日航太郎の飛行機搭乗日記

日航太郎と申します 今日もしゅっ、しゅぎょうしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

泣きながら善福寺川を渡れ・7

それから一ヶ月後、太郎君と陽子ちゃんは銀座で再会した。

とあるイタリアンレストラン。

こんな楽しい食事も久しぶりである。

youko3


ラストオーダーの時間をとっくに過ぎているのに、話題は尽きない。

そう言えばキミから借りていたレコード、返してなかったね。

稲垣潤一「1ダースの言い訳」。

いつもより長い喧嘩をした夜、キミは口づけもしないで帰った・・・・

出だしはこんな感じの歌だった。

確かそんなシチュエーションのこともあったような気がする。



夏休み、どこかに行こうって約束したの覚えてる?

youko2


話し合って、ディズニーランドにしようって。

ごめん、覚えてない。

そういうのって女の子の方がよく覚えてるものなんだけどなぁ。

本当にごめんね。

いつか、約束果たしてね。

うん。



太郎君は結婚しないの?

多分来年結婚すると思うけど。今新居探しているよ。

そう・・・。



有楽町駅の改札まで送っていった。


またね。

うん、楽しかった。


彼女がにっこり微笑んだ。

太郎君は彼女の姿が見えなくなるまで、後ろ姿を見つめていた。

見えなくなる直前、彼女が振り返ってこちらに手を振った。

ああ、思い出したよ。

デートが終わってバスで帰るとき、バスの後ろの窓で僕に手を振る23年前のキミ。




スポンサーサイト
  1. 2009/09/18(金) 10:41:52|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣きながら善福寺川を渡れ・6



太郎君が手紙の一部、スキャナーしてあったとは… 私は結婚する時に3つの思い出段ボール箱をすごい勢いで1つにしてしまって。
頭のいい太郎くんが勉強出来なくなったらどうしようとか あの時の事で人間性変えるような事になっていたらどうしよう…という不安がずっとありました。
当時の事で太郎くんが謝らなければならない事なんて何一つ、絶対ありません。 本当に幼稚なバカな私の、人を傷つける行動だったのです。嫌いになってさようならしたわけじゃない、好奇心旺盛でフラフラしていたのです私。告白されてそっちへ行ってしまったのですよ。(すぐ終わりましたが。)
私は、自分勝手にあんなひどい事し、忘れられる訳がありません。 ずっと気掛かりでした。いつか会えるかと犬の散歩には公園方面ばかり行っていました。そのうち、もう会える事はないものだと思っていました。


23年前、付き合っていた男を振った陽子ちゃん。


太郎君にとって救いだったのは

嫌いになってさようならしたわけじゃない

だった。


いつか会えるかと犬の散歩には公園方面ばかり行っていました。

何だか感情移入して目頭が熱くなる太郎君。


高校一年の文化祭。

あれが二人の関係を修復する最後のチャンスだった、とずっと思っていた。


しかし22年後にもう一度チャンスが巡ってきた。



23年前、諦めた夏を奪い返すつもりの太郎君である。

でもよく考えると夏はもうそろそろ終わりなのであった。


ビルとビルの間から吹いてくる風が涼しくて空を見上げる太郎君。

入道雲はもうない。

秋が近いみたいだ。





(そして現在進行中。つづく・・・・と思う)



  1. 2009/08/28(金) 11:33:51|
  2. 泣きながら善福寺川を渡れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

日航太郎

Author:日航太郎
日航太郎と申します。
今日もしゅ、しゅぎょうしています。
以前の日記は http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp へ
メールはjal_jgp@yahoo.co.jpへどうぞ

アクセス解析






最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。