日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月第3週:鹿児島出張二日目

鹿児島出張の続きですが、翌朝ホテルをチェックアウト。
機械にカードを入れてチェックアウトという変わったものです。

その後正午まで近くでお仕事。
仕事終了後、バスで鹿児島空港へ。
ここで彼女と合流です。

鹿児島空港


それからレンタカーで霧島へ。
霧島湯之谷温泉の湯之谷山荘に日帰り入浴に行きました。

霧島温泉は源泉が高温ですので、掛け流しと言っても加水して掛け流しのホテル・旅館が圧倒的に多いのですが、ここはそのまま掛け流しています(源泉掛け流し)
このお宿にはよくある硫黄泉と、炭酸泉に硫黄泉が混ざった冷泉、の二種類があります。
硫黄泉は弱酸性の薄い硫黄泉ですが、湯温を含めて非常に気持ちいいです。
面白いのは炭酸泉と硫黄泉の混じった冷泉。
炭酸成分は弱いですが、しばらくすると身体が暖まってくるから不思議です。
霧島周辺では一押しの温泉です。
お客のほとんどはジジババで、お宿も綺麗ではありませんが、こんな所に一週間のんびり滞在するのが僕の夢です。
入浴後は体中が硫黄の匂いプンプンですのでご注意を。

日帰り入浴後、二日目の宿泊先へ向かいました。
お宿は後日、11月のサマリーの時に紹介したいと思います。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) 08:44:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANAよりアンケート

エアタリで最近までANAの特典航空券が取りにくいということが何回も話題になっています。
社員と思われる、現状維持を支持する書き込みも散見され、見ていて面白いのです。
っていうか、エアタリって全日空社員がかなり書き込んでいるものと勝手に思っています。

さて、先日ANAからアンケートのメールが来ました。
クリックするとこんな画面が出てきます。
アンケート自体はこんな感じです。

アンケート


質問内容を見ていると、マイルをばらまきまくっているくせにANAも会員がマイルをどのように使いたがっているのかを今まで余り把握していなかったことが推測できます。
ANAは国際線が少ないくせにJALより陸マイルがじゃんじゃん溜まる仕組みになっています。
いわゆる裏技を駆使している方なんて年間何十万マイルも溜めるそうな・・・。
マイルは航空会社にとっては負債ですので、このままだと大変なことになりそうな気がします。

僕は当然、特典航空券以外にマイルを使ったことがないし、今後も使う予定はありません。
恐らくほとんどの方がそうだと思います。



  1. 2006/11/29(水) 09:04:33|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェフ・グルメカード

先月遅まきながら陸マイラーのひっ、必需品であるジェフ・グルメカードここから購入。

グルメカード


早速会社近くの吉野家で使ってみました。
おぉ~、おつりが出ました。

吉野家なんて何ヶ月ぶりでしょうか。
一番安いカレー(290円)を頂きました。

この場合、カード一枚当たりの価格は475円。
これをSFC-Masterで購入すると約9マイル。
でも実際は290円使ったのみで、おつり210円は現金で戻ってきますから、100円あたり3.1マイルという結構な率になります。
ウッシッシ。

問題は、僕の場合この種のファーストフードでは余り食べない事です。
週に二回くらいのペースで吉野家に行こうと思います。
っていうか、完全にアホですね<僕。

  1. 2006/11/28(火) 09:27:46|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月第3週:羽田―鹿児島出張往路:先得運賃

久々の国内出張です。
今回は鹿児島
温泉好きの僕にとってはとても嬉しいです。
おまけにこのフライトで来年度のDIA維持決定です。

正味仕事は半日。
有給を一日組み入れて、二泊三日の行程です。

仕事を少し早く終わらせて、車で羽田空港へ。
夕方の便でしたので、いつもの新大和でタダ飯食べようかと思いましたが、病み上がりでどうしても食欲が沸かず、今回はパス。
到着後、早々にDPラウンジに入室し、搭乗時間まで過ごしました。


(羽田―鹿児島:JAL:普通席)
搭乗率は80%くらいでしょうか。
僕は普通席でしたが、隣は空席でした。

離陸直後、睡眠モードに突入。
でも余り寝られず、30分で目が覚めました。
機材はテレビの付いている777で、ず~っとテトリスやって過ごしました。
JGP向け挨拶有り。
恐らくクルーは旧JAL・DOMだと思います。

鹿児島空港には定刻に到着。
僕にとっては二回目の鹿児島上陸です。
バスで鹿児島市内に移動。
そこから徒歩でホテルにチェックインです。

今回の宿泊先はここ
お部屋に荷物を置いて、ホテル一階のレストランで夕飯を食べました。
ここはジェフ・グルメカードが使えましたので、当然使わせて頂きました。

さて、このホテルは初めてなのですが、ビジネスホテルとしては快適なホテルではないでしょうか?
ネットも無料ですし、料金を考慮すると満足できるホテルだと思います。
この種のホテルにしてはベッドの寝心地が良く、熟睡できました。

僕の会社は国内出張で遠方(京都・仙台以遠)の場合は飛行機での出張扱いとなり、単純往復出張では往復割引運賃、複数の地方を出張する場合は普通運賃が自動的に支給されます。
別に飛行機を使おうが長距離バスを使おうが同じ額の支給です。
ステイ費は一泊当たり15000円。
これも高級ホテルに宿泊しようが野宿しようが同じ額の支給です。
今にしては珍しく規定の大甘な会社です。
海外出張はケチですけどね。
  1. 2006/11/27(月) 10:14:54|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石垣ビーフジャーキー

修行僧のみならず沖縄に行かれた方にお勧めの沖縄土産の一つがこの石垣ビーフジャーキー

石垣ビーフジャーキー


差し上げた方全てが美味しいと喜んでくれます。

問題は少々お値段が高いこと。
1260円もします。
でもそれだけの価値はあると思いますよ。
騙されたと思って一袋買ってみてください。

売っているところを見つけるのが一苦労ですが、那覇空港では二カ所あります。
場所は・・・・内緒(笑)。
探してみてください。
  1. 2006/11/25(土) 09:18:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

30000km到達

今年4月に購入した車の走行距離が先月早々に30000km到達。

30000km


このペースは端から見ると異様に高いペースだと思います。
オレはタクシードライバーかっつうの。

週に二回、北関東に出張するのですが、これを車で移動しているのが原因です。
早朝の出張なので車を使わざるを得ないというのが実情です。
ハイブリッドですので都心部の走行を含めて燃費は22km/lを下回ったことはありません。
以前に乗っていた車と比較してガソリン代が半分になっています。
一回の満タンで航続距離は1000キロを超えます。
仮に今までの平均燃費を23km/lと仮定すると、3万キロで消費したガソリンは約1300リットル。
前に乗っていた車でしたらこの倍消費していたことになります。
恐ろしい量のガソリンを節約していることになります。

ハイブリッド車の場合はいかに走行中にモーターを使うか、そして減速時いかに回生ブレーキを多く使うかによってかなり燃費が左右されます。


これにはコツが必要なのですが、仮に燃費が10km/l台の方がいらっしゃいましたら、それはまだまだ運転に改善の余地有りということです。


最近寒くなってきて困っているのが暖房。
この車、通常のガソリン車同様、暖房の熱源は冷却水なのですが、ハイブリッド車ですので停車中はアイドリングがストップしていますし、走行中もモーターとガソリン両方で走行しているのでなかなか冷却水の水温が上がりません(別の言い方をするとエンジンが暖まりません)。
特に朝、始動し始めて暖房を入れてしまうと、冷却水の温度を上げようと車が判断してアイドリングストップや減速時の燃料カットが働かなくなります。
これがとてつもなく無駄な行為に思えてしまうのです。

従って、始動し始めて10分位は暖房を付けずに我慢しています。
トホホ。

あと半年以上乗った感想として、スピードが出ないのは仕方ないとして、JBLプレミアムサウンドとやらの音が良くないこと、ユーロチューンドサスペンションなのに何でふにゃふにゃ?、シートの出来がよくない、こんなところが欠点です。
車のサイズに関してはこの程度がちょうど良いのではないかと思っています。
スピードは最高速でも175km/hが精一杯です。
こんなことしていた昔が懐かしいです(笑)。
184km


潤滑油の交換は5000kmごとに一回。
前述しましたがなかなかエンジンが暖まりませんので、5W以下のオイルを入れるようにしています。
よく3000kmごとに交換を推奨しているカー用品店が多いですが、明らかにやりすぎです。
以前の車で23万キロ乗った経験からも、過剰に頻回のオイル交換は資源と財布の無駄使いです。


  1. 2006/11/24(金) 08:21:36|
  2. プリウスNHW20
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまた当選!

先月に引き続き、今月は
MasterCardで飛ぶANAスマートeチケットキャンペーン
に当選しました。
ウッシッシ。

退院して帰宅すると届いていました。
彼女が勝手に受け取っていました。

中を開けてみるとANA旅行券30000円分。

当選


何に使いましょうかね・・・・。

  1. 2006/11/23(木) 09:37:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月第1週:羽田-那覇日帰り修行:先得・旅割運賃

毎度お馴染みの半休で可能な那覇日帰り修行です。
今回はいつも流し込むように食べている新大和でのんびり食べようと少し早めに羽田空港に到着。
前回かき揚げうどんを頂いたので今回はいつものネギトロ丼にしました。
ゆっくり食してからシャトルバスで第二ターミナルへ。


(羽田-那覇:ANA:普通席)
毎度のごとくこの便は空いています。
超割期間でもないのでなおさらです。

チェックイン前に携帯で座席状況を確認すると、僕が確保してある非常口座席は窓側に誰かが座席を確保したことが判明。
座席変更し4列シートの通路側にしました。

それから搭乗時間までSignetへ。
パソコンを広げて仕事しておりました。

さて、機内は満席。
担当スッチーは恐らく30代後半ですが、結構な美人でした。
最近20代の可愛い女性より、30代後半の美人女性に色気を感じるようになったのは僕が歳を取った証拠か?

特記事項無く那覇空港に到着。
僕はほとんど寝ていました。

旅割運賃ですと、搭乗券半券の提示でANA FESTAでのお買い物200円割引です。
黒糖ようかんを購入しました。
その後復路便をチェックイン。



(那覇-羽田:JAL:クラスJ)
搭乗時間までサクララウンジで過ごしました。
スーツ姿は僕のみ(笑)。
皆さんラフな恰好していますね。
羨ましいです。

JAL 747


機内は満席。
Webチェックインの段階では僕の隣の座席は空席でしたがしっかり埋められてしまいました。
クラスJ空席待ちは種別Bでも楽々確保できたみたいです。
担当スッチーは20代半ばと思いますが、結婚指輪していました。
美人でしたが、そんな若くして結婚するなんてもったいないですねえ。

ちなみに、僕の彼女。
元彼からは機内でナンパされないように左手薬指に指輪をするように言われていたらしい・・・・。
まあ、そんなことしたって遊ぶ女は遊ぶんですよ。

JALにしては珍しく、定刻より10分早く到着。
僕は着陸にも気が付かないほど爆睡してしまって、
May we also advise you to take care when you open the overhead compartments, as items which have moved during the flight may slip out.
このアナウンスで目が覚めました。

車で帰宅しました。
そして入院しました。
  1. 2006/11/22(水) 09:41:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日の加藤(仮名)

ここだけの話しにして欲しいのだが、実は日曜日、会社の同僚であり、修行僧同士でもある加藤(仮名)の奥さんから電話があった。

日曜日にもかかわらず、加藤(仮名)が午後から外出している。

理由は
「日航太郎の自宅で新規プロジェクトの打ち合わせをする」
という事だったらしい。

電話があったのが22時。

奥方にすれば、昼からこの時間まで帰宅せず、携帯も通じない加藤(仮名)に対し不信感を募らせているようだ。

「まだ、お邪魔していますか?」
と聞かれた。

全くの不意打ちで状況を把握していなかったのだが僕はとっさに
「あっ、いえ、先ほど帰りましたが」
と答えた。

美しい友情だ。

一体どういう訳で奥さんに嘘をついてまで休日の昼から出かけなければならなかったのかは容易に想像できる。

昼から
携帯が通じない

というのがキーワードだ。

そう、多分彼は修行中なのだ。
恐らく今現在、彼は那覇空港発JL1930便の中にいるはずである。

到着時刻を見計らって一応電話を入れてみた。

そしたら通じた。

加藤(仮名)は羽田空港にいた。
思った通りだ。

「共犯になってもいいが、頼むから家に連絡だけ入れてくれ、30分前に帰った事になっているからつじつま合わせろ」
かなり強い口調で言った。

「悪かった。ちょっといやなことがあって家に居たくなかったんだ。」

「ケンカでもしたのか?」

「いや、実は」

空港なのでかなり話しづらそうだ。

「昨日の夜、久しぶりに愛し合おうと言ったら疲れているの、と断られた。それがムカついたのだ。」

うーむ。
考え込んだ。

僕の加藤(仮名)の奥方に対する評価は

「あれは、できねえ」

だ。

でもやっぱり結婚するくらいだからきっと愛があるんだろう。
愛があれば出来るんだろう。

加藤(仮名)の奥方を有名人にたとえれば間違いなく120%山田花子だが。

きっと夫婦と言うものはお互いにしか理解の出来ない絆で結ばれているのだろう。

そしてそのような組み合わせが何百万、何千万と集まってこの地球を形成しているのだ。

なんとも不思議だ。

そのうちの一組が、僕が修行と言う麻薬を教えてしまったために絆を失おうとしているのかもしれない。
  1. 2006/11/21(火) 10:13:44|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと太っ腹なSPGキャンペーン

前回の太っ腹キャンペーンよりパンチが小さいですが、来月よりキャンペーンが始まります。
SPGキャンペーン


二回の宿泊ごとに2000スターポイント加算されます。
Up to 6000というのが余分なんですけど・・・・。

来年からSPG修行の環境が悪化しますので、こういうときにステイカウントを稼いでおくのも一案だと思います。

ちなみに上記のキャンペーンはgold会員用のキャンペーンで、プラチナ会員の場合は三回の宿泊ごとに3000スターポイントで、上限は9000ポイントです。

  1. 2006/11/20(月) 10:14:10|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年2月・3月分旅割運賃(暫定)発表

来年2月3月の旅割運賃が発表になっています
暫定価格ということで解釈しておいた方がいいです。

1月は那覇線に限っては旅割=超割の便が結構あるのですが、二月からは全ての便で旅割>超割となっています。

仮にこのままの価格ですと、JALも同じと考えて良く、従ってしゅっ、修行される方は1月に可能な限り乗っておいた方がいいです。
  1. 2006/11/19(日) 12:30:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

某日羽田空港のとあるレストランにて 2

大変失礼と思いつつ、思ってしまう。

「オマエ、不幸なんだろ? 本当は逃げたい気分なんだろ? 分かってるさ。なのにそのやけに得意げな顔は何だ? 実はお前満更でもないのか? マジかよおい!」

すんげえデブとか、すんごいブスとかを連れて、それでいてフェミニストな振る舞いをしている男に対してだ。

「何だったら、僕に1万円くれればその横にいる物体に対して愛と涙のドロップキックを喰らわしてあげてもいいぞ。当然現金先払いだ。それと、カードは不可だ。だってドロップキックを振る舞った次の瞬間に、僕は逃げるのだから」

その割に、男は結構周りを気にしないで、

「ア~ン」

とかいいながら、女の口にサラダのプチトマトを入れたりしている。

「オマエの連れているその、茶髪ですんごいデブ、乳首そのくらいあるんじゃねえの?」


テーブルに向かい合い、無邪気な笑顔を見せあう二人を観察しているうちに新たなる感情に襲われる。

「こいつ、本当はこのデブを心底愛しているんじゃないのだろうか?」

「それとも、何かの鍛錬で、デブと羽田空港のレストランで食事をする。その際、プチトマトを女の口に入れることは必須条件である、という苦行に自ら飛び込んでいる最中なのではないだろうか?」

「いや、もしかしたらこのデブに弱みを握られていて、実はこの男の無邪気な笑いはすっかり開き直ってしまっている哀しい気持ちから来ているモノなのかもしれない」

デブが噛み砕き中のサラダが目一杯詰まった口を大きく開けて笑った。

僕はその時点で残されていたすべての食欲を失った。


どう考えても、冬眠に備えて体内に食料を蓄えておこうと考えているとしか思えない、それほど恐ろしい口の中のサラダの量だった。

きっとこの物体は、このあとハンバーグを食べながらまた、ポテトと付け合わせの人参とハンバーグが混じり合った状態で口を大きく開けて笑うのだろう。

おぇ。

もう、悠長にデブ専カップルの観察などしている場合ではない。

僕は食後の珈琲を飲み干すと、そそくさと店を出た。
そして保安検査場へと向かった。


失礼と思いつつ、思ってしまう。

なんであんなデブと一緒にいて恥ずかしくないんだろう。

なんであんなに楽しそうに笑えるのだろう。

なんでプチトマトを口の中に入れられるのだろう。

なんでこれだったら一人でいる方がましだ、と思わないのだろう。

 

「もしかしたら、つきあい始めの頃はやせててすんごく可愛かったのかもしれない」

「それが、みるみるうちにああいう体格になってしまって、男にしても、まだ、目の前の現実に自我がついていけていない状況なのかもしれない」

 
仮にそうだとしても、やはり思ってしまう。

あんなデブと飯を食いながらとても楽しそうに笑える男は信用できない。

決して連帯保証人とかになってはいけないのだ。

絶対に裏表のある人間だ。

 
失礼と思いつつ思ってしまう。

本当は失礼なんてこれっぽっちも思っていないけど。
  1. 2006/11/17(金) 08:58:20|
  2. 泣きながら多摩川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPGポイント加算およびステイカウント、特典の改悪

本日二回目の更新です。
じゃらん、楽天トラベル、一休を見て気が付きましたが、SPG制度に改悪があるみたいです。

第一点は、上記格安サイト経由での予約に関して、従来はほぼ全てのレートでスターポイントおよびステイカウントが加算されていましたが、パシフィック東京に関しては全てのレートで加算されなくなっています。

横浜ベイシェラトンに関しては来年1月1日から、ポイント・ステイ加算に加えて、レイトチェックアウトやUGの特典までも対象外です。

ん~、スターウッドフリークの方、これからはよ~く見て予約しないといけなくなりました。
お気を付けください。

恐らく近い将来SPG.com以外の予約は全て特典・ポイント対象外になるような気がします。
  1. 2006/11/16(木) 13:29:47|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月のサマリー

遅くなりましたが10月のサマリーです。

JAL 95000 FOP(達成率95%)
ANA 81000 PP (達成率81%)

JALは今月DIA維持に到達。
ANAは12月にDIA達成の予定です。

クレジットカードのポイント関係では、
Diners 1800ポイント(ANA 18万マイル相当)
SFC-Master 29000ポイント(ANA29万マイル相当)

その他では
楽天スーパーポイント 7000ポイント(ANA3500マイル相当:プラチナ会員です)
SPG 50000スターポイント(6万マイル相当)。
スターポイントは太っ腹キャンペーンのお陰でどんどん溜まっています。

ちなみに、SPGのスターポイントは従来JALマイルに変換しようとするとSPG:JAL=3:2の変換比率でしたが、これが1:1に改善されます

さて、今回紹介するお宿はここです。
由布院御三家旅館の一つです。
ろくな写真しか残っていなくて申し訳ないですが、のんびり出来る所謂高級旅館です。
亀の井


亀の井1


ここのお風呂。
透明な薄い単純泉ですが、完全掛け流しではなく若干量循環させています。
どうも衛生面から循環させているみたいです。
この点を除けば、お部屋・料理・静けさ・大浴場の清潔さ・サービス共に申し分ない旅館です。
それなりのお値段しますが、都内のホテルだって宿泊費や食費を含めれば結構な額に行ってしまうから、そんなに割高感はありません。

うちの会社のOL達に聞いてみると、連休宿泊デートの場合は
夜景の綺麗な都内のホテル&ディナー派

少し足を伸ばして、温泉旅館でのんびり派
の二つに分かれます。
何故か前者を好む女性陣は地方出身者が多いです。


  1. 2006/11/16(木) 10:51:20|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月第4週:羽田-那覇二往復日帰り修行その2:バーゲン・超割運賃

(3レグ目:羽田-那覇:JAL:普通席)
食後に発券後、マイル登録。
自動発券機で座席指定しましたが、空いているみたいです。
そして搭乗時間までDPラウンジで過ごしました。

実際に機内はガラガラ。
僕は後部座席にしたのですが、DHのスッチーが沢山いました。
関西弁話していたので、伊丹ベースのスッチーでしょうかね?

僕はまたまた爆睡。
何でこんなに寝られるのか?と思うくらい爆睡しました。
秋刀魚を二匹口にくわえたスッチーがお茶を持ってくるという変な夢を見ました。

起きたらJGP向け挨拶有り。

那覇空港にはほぼ定刻に到着。
機内の通路で立っているとカップルがこんな会話。
「JTAって何の略かな?」
「ジャパン・トラベル・エアーだろ?」

4レグ目は発券済みなので、セキュリティーの外には出ないで、そのままSignetに向かいました。
修行の締めにと、自作レッドアイを二杯ほど飲みました。

作り方は簡単。
グラス半分ビールを注ぎ、あと半分はトマトジュースを入れるだけ。
ビール→トマトジュースの順にしてください。
逆はダメです。
何杯でもいけますので、飲み過ぎに注意です。
飲んだことのない方、試してみてください。


(4レグ目:那覇?羽田:ANA:SSP)
僕の修行計画によると、修行中あと三回SSPに有償でUGしないとDIAに到達出来ないことになっています。

今回は何故かSSPに5席ほど空席がありました。
僕の隣も空席でした。

お弁当は

小鉢(ゴーヤーチャンブルー)
煮物(昆布巻き・大根・二色巻き・オクラ)
焼物(ツボ鯛)
御飯(沖縄風炊き込みご飯 ラフテー添え)
フルーツ(オレンジ・グレープフルーツ・キウイ)
和菓子(ちんびん)

こんな感じで、美味しく頂きました。

巷では機内オーディオの中で
BEGIN SPECIAL~空・海・島 そして音楽~
が好評のようですが、僕は
フォーク歌年鑑スペシャルの方を聞きました。

定刻より20分も早く羽田に到着。
車で帰宅しました。
  1. 2006/11/15(水) 10:02:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月第4週:羽田-那覇二往復日帰り修行その1:バーゲン・超割運賃

これまた毎月恒例の那覇二往復日帰り修行です。
この日帰り二往復修行も今年はこれが最後となります。
っていうか、人生最後の二往復修行になるかも知れません。

前日Webで座席状況をチェックすると1レグ目は大混雑の模様。
しかも後部は全て埋まっている・・・・・。
ということは、修学旅行生が乗っていると推測できます。
従ってSSPに乗ろうと決意。
すんごい早起きして6時前には羽田空港に到着。
空席待ち種別A一番を確保。
空席待ち

SSPは絶対getだなという何の根拠もない確信を持ってSignetへ。
北ピアのSignetは混んでいなくて居心地良いですね。
明らかなヲタが二名ほどいました。

さて、呼び出し時間10分前にウキウキしながらカウンター近くの椅子に頓挫します。
そしていよいよアナウンス。
きたきた・・・・・。

「スーパーシートプレミアム空席待ちのお客様にご連絡いたします。スーパーシートプレミアムは本日ご予約のお客様をもちまして満席となりました。悪しからずご了承下さい」

なんですと。

_| ̄|○

_| ̄|○

_| ̄|○

_| ̄|○

_| ̄|○

_| ̄|○


二時間前から待機していたのに・・・・・。
ん~、本当に予約で満席になったか、途中でDIAに取られたかのどちらかでしょうね。
ANAのDIAは空席待ちの場合さりげなく呼び出されると聞いたことがありますが、来年試してみようと思います。

以前の僕だったら間違いなく
「何でSSP取れねえんだよ!2時間前から待ってんのによお!このくされ○○○」
と、怒りの矛先を何の罪もないドア近くに立っているスッチーに向けていたに違いありません(もちろん嘘です)

仕方なくおにぎりを購入して搭乗です。


(1レグ目:羽田-那覇:ANA:普通席)
やっぱり修学旅行生が沢山いました。
神奈川県立柏陽高校とかいう高校生です。
改札機が一台故障したせいもあり、長蛇の列です。
お陰で出発が10分遅延しました。

僕は二階の非常口座席です。
早朝チェックした段階では隣二席は空席でしたが、しっかり埋められてしまいました。
しかも隣はゴージャスなデブおばはん。
トホホ。

僕は睡眠不足とあって、爆睡。
起きたら反対側担当のスッチーから上級会員向け挨拶と、SSP取れなかったことへのお詫びがありました。
前回も含めて、上級会員向け挨拶があったのが不思議です。
ちなみに目の前のスッチーは牧瀬里穂をちょっと太らせたような感じのスッチーでした。

定時運航率がJALより高いことでお馴染みの全日空にしては珍しく30分遅れて那覇空港に到着。

到着後そのまま4レグ目の発券&UGをしようとANAカウンターに向かいました。
「スーパーシートプレミアムのお座席空いております」
そんなわけでUG完了。

とっても嬉しかった。
涙で目の前のグラホがよく見えない。
生きてて良かった・・・・。
この世に産んでくれてありがとう、母へ・・・・。




(2レグ目:那覇-羽田:JAL:クラスJ)
乗り継ぎ時間もそれほど長くないので、すぐさまJAL発券後サクララウンジにて過ごしました。

機内はクラスJに限っては満席、普通席は50%位の搭乗率です。
またもや僕は爆睡。
飲み物のサービス受けられず。
JGP向け挨拶はありませんでした。
フライト自体は特記事項無し。


羽田到着後、新大和にタダご飯を頂きに入りました。
いつもネギトロ丼なので、今回はかき揚げうどんを注文。
女性店員に一人すんごい巨乳おねえちゃんがいたのが印象的です。
無料なのでお味を論評する立場にありませんが、美味しく頂きました。
ありがとう、AMEX。

  1. 2006/11/14(火) 09:45:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANA特典航空券の会員ランクによる差別

以前、ANAが特典航空券に関して会員のランクによる差別を始めたらしいことを日記で書きました。
一旦差別化を止めていたANAが再び始めたらしいことをここで知りました。

そんでもって、論より証拠。
調べてみました。
調べたのは2007年4月24日から4月30日までの欧州線F・Cクラス

まずはSFC-PLTである僕の場合。
Fクラスはこんな感じになっています。
PLT-F

空席率16/42=38%

Cクラスは
PLT-C

空席率22/42=52%

続いて平SFCの場合。
Fクラスは
SFC-F

SFC-PLTと同様、空席率16/42=38%

Cクラスは
SFC-C

こちらもSFC-PLTと同様、空席率22/42=52%

つまり、特典航空券に関して、SFC-PLTと平SFCは同格ということが分かりました。

さて、全くの平AMC会員の場合です。
Fクラスは
AMC-F

あらあら・・・空席率0%

Cクラスは
AMC-C

空席率19/42=45%

上記のように、平AMC会員はかなり差別されていますね。
まあ、僕は現時点でSFC-PLTですからいいんですけどね。
それにしてもANAもやり方が汚いのぅ。
やっぱり陸マイラーの方はしゅ、修行して少なくともSFCは入っておいた方がよろしいみたいです。

ANAのこういう姿勢にあったま来たので、今月・来月分のフライトを全てキャンセルしました







  1. 2006/11/13(月) 10:26:26|
  2. マイル/ポイント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月第4週:那覇-羽田お泊まり修行復路:超割運賃

午後から仕事ですので朝一番の便で帰京です。
このホテル、宿泊客には無料で朝食(品数は多くないですが、一応バイキング形式)が付いているのですが、以前は7時オープンでしたが、今では6時30分にオープンとなっています。
恐らく朝一番の便に搭乗する客に対応するためと思われます。
毎回パスするのですが、今回は頂きました。

ホテルをチェックアウト後、ゆいレールにて空港に移動。
朝チェックすると空いてそうだったのでSSPにはUGせず、普通席のままチェックインしました。

搭乗時間までSignetで過ごしましたが、今回はいろいろ考えさせられる光景を目撃しました。
那覇空港のSignetはヘルシア緑茶がペットボトルで置いてあるのですが、僕が目にしただけでも3本持っていく人一名。何と5本持っていく人もいました。
しかもこっそりやるでもなく、堂々とやっているのには正直驚きました。
これでは午前中早々に無くなってしまうのも納得です。

さて、機内は実際に空いており、いつもの爆睡モードに突入。
お陰で起きたときはすんごい寝癖でした。
何故か
「いつもご搭乗ありがとうございます」
とわざわざ挨拶がありました。
ANA国内線で上級会員向けの挨拶があるのは非常に珍しいです。

羽田には定刻より10分早く到着。
車でいざしゅっ、出勤です。
  1. 2006/11/12(日) 16:35:22|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月第4週:羽田-那覇お泊まり修行往路:バーゲン運賃

毎月お馴染みの那覇お泊まり修行です。
この日は夕方まで仕事で、仕事終了後に車で羽田空港へ。
往路はJAL、復路はANAという行程ですのでP3に駐車。
それからシャトルバスにて第一ターミナルに移動です。
搭乗時間まで一時間以上ありましたので今回もお世話になりました<新大和
今回もネギロト丼にしましたが、もういい加減飽きてきました。
次回は違う品にしようと思います。

のんびり食べていたらラウンジでゆっくりする時間が無くなり、DP専用保安検査場をただ通過しただけです。

機内は空いていました。
さすがにこの時間は混みませんよね。
非常口座席にしましたが、離陸後深い眠りについてしまいました。
何だか最近機内が睡眠の場と化しています。
JGP向け挨拶無し。
目の前のスッチーはパッとしない感じでしたが、プライドだけは高そうでした。
まあ、プライド高そうでも実際は違うことも多いですけど。

那覇空港には定刻に到着。
そのままゆいレールにて某赤嶺駅に到着。
駅前のホテルにチェックインしました。

もうここは何回も泊まっているのでフロントの方も僕の顔を覚えています。
予約表をチラッと見たら
「リピーター」
と書かれていました。
まあ、リピーターになって悪いことはありませんからね。
今後も利用させて頂きます。
余り儲けにはならないと思いますが・・・・。

何と言ってもじゃらんで予約すると一泊6000円。
毎回利用制限一杯である宿泊料金10%のポイントを使用しますので、ホテルのフロントで支払うのは5400円。
しかもビューホテル独自のポイントカードも提示して54ポイント(540円相当)、じゃらんポイントも5%である270ポイント(270円相当)付きますので、実質5000円以下の宿泊料金です。

チェックイン後、近くのスーパー(ユニオン)でいつもの宮平低温殺菌牛乳とさんぴん茶を購入。
お部屋に戻ってからお風呂に入って爆睡いたしました。
  1. 2006/11/11(土) 10:29:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月第3週:羽田-那覇日帰り修行:超割・バーゲン運賃

何だか久しぶりの修行のような気もしますが、いつもの日帰り那覇修行に行ってきました。
今回はJAL-ANAというパターンです。
この日は半休だったので、仕事終了後のんびり羽田空港へ。

P3に車を駐車後、無料シャトルバスにて第一ターミナルへ。
自動発券機で発券しようとしたらクラスJが空いているとの表示。
今回は疲れていたのでUGしました。

そして新大和に入店。
もちろんお目当てはアメックスのタダ飯。
いつものようにネギトロ丼にしました。
飛行機を頻繁に利用する方はひょっとしてこのタダ飯だけで年会費の元が取れてしまうかも知れません。

食べているとLouis Vuittonのペガスをコロコロと引いて入ってくる男性が。
席に座る前に慣れた口調で
「アメックス」
とだけ店員に言っていたのでかなり常連さんなんでしょう。
それにしてもあんな高いラゲージをよく飛行機に持ってくるものだと関心。
CDGでも何人か見かけましたが、みんな東洋人でした。

余りにのんびりしていたら時間が無くなって、一般保安検査場を通過し、搭乗口前へ。
ラウンジに入る時間はありませんでした。


(羽田-那覇:JAL:クラスJ)
やっぱり午後便は相変わらず空いています。
でもクラスJは満席でした。

僕は離陸直後から睡眠モードへ。
結局目が覚めたのは離陸30分前。
飲み物のサービス無し。
JGP向け挨拶無し。

担当スッチーは以前お目にかかったことがあり、このフライト、担当はKPNですな。
ちなみに担当スッチー、全然可愛くありませんでした。


那覇空港には定刻に到着。
一端外に出て一服してからANAカウンターにて発券。
UGしようとしたら満席とのことで、空席待ちになりました。
順番は種別A4番
非常に微妙な順番です。

することもないのでSignetに入りました。
ヘルシア緑茶、ありませんでした。
PCデスクに座ってコーヒーを飲みながらメールチェックとかしていたら呼び出し時間に。

結果は・・・・・残念。



(那覇-羽田:ANA:普通席)
やっぱり夜の那覇?羽田のUGは簡単にはいきませんね。
泣きながらボーディングブリッジを渡りました。
トホホ。

以前の僕だったら間違いなくドア付近に立っている年配チーフパーサーに向かってこう怒鳴っていたであろう。

「何でUGできねえんだよお! お母さんのバカ!」

ってそんな訳ないが、返す返すも残念無念。

非常口座席でしたが、僕の隣は空席でした。
朝チェックしたときは埋まっていたので、多分SSPにUGでもされたお客さんなんでしょうか?

フライト自体に特記事項無し。
定刻に羽田に到着。

そのまま帰宅しました。
  1. 2006/11/09(木) 08:45:12|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月第1週:CDG-NRT出張復路:Cクラス:特典航空券

自宅療養中です(笑)。

ようやく帰国日ネタ。
飛行機は18時45分発。
成田では彼女がお出迎えの予定。
到着ゲートで勘当・・・いや、感動の再会だ。
そして夕方から仕事が入っています。

通常なら12時にホテルをチェックアウトし、空港に行くまではホテルに荷物を預けてお買い物or観光というコースでしょう。
SPG Goldのレイトチェックアウト(16時まで)の特典が非常に有り難く感じました。

この日の朝食は友人からのお薦めでサン・ジェルマンまで地下鉄で行って、Cuisine de Barというお店で頂きました。
お隣に有名なPoilaneというパン屋さんがあるらしく、そのパンが食べられるとのこと。
実際に行ってみると日本人親子がいました。

僕はパンとコーヒーを注文。
ここのパン、そんなに美味しいか?
何せ酸っぱいのです。
まあ、美味しいと思える人はリピーターになればいいのだろうが、僕は二度と来ないでしょう。

その後、この付近にあるPierre Hermeでマカロンを購入。
お土産用です。
果たして日本と何か違うのかな?

それからリヨン駅まで移動して駅を散策。
リヨン駅

何か鉄道グッズでも買おうと思っていたのですが、駅の売店には売っていませんでした。

仕方なくホテルに戻り、荷造り開始。
やっぱり帰りは重くなります。
Cクラス&JGCでつくづく良かったと思います。

ランチはホテル近くのLe Souffleへ。
西麻布にも全く同名のお店がありますが、ここはきちんとしたランチが頂けます。
鮪のカルパッチョ、スズキのポワレ、チョコレートのスフレを頂きましたが、当然全部食べられませんでした。
ここには何故か日本人を見かけませんでした。

ホテルに戻り最後のシャワーを浴びてチェックアウト。
歩いてオペラ座近くの Roissyバス停へ。
ターミナルに到着したのは16時過ぎでした。
行きも帰りも8.5ユーロです。
タクシーで行くといくらかかるんでしょうかね?

それからチェックインしてからretaxのためのスタンプを押してもらいに行きましたが、ここの係員、非常に感じ悪かったです。
そしてサクララウンジへ・・・・・。
何故かセキュリティー通過前にあって、人が多そうだったので入りませんでした。

セキュリティー、出国審査を通過し、免税店で職場・知人向けに大量のクッキーを購入。

ロビー


さて、機内は満席。
修学旅行と思われる女子高生の大集団のせいでしょう。
ほぼ定刻にCDGを離陸。
離陸後のPAで
「成田空港周辺悪天候のため、他の空港に着陸するかも知れません」
と、まるでその後の事態を予想するかのようなアナウンス。


機内食は往路のリベンジでまたまた洋食・お肉の組み合わせでしたが、相変わらずお肉が美味しくなかったです。
トホホ。
ANAの方が機内食は好印象です。

食後睡眠モードへ。
疲れていたせいか爆睡。
往路と同様、カレーの匂いで目が覚めました。
そしてこれまた往路と同じく、カレーを頂きました(笑)。

さて、着陸一時間前よりベルトサイン点灯。
結構揺れています。
こんなんで着陸できるのかな?というのが当時の印象です。
最終の着陸態勢のアナウンスも入り、降下したと思ったら・・・・ゴーアラウンド。

その後、成田空港周辺の天候回復の見込みがないため羽田空港へ向かうとアナウンス。
Shell flat seatに座りながら、普段見慣れた羽田空港に着陸という何とも不思議な気持ちでした。
そのまま整備場横に駐機。
駐機


ベルトサインが消灯。
僕も含めて、他の乗客もてっきり羽田で降りられると思って、みんな立ち上がり、荷物を下ろしてドアに向かいます。
しばらくして
「羽田空港で降りることは出来ません」
と無情のアナウンスが入りました。
この時点で14時30分。
皆さん、また手荷物を仕舞います。
どうもダイバート機が多すぎて、羽田の国際線ターミナルでは対応できないのが羽田で降りられない理由のようでした。
モニター昼


再びアナウンス。
「17時過ぎには成田空港周辺の天候は回復に向かうと予想されます。羽田空港出発は17時過ぎになると思われます」

機内は諦めモード。
再び寝る人、ゲームする人、映画を見る人、お酒を飲む人、いろいろです。
携帯電話を含む電子機器の使用が許可されました。
電源を入れると彼女からのメールが。
「大変なことになっているねぇ」
だと。
どうやら羽田ダイバートを知っていたみたいです。

携帯で発着状況を見てみましたが、とんでもないことになっていますね・・・・。
僕は夕方から仕事が入っていたのですが、キャンセルの電話をしました。

そして17時過ぎに
「天候回復が遅れており、出発は18時過ぎになると予想されます」
とアナウンス。
この時点で明らかにいらつくお客が目立ち始めました。
足で床を叩いたり、テーブルを手で叩いたり。
Cクラス


18時になると
「間もなく成田空港周辺の天候も徐々に回復に向かうと思われます。当機は給油後に出発する予定です」
とのアナウンスがありましたが、30分後に
「私からも強くカンパニーに申し入れしているのですが、なかなか給油車が回ってきません。大変申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください」
と。

問題なのはこの間、食事の提供が全くなかったこと。
おつまみしか出ませんでした。
僕の左隣の乗客はギャレーまで行って、
「何でこんなに待たせているのに食事が全く出ないのだ?」
と抗議していました。
いやいや、僕もさすがに腹が減った・・・・。
モニター夜


でっ、実際に給油が終了したのは何と19時20分。
19時40分にプッシュバック開始。
外を見ると普段羽田空港ではお目にかかれない飛行機が沢山駐機していました。
AA、AC、SQ等々。

19時55分、羽田を離陸。
20時30分、成田空港に着陸。
20時45分、スポットイン。

出口には係員が待機していて、サンドイッチを配っていました。
複数の乗客が
「こんなに待たせてこれだけかよ」
と文句を言っていました。

まるで雪崩に襲われた雪山から自力で下山した登山家が捜索本部の建物にたどり着いたような気分を味わう事が出来た。
貴重な経験と言えばそれまでだが、もうこりごりだ。

それから入国審査、税関を通過し、ホテルへのシャトルバス乗り場へ。
僕が搭乗していたクルーの一部もバス乗り場にいたが、彼女達はあのシャクティーパッドグルで有名な例のホテルのバスに乗っていきました。
可愛そう・・・・。
日航成田ではないんですね・・・・。

ホテルに移動して、車で帰宅しました。
トホホ。

  1. 2006/11/08(水) 16:05:26|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリでのお買い物

ようやく明日退院決定。
ただし、今週一杯は自宅療養とのこと。
明日の朝食はお粥です。
嬉しいな。

さて、パリでのお買い物です。
正直、フランスのブランド物には余り興味がないのですが、友人のお買い物に散々付き合わされました。

いろいろ行ったのですが、印象に残っているのはLouis Vuittonでしょうか・・・。
何せ東洋人が多いのです。
というか、客の8割は日本人・韓国人・中国人です。
まあ、そもそも東洋人抜きにして今のLouis Vuittonは無いわけで、本家本元のフランス人が持っているのをほとんど見かけない事を考えると異様です。
三店舗あるのですが、全部行きました。

僕は自分で特に欲しい物は無かったのですが、小銭入れだけ一つ購入。
小銭入れ

これって日本でも売っているのかな?
他はお土産用でいくつか購入。


続いてHermes
ホテルの近くにありました。
ここはLouis Vuittonと比較すると東洋人は少ないです。
雰囲気的にちょっと入りにくいかもしれません。

ブランド物好きな女性にはたまらんでしょうね。
でもユーロ高なので、例えretax可能でも割安感は高くないはずです。

  1. 2006/11/06(月) 18:04:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腹減った・・・・

今日も病室から更新です。
症状は更に良くなっています。

お見舞いに来て頂くのはありがたいのですが、正直食べ物は勘弁して欲しいものです(笑)。
禁食中で、許されているのは水のみ。
点滴で栄養分は体内に入っているものの、正直言って耐え難い空腹感があります。
テレビ見ても食べ物のCMや番組は結構辛いです。
トホホ・・・・。

ところでこの病院のレストラン。
最上階にあるのですが、何とパレスホテル直営です。
パレスホテルも意外なところで営業やっているんですね。
一度食べてみたいがいつになるのでしょうか・・・・。

病院から外を撮った写真です。
hospital


早く普通の生活に戻りたい・・・・・。
修行僧的には修行期間と重ならないで良かったです(笑)。
  1. 2006/11/05(日) 17:03:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ観光

病室から更新です。
少し症状は楽になっています。。
手術は回避出来るかななどと期待していますがどうなることやら。

一昨日・昨日は三回点滴しました。
今日も三回点滴する予定です(残りあと一回)
入院は僕の人生で二回目なんですけど、一回目は高校の頃ですね。
外出も出来ないし、日中は何回も寝てしまいます。
そうるすと夜寝られなくなってしまうのです。
しかも21時消灯です。
刑務所か?ここは。
まあ、個室ですから周りを気にする必要はありませんが、大部屋だったら大変だろうな・・・と思います。

とにかく絶食なのが辛いです。


さて、パリネタに戻りますが、滞在日数が少なかったせいか、観光はほとんどしませんでした。
エッフェル塔と凱旋門を見てきたくらいです。
凱旋門



エッフェル塔

パリ市は昔から建物に対する規制が厳しいそうで、いかにもヨーロッパという感じの街並み・建物がほとんどです。
地震がないから昔からの建物がそのまま残っているということなんでしょう。

今度行く機会がありましたらじ~っくり観光したいと思っています。
  1. 2006/11/04(土) 17:32:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個室入院中

腹痛が再発して入院中です(昨日深夜)。
今日CT検査をしらた
憩室炎だそうです。

手術を勧められましたが、怖いのでなんとか薬で治らないかと・・・。
取りあえず二日間は抗生物質で治療です。
点滴痛いよお・・・・。
トホホ。
  1. 2006/11/02(木) 15:59:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のバーゲン一般発売は参戦せず

今日は1月分のバーゲン一般発売日です。
僕は先行予約はしたもの決済はしませんでした。

来年3月一杯まで先得キャンペーンで、先得運賃で搭乗した場合は500マイル加算されますが、バーゲンだと加算されません。
昨日ANAの1月分の旅割運賃が発表されましたが、近日中にJALも発表するはずです。
価格も同じ時間帯ならほぼ同じと思って差し支えないと思います。

ちなみに、この時期の那覇線はバーゲンと先得が同価格である便も多いです。
幸い、僕の修行パターンですとバーゲン=先得である場合が多く、従って先得で予約した方が500マイル余分にもらえることになります。

先得は前便に空席があっても変更不可というデメリットは存在するものの、確実に変更がない方は、お値段をよ~く確認してから予約・決済を。
あわてて決済しますと500マイル加算を損ねますぞ。


  1. 2006/11/01(水) 15:03:34|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神宮外苑銀杏並木

まだだいぶ先だと思いますが、都内も紅葉シーズンとなってきます。
自宅から歩いてすぐ(でもないのですが)の所に神宮外苑があります。
ここの銀杏並木、早朝や昼間などよくドラマのロケや雑誌と思われる撮影がよく行われています。
まさに都会のオアシスという感じなんですが、もうちょっとでこんな感じになります。
外苑並木



そして歩道が落ち葉で埋め尽くされて、落ちた銀杏の香ばしい匂いもこの景色で許されてしまいます。
20061031213908.jpg


この時期には早朝になると写真を撮る方もちらほらと。
20061031213953.jpg


冬は運が良いとこんな景色にも出会えたりします。
並木通りです


特に地方から都内にいらした方。
是非行ってみてください。
運が良ければドラマのロケに遭遇するかも・・・・。

ちなみに神宮外苑の中にある建物を国会議事堂と勘違いされる方もたまにいらっしゃいますが、これは絵画館です。










  1. 2006/11/01(水) 09:13:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。