に向かいました。

  1. 2006/12/27(水) 09:14:49|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGプラチナ取得後初宿泊

先週から連日の忘年会。
忘年会貧乏になりそうです。

先日、某取引先の忘年会が中華街で開かれましたので行ってきました。
この取引先、三次会まであるのが例年ですので仕方なく横浜のホテルを予約しました。
どうせ酔っぱらって、帰宅するの面倒になることミエミエです。

予約したホテルはここ
じゃらんで一番安いレートで予約しました。
個人的にはSPGのプラチナ取得後初の宿泊なので、どんな待遇なのか興味津々です。
ちなみに、プラチナ会員の特典はこちらをどうぞ

深夜にチェックインしましたが、何故か
「タワーズラウンジ(26F)でチェックインをお願いいたします」
と。

このタワーズラウンジ、タワーズフロア(26F・27F)宿泊者専用のフロアで、ここでチェックイン。
どのくらいUGしてくれるのか興味津々でしたが、この日は満室に近い状態で、セミダブルからノーマルダブルにUGされたのみ。

sheraton


「今日は満室に近くて申し訳ありません」

と言われてしまいましたが、まあ泊まるだけですから。

通常加算のスターポイントに加えて、500スターポイントがボーナスとして頂けるみたいです。
フィットネスも無料ですが、そんなの興味なし(笑)。

朝食のサービスとフリードリンクサービスも付いてきましたが、結局早朝にチェックアウトしたので共に利用せず。

ん~、こんなもんか?
今度は時間のあるときにでもまた泊まってみたいと思います。



さて、僕は明日から二日間有給を頂いてクリスマスはのんびりしてきます。
ちょっと早いですが、皆様メリークリスマス

michigan ave

  1. 2006/12/23(土) 09:10:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月第2週:那覇-羽田お泊まり復路:SSP:旅割運賃

朝一番で帰るので早起きです。
朝食は今回もパスしてホテルをチェックアウト。
ゆいレールに乗っていると前日同じ車両に乗っていたヲタ発見。
修行僧確定です(笑)。
どうしてヲタって分かりやすい恰好するんでしょうね。
まあ修行僧という意味では同士ですが(笑)。

空港に着いて早速カウンターにてSSPのUGを申し入れました。
結果はすんなりOK。
今回は余っているアップグレード券を使いました。

早速Signetへ。
平日とあっていつもよりスーツを着たビジネスマンが目立ちます。
ヘルシア緑茶もいつもより減りが少ないです。

さて、機内はSSPにも4席空席がありました。
この時間帯は簡単な朝食が付くんですけどね。
やっぱりプラス5000円は一つのハードルなのでしょう。

メニューはこんな感じです。

SSP朝食


美味しく頂きました。

羽田には定刻より10分早く到着。
そのまましゅっ、出勤しました。

  1. 2006/12/22(金) 09:55:56|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月第2週:羽田-那覇お泊まり往路:普通席:旅割運賃

毎度お馴染みの那覇お泊まり修行。
今回は夜便で那覇入り、翌日朝一番の便で帰京という予定です。

前回と異なり、余裕を持って羽田空港P3に駐車します。
ついでに駐車場事務所で日帰り回数券をEdyにて購入。
先日日帰り回数券を購入したばかりですが、今はEdyキャンペーン中ですので、まとめ買いしておきました。

それから第一ターミナルに移動。
目的はもちろん新大和。
今回もかき揚げうどんを頂きました。
タダなので文句を言う筋合いはないのですが、かつおダシにして頂けると嬉しいです。

食後第二ターミナルにリターン。
自動発券機で発券してSignetへ・・・・と思ったら時間が無くて搭乗。

今回は非常口座席、しかもR側を指定しました。
3列シートに僕のみ。
後ろの列にも誰もいません。
機内ガラ空き。
当然この機会を有効活用しない手はありません。

途中企業秘密のため省略。

知り合いが一名増えそうです。


那覇空港には定刻に到着。
ゆいレールに乗っていると一名典型的ヲタ発見。
恰好や妙に少ない手荷物でそう判断しました。

そしていつものホテルにチェックイン。
またまた宮平低温殺菌牛乳をお土産に買って、シャワー浴びて就寝です。
  1. 2006/12/21(木) 09:40:36|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラブ・オンお買い物券

今年で失効予定のクラブ・オンポイントが約30000ポイントあったので出張から会社に戻る途中に池袋西武にて40000ポイント(4万円分)をお買い物券に交換しました。

クラブオンお買い物券


西武はANAのショッピングアルファ対象店舗でもあるのですが、ANAカードで決済してもクラブ・オンポイントが別途加算されるので素晴らしいシステムになっています。
ちなみに、商品券でお買い物してもポイントが加算されます。


僕の場合はプラチナメンバー・・・・というか、実は外商が付いているので
プラチナサロンでお買い物券に交換しました。
通常のクラブ・オンデスクで交換するとすんごい待たされます。
残り100000ポイント残っていますが、来年3月には更に50000ポイントがボーナスで加算される予定です。
何に使おうかな・・・・。


ちなみに、このクラブオン・ゴールドカード、所謂外商カードのようです。

クラブオンゴールド


年会費無料。
枠は200万です。
僕にとっては有楽町・渋谷で駐車場三時間無料になるのが最大のメリットです。
マイラーの僕は当然クレジットカードとしては使いません、このカードは。

  1. 2006/12/19(火) 09:28:06|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月第2週:羽田-那覇日帰り:株主優待運賃・超割運賃のはずが普通運賃扱い

先月の那覇お泊まり修行の時に復路の那覇-羽田が大幅遅延になり急遽ANAからJALに乗り換えたと書きましたが、そのお陰でもう一往復那覇修行をしなければならなくなってしまいました。
今回はその修行です。

往復ANAでも良かったのですが、よく考えるとJALキャンペーンが二つありますので、往路はJALにしました。


午前中は横浜で仕事して、午後からしゅっ、修行です。
P3に駐車してからシャトルバスで第一ターミナルに移動。
カウンターで発券。
今回はクラスJクーポンを使いました。
もうJALは修行が終了しているのでお金払ってクラスJに乗る意味がありません。

それからいつもの新大和に移動。
今回はかき揚げうどんを頂きました。
お隣の女性もアメックスメニュー頼んでいました。

食後、ル・シエールにはしごしてケーキでも食べようかなと思っていましたが、もともと小食なのでうどんだけでお腹一杯。

南ウィングのDPラウンジに入室して、ビジネスコーナーで仕事していました。
さすがにバーゲン期間でもないので空いています。



(羽田-那覇:JAL:クラスJ)
スカイラックス仕様のクラスJです。
座席数が少ないので当然クラスJに限っては満席。
離陸後、即爆睡。
こんなに寝られるのか???というくらい寝てしまいました。

那覇空港には定刻に到着。
その後、早速ANAカウンターにて発券。
SSPへのUGを目論んでいたので申し込んだら空席待ちと。
種別Aの三番目だと微妙ですね。

それから呼び出し時間までSignetで過ごしました。
Signetもこの時間帯にしては珍しく空いていました。
やはり那覇路線は上級会員と言えども超割客が多いのでしょう。

さて、空席待ちの結果は・・・・。
無事get。
でもよく考えると20時10分発ですから、お弁当出ないんでした・・・・。
お弁当を買い込んで機内に入りました。


(那覇-羽田:ANA:SSP)
往路で爆睡してしまったので余り寝られず。
車で来たのでお酒も飲めず。
お弁当とお茶のみです。
箱に入った茶菓子も頂きましたが、食べずにシートポケットへ。

困ったのは隣に座った女性が挙動不審なこと。
搭乗時も僕の座席に荷物を沢山置くなど、ちょっと常識では考えられないようなことしていましたが、飛行中も舌打ちを頻回にしたり、独り言ぶつぶつ言ったりと、何だかちょっと怖かったです。
一人旅のようですが、何故か那覇路線で一人旅と思われる女性に美人はいません。

羽田には定刻より10分早く到着。
大人しく帰宅しました。
  1. 2006/12/18(月) 08:56:40|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酔っぱらい派遣女

ハッハッハ。
先日の夕方、会社の別部署、顔見知りの28歳派遣OLより電話がありました

今夜忘年会なので、来い

とのことです。

一字一句そのまま彼女の言葉を伝えます。

今夜忘年会なので、来い

とのことです。

無理して購入した杉並区のマンションのローンに苦しむ28歳派遣OLがなぜ僕の携帯番号を知っているのか不思議でなりませんが、まあ、そんなところです。

今夜忘年会なので、来い

既に彼女は酔っぱらっているようです。

多分、妙に自分だけハイテンションで忘年会に登場して油断できない女、というキャラクターを参加者に印象づけるため、夜には少し早いこの時間から独りでここで飲んだくれているのでしょう。
そんな時間にここで酩酊しているなんて、信じられない。
ビールを飲むお金があるなら、ローン返済に充てろよ。

しかしそんな時こそ毅然とした態度で望む必要があります。
例え、相手は一年中でかパンツを愛用している酔っぱらい巨乳女とは言っても、そんな時こそ心の中に佇む正義感いっぱいの好青年で接しなければなりません。

ですから、僕はこう言いました。

そんな所で酔っぱらっていると、やっちゃうぞ

さあ皆様ご唱和ください。

そんな所で酔っぱらっていると、やっちゃうぞ

郷愁を誘うその一言が、彼女の荒んだ心に暖かい灯火をつけたのでしょうか、いきなり身の上話です。

何でもこのご時世、時給で働いている彼女は、最近仕事が暇になると強制的に退社だそうです。
はじめのうちはそんな契約ではない、とゴネたそうですが、実は先月から密かに契約条項に盛り込まれていたそうなのです。
忘年会の今日も実はそんな訳でお昼であがらされてしまい、夜までの時間つぶしで飲んだくれているとのことでした。

派遣社員という立場にありながら時給カット。
それじゃあ、会社のお掃除おばさんと大してかわらんなあ。

しみじみそう思いました。

分かった、やらせてくれるんだったら、行くよ

そのように言って電話を切ります。

もちろん行く訳ありません。
そんな現状の彼女と、やっちゃう気になんかならないからです。

というのは嘘で、別の忘年会があるのです。
それにスカートのパン線で判明した彼女のデカパンを思い出したら、やっちゃう気になんかなれっこないさ。



  1. 2006/12/17(日) 08:58:29|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月サマリー

遅くなりましたが11月のサマリーです。

JAL 100000FOP達成
ANA 88000 PP (達成率88%)

JALはDIA維持決定。
ANAは今月DIAに到達です。

もうすぐダイヤ


クレジットカードのポイント関係では、
Diners 2100ポイント(ANA 21万マイル相当)
SFC-Master 29000ポイント(ANA29万マイル相当)

DinersはPremium独自のボーナスポイントが300ポイント(3万マイル相当)が加算されました。

ダイナースポイント


それからSFC-Masterの5000ポイントをANA50000マイルに移行。

その他では
楽天スーパーポイント 8000ポイント(ANA3500マイル相当:プラチナ会員です)ですが、ANAマイルに移行(4000マイル)。
SPG 60000スターポイント(6万マイル相当)、プラチナも確定しました。


さて、今回紹介するお宿は鹿児島出張の時に二日目に泊まったこのお宿

ふたり静建物


今年4月オープンの旅館で、全て離れになっています。
箱根や由布院に数多くある所謂おしゃれな温泉宿の範疇に入るかと思います。
この種のお宿は今まで霧島周辺にはありませんでしたから、そう言う意味では貴重な宿となりそうな感じ・・・・というのが宿泊前の印象です。


離れは五棟ありますが、僕が泊まったのは「鳥の音」という名の離れです。
居間、寝室(ベッド)の二間で、内風呂、露天風呂、サウナが付いています。
ちなみにこのお宿には大浴場はありません。

お湯は分析表がありませんでしたが、匂いから考えると恐らくナトリウム-硫酸塩泉。
ほのかに硫化水素の匂いがします。
余談ですが、最近の泉質はその温泉に含まれる主要なイオン組成で表現します。
ナトリウム硫酸塩泉というのは主要成分にNa+イオンとSO42-イオンを含む温泉という意味です。
(プラスイオン)-(マイナスイオン)泉という順序です。
ちなみに旧分類では芒硝泉と呼んでいました。


掛け流しの非常に良いお湯であります。
残念だったのは湯船が広くなく、内風呂でかろうじて二人が足を伸ばして入浴できる程度。

ふたり静お風呂


露天風呂は樽で、一人でも足を伸ばせません。

ふたり静露天


この種のお宿はカップル客が大多数でしょうから、内風呂・露天風呂共に二人が足を伸ばして入浴できる湯船でないと不満が残ります。
お湯が良いだけに、この「鳥の音」の湯船は残念でなりません。
っていうか、そんなの温泉宿の基本だろ?

食事は「モダン懐石」なるコンセプトで、このお宿のパンフレットを見ても、料理にかなりの自信を持っていることが伺えます。

ふたり静メニュー


料理は・・・・・
(1)食前酒(杏酒ゼリー)
(2)海の幸の仲間たち、サラダ仕立て、ソースハーモニー
(3)スモークサーモンの洋風押し寿司、キャビアと共に
(4)キノコとからしのおひたし、秋便り
(5)煮穴子の天麩羅
(6)お造り(とろ鮪、真鯛、ぼたん海老、ウニ、サラダ)
(7)ボルシチ、シベリア風
(8)フォアグラステーキ・和風仕立て、柚子胡椒の餡かけ

ふたり静フォアグラ


(9)お口直し(とろろそばのいくら掛け)
(10)鹿児島県産牛ヒレ網焼きステーキ、みぞれ酢ソースで

ふたり静お肉


(11)松茸、ちりめん山椒の出し茶漬け、梅の香り、香の物
(12)南瓜のムース、さつま芋アイス、旬のフルーツ

ふたり静デザート


そこそこ美味しかったのは(4)、(5)、(8)、(10)、(11)。
(2)よく分からんし、そもそも全体的なメニューを考えるとこの品は不要。
(6)はお造りの下にサラダなんか敷かず、そのまま出せばよろしい。
(7)何故ここでボルシチなのか理解に苦しむが・・・・。もっとシンプルにすればいいのに。
(9)もうこの時点で結構満腹なのだから、お口直しは冷たく甘い物を出すのが鉄則。

モダン懐石とはつまり和と洋の融合ということなのでしょうが、振り返ると印象の薄い料理でした。
どんな料理を客に食べさせたいのか?が見えてこないんです。


ベッドは寝心地の良いもので、熟睡できました。

ふたり静寝室


ただし、内風呂が隣にあるため、お湯が湯船に注がれる音が結構室内に侵入。
耳障りな音ではないのですが、気になる人は気になると思います。

朝ご飯はよくある和食のもの。

ふたり静朝食


やっぱりこういう朝ご飯が一番ですね。

総合すると、やはりあの湯船を何とかしないとリピーターは出てこないと思います。
点数を付けると65点かな・・・・。


  1. 2006/12/16(土) 09:38:59|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんなの夏空キャンペーンI.Cクーポン減額

こんなお手紙が来ました。
トホホ。
お詫び

  1. 2006/12/14(木) 12:29:58|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲み会での一コマ

もう師走。
忘年会シーズンに突入です。
僕に関しては今日から連日忘年会です。
部署別、会社の仲間内、取引先、大学の同級生、高校の同級生・・・・。
挙げればキリがない。
これが来週一杯まで続くと思うとちょっと・・・いや、かなり憂鬱。
ダブルヘッダーもあるのだが、取捨選択して出席しようと思う。

さて、先日別部署のフェミニスト二郎(仮名)とひょんなことから飲みに行った。

「おごりますよ」

そういわれて、僕と部下である山口(仮名)はうきうきしながらついていった。
同じ部署で二ヶ月前から来ている可愛くない派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)は誘わない。

フェミニスト二郎はダブルのスーツを着ていてかっこいい。
きっとモテるんだろう。
ホモじゃなければ。

おまけに、派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)にもとても優しく接してくれる。
お陰で僕らの部署の乾いて寒い、殺伐とした雰囲気が和らぐ。
フェミニスト二郎はいい人だ。

会社を出ようとしたら、思った通り、フェミニスト二郎は派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)にも声をかけようとした。

「あ、そうだ、派遣一号娘と派遣二号娘さんも呼ぼうよ」

僕と山口は無言で激しく首を横に振った。
十秒で30回振った。

フェミニスト二郎はやけに寂しげに微笑んだ。
少しだけ、わかってくれたようだった。

「なんか、冷たいよね」

某焼鳥屋でまだビールもきていないというのに、いきなりくだを巻く。
フェミニスト二郎だ。

(もしかして、フェミニスト二郎って、酒癖悪いの?)

僕は思ったが、よく考えたらまだビールが来ていなかったのだ。
なのに、いきなりだ。
お絞りで顔を拭いたとたん、それだ。

「なに、なに?」
「日航太郎と山口、派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)に、冷たくない?」

そのことか。
確かにお昼時、僕は別の女の子とランチに出る。
派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)と一緒にランチするのは月に一回くらいだ。
しかも仕方なくそうしているのだ。

「そうかなあ」

僕はとぼけた。
冷たいとかじゃなくて、僕は派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)の存在そのものに我慢ができないのだ。
冷たくしているわけじゃなくて、存在そのものを僕の中では抹殺しようと努力しているのだ。

「僕から見ると、二人とも冷たい、うん、冷たいよ」

「おかしいなあ」

またとぼけた。

そしたら部下の山口が突然、もう我慢できないみたいな感じで話し始める。

「あいつら、はっきり言って人間じゃないっすよ。ひどすぎますよ。あそこまで行くと犯罪っすよ」

ありがちな形容で派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)について語る。

「男だったら許せるんすけど、女でしょう。まずいっすよ。ほうそうきんしっすよ」

放送禁止。
その単語を聞いて、ひらめいた。
派遣一号娘はかつての日テレ営業中のあのマークに似てやがる。

「本気で言ってんの?」

やっとビールがきた。
それを、フェミニスト二郎はこれもかっこよく、ぐい、と一口飲むといきなり荒い口調だ。

「女性に対して本気で言ってんの、それ?」

山口が身構えて、黙ってしまった。
だって、フェミニスト二郎ったら、マジなんだもの。

「本気だよ」

山口に変わり、僕が答えた。

「あれは、生きてる価値ないね。あれなら、山田花子が僕の前に座っているほうがマシだ。いや、ジャガー横田でも許す」

「ひでえ」

ひでえらしい。
何故許せないのか理解できないけど、僕と加藤が派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)に持っている感情がとりあえず許せないらしいのだ。

フェミニスト二郎はまた、ビールをぐいっと飲んだ。

フェミニスト二郎にはビールと焼き鳥が似合わない。
薄暗いバーがいいんじゃないか。
もちろん、女の子と二人で。
暗くてよく分からないけど、よく見ると、すんごいブス連れてる。
そんな風景がぴったりじゃない。

「何もかも、そんな価値観で世の中見ていたらつまらなくない?」

ズバッと、言われてしまった。

「フェミニスト二郎君。君って、すごく真面目でいい人だね。彼女とかいるかどうか知らないけど、もし、いるとしたら、ものすげえブスじゃない? あと、女の兄弟、いるとしたら、ものすげえブスじゃない?」

フェミニスト二郎は黙ってしまった。

「僕はさあ、フェミニスト二郎君。派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)が目の前に座っている世の中の方が、つまらない。派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)を可愛い女の子と同じように扱える人生の方がつまらないよ。ごめんね、別に押し付けてるわけじゃないよ。ただ、フェミニスト二郎君と僕に、価値観の上で接点は全くないから、こんな話は止めた方がいいと思ってさ」

翌日フェミニスト二郎君は僕と口をきいていない。
フェミニスト二郎は派遣一号娘(仮名)と派遣二号娘(仮名)を誘ってランチに行ってしまった。

フェミニスト二郎にはフェミニスト二郎の生き方がある。
だから、彼を否定してはいけない。
そんなことをするのは子供だ。
僕は思った。

そして、あの日の夜のフェミニスト二郎は、子供だ。
  1. 2006/12/13(水) 15:06:40|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末の出張

ん~、修行計画完了予定を過ぎて二回大阪出張が入りました。
トホホ。
鼻から稲庭うどん部長(仮名)の命令なので仕方ありません。
もっと前に分かっていれば那覇往復一回分浮いたんですけどね。
そのころには修行も終わっているので苦痛の出張です。

出張先は新大阪駅の近くなので新幹線で行こうと最初は思いましたが・・・。

修行僧なら飛行機で行け!
修行僧なら飛行機で行け!
修行僧なら飛行機で行け!

天から声が聞こえてきました。

そんな訳で、飛行機決定です。
  1. 2006/12/12(火) 09:48:13|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月第4週:羽田-那覇お泊まり修行復路:ANA:超割運賃・・・・のはずがJAL:クラスJ:株主優待運賃

朝食を食べずにホテルをチェックアウト。
よく考えるともったいないですが、無理して食べることもないでしょう。
前日webで確認すると結構混んでいたので、SSPにUGを目論んでいます。

さて、空港に到着すると普段では考えられないような長蛇の列。
???
電光掲示板を見ると、搭乗予定の8:00に羽田行きの飛行機が出ていません。
何故???

取りあえずカウンターに並んでチェックインをすると、
「昨日の強風で120便の乗務員が沖縄に来られず、10:30出発となります」



なんですと。
_| ̄|○

こうなると8:25発のJL1900便に乗るしかありません。
この日は午後から仕事だったので、何としてでも午前中には羽田に着かなければなりませんから。
それにしてもお陰で計画より一回、那覇に来るのが増えてしまった。

「間に合わないのでJALに乗ります。このチケットって30日間有効になるんですよね?」
「え~っと、天候不良が原因ですので、払い戻しか、ANA120便に乗るかのどちらかしか出来ません。振り替えも人数が多くて無理です」
「天候不良ってことは、台風と同じ扱いですよね?」
「でも払い戻しか、ANA120便に乗るかのどちらかしか出来ません」


かなりムッときたが、このグラホを見切って、まずはJALカウンターへ。
案の定、振り替えが多くて空席待ちに。
種別Aの二番。
JGCで良かったとつくづく思いました。
JALのグラホも何故こんなに客が来るのか原因を知らなかったみたいです。

「全日空さんで何かあったんですか?」
「いや~、昨日の強風で120便のクルーが来られなかったんだって」
「そうなんですかぁ~」

ここで登場するのが株主優待券。
株主で良かったとつくづく思いました。
それにしても、もう修行は終了しているのにもったいない・・・・。

さて、このあとANAの案内カウンターへ。
ここで別のグラホと交渉です。

「このチケット、30日間有効のチケットになるんですよね?」
「えっと・・・・、天候不良による乗員繰りが原因ですので・・・・」
「天候不良ってことは台風と同じ扱いですよね?」

ここでグラホはマネージャーに電話。

「はい、かしこまりました。30日間有効ということで手続きさせて頂きます」
一件落着。
チケットに裏書きしてもらって遅延証明証を頂きました。

遅延証明書


こういう時は決して怒鳴ったりせず、あくまで紳士的な言葉遣いで自分は怒っているということをさりげなく相手に分からせる表情をするのが基本です。


それから空席待ち券を持ってサクララウンジへ。

ひょっとしていつものエセパイロット(名字はK)に出くわすかなと思いましたが彼はいませんでした。

空席待ちは難なくget。
しかもクラスJです。
今回初めてクラスJクーポンを使いました(笑)。

機内は満席。
仕事には楽々間に合うぞとホッとしました。
ドアクローズし、タキシングしている時に何故か停止。

そのうちキャプテンよりアナウンス。
「電気系統にトラブルが発生したため、一度スポットに戻ります」



なんですと。
_| ̄|○


結局整備士が機内に乗り込み、一時間遅れで出発。
途中、ブリッジに出ることが許されましたが、チーフパーサーに文句を言う乗客が複数いました。
乗り継ぎの人は大変だろうな・・・・。

羽田には一時間遅れで到着。
僕はず~っと寝ていました。
飲み物のサービスは受けられず。
いつものこのシールが貼ってありました。

お目覚めシール


ところでこの日の夜に運行状況をチェックすると・・・・。
JALはこんな感じで、遅延した理由がしっかり書いてあります。

JAL発着案内



一方のANAは全く触れていません。

ANA発着案内


ホント、全日空は負の情報は開示したがりませんね。
これもイメージ戦略の一つなんでしょう。

  1. 2006/12/12(火) 09:13:28|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月第4週:羽田-那覇お泊まり修行往路:SSP:超割運賃

ANAのDIAに向けてラストスパートです。
もう既にJALの修行は終了していますので、今回も往復共にANAです。

この日は午後からお休みでしたので午前中の仕事を終わらせてのんびり羽田空港P3へ。
この日の午後便は何故か混んでいたのでカウンターにて発券&SSPにUG。
空席待ちになることもなく、難なくget。

その後シャトルバスで第一ターミナルに向かいます。
目的はもちろんAMEXタダ飯。
今回はル・シエールに入店。
オリジナルハヤシライスを頂きました。
量は少なめで、男性だとちょっと物足りないかも知れません。
会計の時に搭乗券の提示を求められました。
新大和ではカード提示のみなんですけどね。
ANAの搭乗券を見せました(笑)。

食後はSignetにて搭乗時間まで過ごしました。
この時間帯のSignetは激混みですね。
あの広いSignetがほぼ満席状態ですから。

さて、機内はSSPに限っては満席。
普通席も満席だったみたいです。
この時間帯はお弁当が出ません。
離陸後即爆睡してしまいました。
飲み物のサービスを受けられませんでしたが、お菓子は袋に入れてシートポケットにスッチーが入れておいてくれました。

那覇空港には定刻に到着。
ゆいレール一日券(600円)を購入し、いつものホテルにチェックイン。

それからおもろまちのDFSへ。

特に買う物は無かったのですが、TUMIの新製品LXTアドベンチャーが置いてあるかなと思って見に行った次第です。
残念ながらLXTは置いてありませんでした。
店員に聞いてみましたが、LXTの存在自体を知らないみたいです。
オメー、店員失格だな。

それから牧志に移動して、ここに行きました。
シャツを一枚購入。

そしてホテルに戻って夕飯を頂きました。
このホテルのレストラン、業者が変わりましたね。
メニューが以前とかなり違っています。
個人的には前の業者の方が良かったです。
何故かパスタとコロッケでお腹を満たしました。

それからいつもの宮平低温殺菌牛乳をお土産に購入。

あとはお風呂に入って寝ただけです(笑)。
翌日とんでもないことになるのも知らずに。
  1. 2006/12/10(日) 09:57:24|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プリンター購入

今まで使っていたプリンター(エプソンPM-900)が古くなったので、このプリンターは姉貴に引き取ってもらって第二の人生を歩んで頂くことにしました。

さて、何買おうかな・・・・。
ということで早速ネットで情報収集。
プリンターなんて消耗品と考えれば、そこそこの性能でいいでしょう。
最高機種を買うのはもったいないです。

そんなこんなで、結局選択したのはエプソンPM-A920
楽天内で買いました。
お値段は送料込み27400円だったので安く買えたと思います。

このプリンター、会社の自分のデスクに置くことにしまして、会社宛に配送してもらいました。

早速スキャナーを使いまくっていますが、重宝しています。
もともと重要書類は必ず電子保存しているのですが、普段これを自宅でやっていました。
このプリンターはコピー機能もスキャナー機能も付いていますので、昔に比べて随分多機能になったものだと感心しています。
それでこの値段ですから、良いお買い物ができたと思います。

まあ、どうせインクが高いんでしょうけどね。
最近は機械本体ではなくインクで儲けるらしいです。
エプソンもキャノンも。
  1. 2006/12/09(土) 09:59:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月第4週:羽田-那覇日帰り修行:超割運賃

毎度お馴染みの半休で可能な那覇日帰り修行ですが、今回は早朝からの修行で往復共にANAです。

すんごい早起きして6時前には空港に到着。
理由は1レグ目をSSPにUGするためです。
カウンターの業務開始と同時にUGを申し込むとすんなりOK。
767でSSPの座席数は少ないのですが、助かりました。

そして搭乗時間までSignetで過ごしました。
さすがにこの時間帯は空いています。


(羽田-那覇:ANA:SSP)
以前にもこの便は何回か乗ったことがあるのですが、共通点はスッチーの平均年齢が高いこと。
オバハンスッチーグループの担当なんですかね?

軽食付きで
サンドイッチ
メープルブレッド
シーフードサラダ
照焼チキン
パパイヤ・メロン・ルビーグレープフルーツ・リンゴ
くるみ入り胡麻寄せ
というメニューです。

食後は爆睡モードに突入しましたが、どうもSSPの広いシートは寝心地が良くありません。
僕は太っていないので、両手を置くのが困るんですよ、横幅の広いシートは。

羽田空港には定刻に到着。
この飛行機、今度は関空へ行くようです。

今回は単純往復ですが、ある実験も兼ねていました。
その実験とは、往路は通常にwebからログインしてANAカードで決済。
復路はログインせずに非会員で同じくANAカードで決済。
この復路の非会員ANAカード決済で、カード番号から自動的に会員モードになるかどうかという実験です。
で、結果は・・・・・。
自動発券機で発券しましたが、復路に関しては非会員モードで、マイル登録もされません。
ANAの自動発券機はマイル登録機能が無いみたいです。

そんでもってSignetのおねえちゃんに聞いてみると、決済時に会員登録しないと例えANAカードで発券してもマイル・会員登録はされないみたいです。


(那覇-羽田:ANA:普通席)
まあまあの混み具合ですが、後部に関しては空いていました。
僕はず~っとパソコン広げて仕事していました。
特記事項無しのフライトで、定刻に羽田空港に到着。

わざわざ第一ターミナルの新大和でタダ飯を頂いてから出勤しました。
次回はルシエールで食べてみたいと思います。
  1. 2006/12/08(金) 08:43:33|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月第3週:羽田-那覇お泊まり修行復路:超割運賃

朝6時に起床。
6時30分からOKになった朝食をホテルで頂きました。
とは言ってもトースト二枚と牛乳のみ。

食後早々にチェックアウト。
搭乗時刻一時間前には空港に到着。
今回はSkipにて保安検査場を通過し、Signetに入室。
またまたヘルシア緑茶を二本・三本とバックに入れる人が複数いました。
やっぱりポットに戻すのが良いのかもしれませんね。

さて、機内は朝一番とあって空いていました。
今回は爆睡せず、機内で仕事していました。
それにしても11月のスペシャルドリンクであるカフェモカは甘過ぎます。

今回は非常口座席を指定。
若いスッチーに遭遇することが多いR側にしたかったのですが、既に埋められていたのでL側の座席です。
目の前のスッチーは・・・・。
恐らく40代後半の完璧なまでのオバハン。
まさにザ・オバハン(The Obahan)と呼ぶにふさわしいようなお方でした。
何故か僕は年配スッチーに話しかけられることが多く、今回も離陸のベルトサイン点灯後にしばらく会話。

どうも僕が飛行中にず~っとiPodをいじっていたのが気になったらしく、
「どんな音楽聞かれるんですか?」
と。

会話は年配に合わせなければならない。
「季節はずれですが、なごり雪を何回も聞いていました。やっぱりなごり雪はイルカよりも伊勢正三の方がいいですな。ハッハッハ。」
と答えておきました(もちろん嘘です)。

羽田空港には定刻に到着。
そのまま会社に向かいました。
  1. 2006/12/07(木) 11:05:35|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

11月第3週:羽田-那覇お泊まり修行往路:普通席:超割運賃

毎月お馴染みの那覇お泊まり修行です。
先月同様、夕方まで仕事してのんびり羽田空港へ。
実は1タミまで行って新大和でタダ飯食べるつもりだったのですがのんびりしすぎて時間が無くなってしまいました。

Signetで搭乗時間まで過ごしましたが、子供二人を引き連れて入室している家族が一組。
この子供が騒ぐ騒ぐ・・・・。
全く注意しない親も親だと思うのだが、僕の親は子供の頃こういう点はかなり厳しかったので最近の親には違和感を覚えます。
まあ、大人が騒いでいる場合もあるのですが・・・。

機内は搭乗率50%以下。
後方に限ってはガラ空き状態。
チェックイン前は非常口座席を指定していましたが、直前に携帯でチェックすると隣二席が埋められていたので後方座席に指定し直しました。

20分遅れて出発。
離陸後毎度お馴染みの爆睡体制へ。
離陸一時間位して覚醒。
それから売店で買ったお弁当を食べました。
焼き肉弁当でしたが非常に美味しかったです。
匂いが結構きついので混んでいるときは迷惑かも知れません。

結局那覇空港には定刻より30分遅れで到着。
ゆいレールでいつもの常宿に向かいました。

翌日は朝一番で帰京ですので、正直言ってこのお泊まり修行パターンだとホテルでのんびりすることは出来ません。
  1. 2006/12/06(水) 09:02:59|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年の特典航空券予約

以前来年の欧州出張はデンマーク・コペンハーゲンと書きましたが、ANAは国際線特典航空券(F/C)が確保しにくいので出張が確定していないにもかかわらず席を確保しておきました。
現時点で90%位の確率で出張すると思います。

スタアラ特典でNRT-CPH、CPH-CDG、CDG-NRTというのが目論見でしたが、NRT-CPHのスカンジナビア航空直行便が確保できず。
トホホ。
仕方なく往復共にCDG経由となりました。
NRT-CDGは往復Fクラス。
CDG-CPHは往復Cクラス。
これで12万マイル消費です。

ANAの場合は思い立ったらすぐ行動・・・・というより取りあえず確保という感じでしょうか。

これで現時点で来年の海外出張(ワシントンD.C、コペンハーゲン)は全て特典航空券で行ってきます(笑)。
ひょっとしたらシカゴ、ウィーンにも行くかもしれませんが。

うちの会社では海外出張の場合、国内線のような厳密な規定はなく、総務と毎回個人折衝となります。
基本的には正規割引運賃で、帰国日未定の出張のみ普通運賃(もちろんYクラス)です。
ちなみに、船で行こうが格安航空券・特典航空券で行こうが上記運賃が支給されます。
額は厳しいですがその反面、抜け道が許されているのはある意味太っ腹なんでしょう。
  1. 2006/12/05(火) 09:01:39|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

11月第3週:鹿児島-羽田出張復路:クラスJ:先得運賃

ちょっと時間が空いてしまいましたが、鹿児島出張最終日です。

宿をチェックアウト後、搭乗まで時間がありましたのでどこかに日帰り入浴しようとコンビニに置いてあるるるぶで温泉を探します。
身体に硫黄の匂いが付くと困るので硫黄泉はパス。
しかも源泉掛け流しで探すと・・・・目に付いたのは市比野温泉・薩摩の里

早速市比野温泉に車を走らせます。
90分ほどで到着。

周りは田んぼに囲まれたお宿です。

市比野温泉


周辺にはお店もな~んにもありません。
のんびりするにはうってつけの宿でしょう。
ここで300円払って入浴。
この300円というは嬉しいですね。

透明な薄い単純泉で、入ったとたん身体がヌルヌルしてきます。
ということはアルカリ泉なんでしょう。
上がり湯としてはうってつけの良いお湯でありました。

市比野温泉湯船


他にお客さんもいなかったので貸し切り状態でした。
脱衣所にある成分表見たらやっぱりアルカリ泉でした。

成分表


それから一般道で鹿児島空港へ移動。
搭乗時間まで二時間ほどありましたので、のんびり足湯に浸かりました。

鹿児島空港足湯


ん~、これからの時期、この足湯はいいですね。
鹿児島の修行僧が羨ましいです。
可能なら入浴できる施設があると更に良さそうな気がします。
入浴が出来るなら鹿児島修行僧が増えると思います。


僕の株主優待券で彼女は搭乗です。
機内は満席。
いつものように離陸と共に爆睡。
目が覚めると早速JGP向け挨拶有り。

羽田空港には定刻より10分遅れで到着。
新大和でかき揚げうどんを頂いて自宅に向かいました。

そんなこんなで、今年のJALはこれで乗り収め。
来年までさようなら(笑)。

  1. 2006/12/04(月) 11:53:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三井住友VISAカード・ポイントUPモール

今月の引き落としはいくらになるのだろうかとWebを見ていたらこんなもの見つけました。
素晴らしいと思ったのは、このモールに楽天が入っていること。


このサイト経由で楽天に行って、三井住友VISAカードでお買い物するとポイントが二倍になります。
例えば、まいぺーす・リボの場合、1000円のお買い物でANAマイレージに移行できるポイントが2ポイント、移行できないポイントが1ポイント付きます。

僕が尊敬し、毎日必ずチェックするマイルポイント博士(Ph.D)、大野課長のブログに出ていないので紹介しておきやす、おきやす(坂上二郎の物マネで)

残念ながら来年2月一杯まではDinersでお買い物しようと思いますが、それが過ぎたらこのサイト経由でお買い物しようと思います。
ちなみに楽天カードは入会していません。
  1. 2006/12/03(日) 07:22:03|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月よりメインカードをDinersに

今まで僕のメインカードはSFC-Masterでしたが、今月より来年2月まではキャンペーンでダブルポイントですのでメインカードをDinersに変更です。


僕はPremium会員ですので、実質100円=3マイルとなります。
これは結構デカイですね。
ウッシッシ。

ところで、Dinersの磁気ストライプ部分が新しいカードになってチェンジしています。

diners



偽造防止あるいは海外で頻発する読みとり不良への対応策でしょうか?
  1. 2006/12/02(土) 10:19:37|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末ダブルポイントキャンペーン

ダブルポイントと言ってもクレジットカードのキャンペーンではありません。
ETCマイレージサービス週末ダブルポイントキャンペーンです。


通常は通行料金50円ごとに1ポイントの加算ですが、これが土日に限っては2ポイントの加算になります。

1000ポイント、つまり5万円利用すると8000円が還元されますが(還元率16%)、これが2万5千円で8000円の還元です(還元率32%)。
通勤割引や深夜割引等と併せると、随分と安くなったものです。

ちなみに、僕の場合、一ヶ月の高速料金は5万円を超えますので、このキャンペーンは結構大きいです。

何故か一番儲かっていると思われる首都高がこの種の割引率が最も低いのがおかしいところです。
  1. 2006/12/01(金) 08:00:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。